EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

“グロ写メ”が最大の武器!?変態客を集めながら彷徨う「ぶっ込み風俗嬢」

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
“グロ写メ”が最大の武器!?変態客を集めながら彷徨う「ぶっ込み風俗嬢」

ライター夕花みう

 Cちゃんはビジュアルは可愛いのだが、とにかく風変わりな嬢だった。
 何度か待機でも顔を合わせたことがあり、今時のギャル風な顔立ち。整形っぽいものの、しっかりと伸びたマツエク(まつげエクステ)にぷっくりした涙袋が印象的なキャストだった。

 にも関わらず、Cちゃんの日記は何かがおかしかった。最初は、そこから違和感が生まれたのである。

エロさは感じられない、グロテスクな“ぶっ込み日記”


 明らかに乳輪が出ている写メを掲載しては風俗ポータルサイトに消され、店長に怒られる事を繰り返していたCちゃん。
 確かに、過激な写メはアクセス数を呼び込むものだ。が、同じキャストのわたしからすれば、出来るだけ「エロさ」を売りにしたくはない。そういう過激な写メに寄って来るお客様は、きっと質も悪いだろう…と身構えてしまうからである。
 とはいえ、Cちゃんはいつもその方法で新規を呼び込んでいた。

『ぶっ込みしまーす』

 彼女はまずシンプルにそう書く。『○時にアップするから見てね』との予告付きで。その時間にCちゃんの日記にアクセスすると、削除される前の過激な写メを見られるという仕組みだ。
 顔付きのエロ写メはもちろん、時には女性器の拡大写メを掲載したり、どう撮ったのか、お尻の穴をアップにして体のラインが露わになっていたり…また、電マをぶっ込んだ写真もあった。

 もはやエロさと言うよりは、「グロさ」を感じずにはいられない写真。
 どうしてこの子はそこまでするのだろう…。可愛い自撮り写メの媚びたような表情を見る限りでは、そんなにスレているとも思えなかった。
 わたしは常々、その事をずっと不思議に思っていた。

うーん…正直サービスはかなり悪いよ。ヤバイと思う


 とある日、常連のお客様と写メ日記の話になった。普通、お客様は常連である事を隠すケースが多いのだが、ごく稀に自分から色々なキャストの話題を振ってくる。

「写メ凄い子いるでしょ? そう、Cちゃん。あの子も入ってみたんだよねぇ」

 思い出したようにお客様が言う。わたしは思わず食い付いてしまった。

「え!そうなの!?どんな感じ?」
「うーん…正直サービスはかなり悪いよ。地雷まではいかないかもしれないけど、マグロ。ヤバイと思う」
「ふーん…。でも、写メ日記だと凄いよね?」

 明らかにフェラと思われる構図の写メに、手書きで落書きをしている事もあった。

『SEX大好き』

 そんな内容である。Cちゃんはどうしてそこまでするのだろう。

「本人、指名とか嫌みたいなんだよね。疲れるらしくて。だからなのかな?なんとかして新規に付きたいらしい。それで、あのスタイルになったみたいだよ」
「そうなんだ…」

 店としては指名が取れなくとも、とりあえずは新規客を呼んでくれるキャストだ。風俗ポータルサイトにはあまり受けが良くないだろうが、キャスト一人の素行の問題で契約が打ち切られる事はない。
 とはいえ、サービスが悪い上に本指名が返せないなら、そのスタイルは長くは続かないだろう…。そう思っていた時だった。

過激な写メで新規を囲い、稼げなくなったら即移転


 その後の事である。いきなりCちゃんが辞めたのだ。

(どうしたんだろう…ほぼ毎日出勤してたのに)

 わたしは気になっていた。
 だが、この業界はかなり人の出入りが激しい世界である。店長に聞くほどの興味もなく、なんとなく掲示板を覗いた時、その事実は発覚した。

 Cちゃんは、他のデリヘルと掛け持ちをしていたらしいのだ。しかも後半の3ヶ月間ずっと。
 朝の10時から夕方まではあちらのデリヘル。19時頃から朝5時頃まではこちらのデリヘル。驚異的なスケジュールである。
 こちらのお店のシフトは週4だったが、あちらでも週4ほど入っていた。時には週5だった事もある。到底こなせないハードスケジュールだ。

 わたしは、3人接客すればもうクタクタになってしまう。それにも関わらず、ほぼ寝ずに風俗のお仕事ばかりなんて信じられない…。

 Cちゃんの新しいお店の写メ日記を覗いてみた。
 やっぱり、彼女は変わらない。写メすらそのままの使い回しだ。同じように“ぶっ込み”をして新規を集め続けるだけのスタイル。そして、稼げなくなったら次のお店に移るのだ。
 Cちゃんは、いつまでそれを繰り返すのだろうか…。

最後に

 Cちゃんのあの“ぶっ込み日記”を思い出す。確かに、彼女はお金が欲しかったのかもしれない。
 だが、何かもっと大きなモノを、ボロボロになりながら追い掛けていたようにも見えたのである。

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.0 rating

この記事の著者

現役女子大生ライター風俗・お水業界三冠王夕花みう

現役女子大生ライター。キャバクラ、デリヘル、性感マッサージでナンバーワンを取った三冠王。性愛道の修行僧、もしくはエロテロリスト。


コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top