EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

真性ドM男が『JKリフレ』に行った結果wwwww

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
真性ドM男が『JKリフレ』に行った結果wwwww

読者投稿50代前半の男性

 そのJKリフレは、シングルベッド1台分の空間がカーテンで仕切られていた。

 結構な音量で音楽が流れているが、仕切っているのは薄い布、当然のように大きな声は隣に聞こえる。

 一番待ち時間が少ないというN美を指名。

 これがストライク!

 スラリとした美系で、モデルのようにまっすぐ伸びた脚。

 一目見た瞬間から、テンションは100%。

 N美は自称16歳。

 本物のJKかどうかは、あえて聞かない。

 ベッドに横になると、「じゃあ私も」と添い寝してきた。

「N美ちゃんは、煙草すうの?」

「どっちと思う?」

「う~ん、吸う」

「あたり、セッタンのメンソ」

「じゃあ、ますます、おっちゃんのタイプだ」

 私が喫煙JKに踏まれたり蹴られたりするのが大好きだと話すと、目を丸くして「おっちゃん、オモロイ」と聞いてくれる(ちなみにワイセツな会話は禁止されている)。

「踏んであげよか?」

 思わぬ展開に狂喜、もちろんお願いする。

 私は上半身だけ裸になって横たわった。

N美の踏み
 横に立ったN美は、変態中年の腹や胸、そして顔までグリグリと踏んでゆく。

「おっちゃん、オモロイな。こんなん好きなん?ドMやなぁ」

 N美は楽しそうに踏み続ける。

 16歳とは思えない妖艶な笑みを浮かべるJKに見下ろされる快楽。

 超ミニ丈のチェックのスカートから伸びるスラリとした太もも。

 紺色のハイソックス、そして黒いローファー。

 こんな少女に踏まれるなんて、マゾ冥利に尽きる。

 煙草を1本取り出し咥えてもらう。

 店内は禁煙なので火は点けられない。

 それでも、気分はさらに昂揚する。

「痛くないの?」

 私の顔を踏みつけながら、N美が笑う。

「痛くないよ、気持ちいい」

 そう答えると、顔を踏む脚にさらに力が加わる。

 ローファーの踵の角が鎖骨に当たる。

「少し、痛い」

「せやろ。痛いのが好きなんやろ?」

 美少女の脚の餌食になりながら、私の両手は自分の乳首を弄る。

 ズボンの中で性器が固くなり、ピクピクと脈動している。

 完全にMのスイッチが入ってしまった。

 もはや会話をする気にもならず、踏まれる快楽に身を任す。

 N美は、私を見下ろしたまま踏み続ける。

 正直言うと、軽く一度達した。

 ドライではあったが、下着のその部分は濡れていた。

「私も楽しかったわ」

 店先まで送りに出たN美。

「ありがとうございました」

 私は深々と頭を下げる。

「もっとちゃんとお礼がしたい」

 私は人目もはばからず路上に手と膝をつき、四つん這いになってN美のローファーに口をつけた。

N美様、本当にありがとうございました」

 立ち上がると、若い男の二人連れが通りかかった。

 目を合わせないように立ち去る。

 二人連れは、店先でN美と話をしている。

 私は10メートルほど離れた看板の陰で、その様子を窺いながら、さっきまでN美が咥えていた煙草に火を点けた。

 路地に沿って小さな空き地があり、ベンチと灰皿があった。

 そこで煙草を吸っていると、N美が通りかかった。

 近くに店の女の子の待機部屋があり、そこへ戻る途中だという。

「おっちゃん、何してんの?」

「煙草吸ってます」

「ウチの咥えてたやつ?」

「もちろんです」

「うまいやろ?」

「はい、とても」

 N美が隣りに座った。

「メンソールじゃありませんが」

 マルボロを差し出すと、N美は素直に咥えてくれた。

「こういう風にするのが、好きなんです」

 地面に両膝をつき、ホストのようにライターをかざす。

 16歳の小娘に跪いて煙草の火を点ける。

 Mの悦びにズボンの中が膨らむ。

 火を点け終わっても、跪いたまま。

 N美はそれを気にも留めず、煙を吐いている。

「やっぱ、おっちゃんオモロイな。受けるで」

「気持ち良かったんで、延長しても良かったんですが、あれ以上N美様に踏まれてると、ヤバかったので」

「知ってるよ。それより、ウチが咥えた煙草、もう消したん?」

「だって、N美様の前で吸ったら失礼ですから」

「やっぱ、オモロイわ」

 N美が楽しそうに笑う。

「おっちゃん、乳首感じるんか?」

「えっ?何故?」

「ウチが踏んでる時、ずっと触っとったやん」

「ばれてましたか」

「そりゃ、わかるよ」

 ベンチで長い脚を組んで煙草をふかす少女。

 その前で膝をつく変態中年。

 夢のような時間が過ぎる。

「サービスで、もう1本咥えたろか?」

「えっ、だったらお願いがあります」

 私は箱から1本取り出し、N美の足元に置く。

「あなたのローファーで踏んでください。フィルターの所を踏んでください

「こんなんで、美味しくなるん?」

 吸い口のあたりが踏まれて潰れたマルボロを口に咥える。

 小娘に見下されるあほヅラの変態。

「ホンマ、変態やな」

 笑顔を残してN美が立ち去る。

 目の前では、N美が投げ捨てた煙草が煙を上げている。

 御馳走ではあるが…見られてなければ意味がない。



うわぁ・・・
ヤる夫(白目)
【悪用厳禁】「誰か泊めてください…」家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態
家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態(バナー)

3.5 rating

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ヤニカスきも

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top