EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

「これ、お前でしょ?」ストーカー気質の元彼に執着された風俗嬢の恐怖

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
「これ、お前でしょ?」ストーカー気質の元彼に執着された風俗嬢の恐怖

【出典:モテージョ

ライター夕花みう

 これはわたしの友人Eの出来事である。彼女は、わりと清楚で落ち着いた雰囲気のホテヘル嬢だ。
 ホテヘルのHPの在籍嬢は、大抵顔にモザイクを掛けた形で掲載されることになっている。デリヘルの場合はせいぜい口を隠す程度でなければ、なかなかウェブ指名には繋がらない。顔出し嬢が多いためだ。
 その点、ホテヘルは身バレを考慮しつつ、清潔なホテルのみで働くことができる。

 当時、Eには付き合ってそこそこの年数が経とうとしている彼氏がいた。そして、ホテヘル一本で働いていたEは、彼氏にバレないよう細心の注意を払っていたのだ。例えば、少々稼ぎが少なくなっても早番にする。いつも夜には会ったり、常に連絡を返せる状態を作っておくなど…。
 ホテヘルとはいえ、小さなお店なので暇な時間も多かった。酷い日は、連日お茶を引いてしまう(その日にお客様が一人も付かない)事もある。スタッフが申し訳なさそうに交通費だけをくれるのを、ダルい気持ちで受け取る毎日が続いた。

 Eは、彼氏にバレるはずはないと思って働いていた。だが、それは最悪な形で裏切られる事となる…。

ねぇお前さ、●●って店で働いてるでしょ?


 とある日、シャワーから出ると、何だか彼の態度がおかしい事に気付いた。明らかにソワソワしているのだ。

「ねぇお前さ」
「ん?」
「●●って店で働いてるでしょ?俺の友達がホームページ見つけたって」

 頭が真っ白になった。

(なんでバレた?)

 …今さっき、きっと携帯のパスコードを破ったのだろう。そうとしか考えられない。前々から携帯を少し気にしている素振りはあった。それにしても…まさかバレるとは思っていなかったのだ。
 バレるとしたら、パスコードを解いて店の出勤連絡を見たとしか考えられない。ホームページでは顔出ししていない。バレるはずがないのだ。

「嘘つくなよ!」
「えっ…嘘って言ったって…」

 彼の脅えたような、怒ったような表情が焼き付いて離れない。Eは何も言えず、ただ店を辞めることだけを約束したのだった。
 とはいえ、風俗から昼間の仕事へ移るのはなかなかに大変だ。Eも口約束だけはしたものの、貰ってきた求人雑誌をめくることもなく、結局淡々と仕事をこなす日々が続いていた。

 彼のことは好きでも嫌いでもなかった。罪悪感があるほどに好きというわけではない。ほとぼりさえ冷めればそれでいいと思っていたのだ。
 彼の方はしつこく仕事の話題を口にして、正直疲れることもあった。しかし、黙って仕事をしていたのは自分である。特に何かを言い返したりはせず、その話題になると謝ってばかりだった。

 今思えば、面倒くさかったのかもしれないとEは言う。確かに、仕事のことは口うるさく言われる。だからといって、しばらく離れて一人になったり、新しい人と新しい関係を一から築いていくのは面倒に思えてしまったのだ。
 次がないというわけでもないのに、ただただ前に進むだけのエネルギーが湧かず、惰性に流されていた。

 仕事だってそう。Eは当時25歳。風俗で言えば、わりと年上の部類に入りつつある事も知っていた。
 だが、お茶を引いても、そのまま働き続けていたのは自分である。とにかく、新しい何かをする気にはなれなかったのだ。

別れたし、もう大丈夫だろう。今は仕事に集中しよう


 とある日、事件は起こる。

「次は、××ホテルの△△号室ね」
「分かりました」

 携帯に仕事の連絡が来た。
 辺り一帯はちょっとしたホテル街である。古びたホテルが所狭しと並んでいるのだが、カップルと思しき組み合わせは少ない。いたとしても、中年カップルがこっそりと人目を忍んで来る程度である。だからこそ働きやすい。

 …と、見慣れた姿を見かけた。
 目を疑う。

(どうして、彼がここに?)

「えっ…どうしたの?」

 彼氏だった。彼氏が、目の前に立っていたのだ。張り込んでいたのだろうか。偶然通り掛かったにしては、あまりにもタイミングが良すぎた。

「お前、辞めるって言ったじゃん。なんで働いてんの?通り掛かっただけってわけじゃないよな?」
「…だって…」

 その時だった。いきなり彼氏がガクッと膝を突いたのだ。

「お願いだよぉ…。仕事、辞めてくれよぉ…」

 聞いたこともないような情けない声を絞り出す。目には涙が浮かんでいた。…泣いている。彼はわぁわぁと声を上げて泣き出した。
 どうすることもできず、とにかくその場は宥(なだ)め、決まってしまった仕事へ向かう。その後の仕事には、当然ながら集中できなかった。

 店に相談すると、軽いストーカーだと指摘される。確かにそれは分かっていた。もちろん、仕事のことで悲しませたのは申し訳ないと思う。でも、今回のように張り込まれるのは怖すぎる。
 Eはかなり離れた場所で働いていたのだから、わざわざ目星を付けて、出勤時間をチェックして張り込んでいた事になる…。

 彼への対策として、次は名前を変えてみた。宣材写真も撮り直し。顔はほとんど隠すので問題ない…はずだった。
 この頃の2人は、別れる別れないの話を頻繁に繰り返していたという。そして、風俗とは全く関係のない理由で別れる事となる。

(別れたし、もう大丈夫だろう。今は仕事に集中しよう)

 Eは出勤を増やし、HPの日記の更新も頻繁に行うようになった。

気持ち悪い…自分の生き方に口を出されるのはまっぴらだ


 と、またある日の事…。

 いつものように仕事が入り、Eは指定されたホテルへと向かった。
 ドアを叩く。が、反応はない。稀にシャワーを浴びていたり、TVを大音量で流していて気付かない客もいる。Eは5分ほどドアを叩き続けたが、相変わらず返事はなかった。
 仕方なく、ドアを捻ってみる。…鍵は開いていた。

 中に入って行くが、部屋の中に人はいない…いや、いた。
 奥の方に、何とも言えない表情をして立っているのは、別れたはずの彼だ。

「えっ…な、なんで来たの?」
「お前が働いてるかどうか確かめに来た」
「もう別れたんだよ?関係なくないかな?」
「働いてほしくないんだよ。分かるだろ、この気持ち」

 彼は切々とその気持ちを訴え続ける。部屋に入った時、バツが悪そうにしていたのが嘘のように。堰を切ったかの如く、言葉が溢れ出す。

「元カノが働いてるなんて嫌なんだよ。俺は、無理なんだよ。だから辞めてくれよ。約束したじゃないか。あの約束はなんだったんだよ」

(気持ち悪い…)

 彼を傷付けてしまった事は仕方ない。しかし、「風俗」という職業を選んだだけのこと。別れた後まで、自分の生き方に口を出されるのはまっぴらだ。
 彼の中で一種のトラウマになってしまったのは申し訳ないと思う。だが、名前を変えてまだ一週間も経っていない。だから、ほぼ毎日HPをチェックしていた事になる。そして大体の目星を付けて、会いに来て確かめようとしたのだろう。
 そこまでして風俗を辞めさせようとする理由が、Eには理解できなかった…。

 Eは部屋を出た。まだうわ言のように何かを言い続けている彼を後にして…。
 プレイをしに来たわけではない。ただ、元カノを辞めさせに来たのだ。それが、怖かった。

 ほどなくして、Eはそれから店を変えた。
 新しい店は、また随分と自宅から、前の店からも離れた場所である。そこでは顔出しもHPへの掲載もしなかったため、元彼に特定される事はなかった。一安心だ。
 だが、Eはそれ以来怖くなってしまったという。彼女は、もうずっと彼氏を作っていない…。

最後に

「仕事と恋愛の両立は難しい」とはよく言われる。「風俗」という特殊な仕事の場合は、もっと難しくなるのだろう。この話を聞いた後、何だか複雑な気持ちになったのだった。

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.5 rating

この記事の著者

現役女子大生ライター風俗・お水業界三冠王夕花みう

現役女子大生ライター。キャバクラ、デリヘル、性感マッサージでナンバーワンを取った三冠王。性愛道の修行僧、もしくはエロテロリスト。


コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top