EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

風俗嬢( 3 )

『風俗嬢』関連の記事


【EGweb】有料サービス
喧嘩中のカップル
13241

「これ、お前でしょ?」ストーカー気質の元彼に執着された風俗嬢の恐怖

【出典:モテージョ】 ライター夕花みう  これはわたしの友人Eの出来事である。彼女は、わりと清楚で落ち着いた雰囲気のホテヘル嬢だ。  ホテヘルのHPの在籍嬢は、大抵顔にモザイクを掛けた形で掲載されることになっている。デリヘルの場合はせいぜい口を隠す程度でなければ、なかなかウェブ指名には繋がらない。顔出し嬢が多いためだ。...
青山りか
8154

ロリコンのあなたへ捧ぐ、彼女・風俗嬢をロリ化する3つのテクニック

※画像は元U-15タレントの「青山りか」。 ライター夕花みう 重大任務:彼女・風俗嬢をロリ化せよ。  二次元で楽しむなら、やっぱり純真無垢で可愛らしい少女がいい…。右も左も分からないような、そんなウブな女の子がたまらない…。気が強くてエラそうな現実の女性より、よほどいたいけに思える…。  そんなアナタへ朗報です。意中の...
キザな男
11521

とある性感エステ店のお客様、ちょっとイタいエピソード3選

ライター夕花みう  わたしは某性感エステ店に勤務しているのだが、指名してくれるお客様は非常に若い男性が多い。お店の多くのキャストがおじ様を中心に指名を返しているので、「これはかなり珍しい」とスタッフにも言われるぐらいである。  その理由は不明なのだが、そもそも写真などで私を選ぶのは、若い年齢の男性が多いようなのだ。  ...
ミッキー&ミニー
8034

デリヘル版夢の国!?ミッキーになりきる奇妙な客に遭遇した話「ディズニープレイ」

ライター夕花みう  これはとあるデリヘルで働く、わたしの友人Xの話である。  彼女は入店して4ヶ月ほど。ぼちぼち本指名のお客様も付いてきて、新人を卒業し始めた時期の風俗嬢だった。この業界は往々にして嬢の寿命がとても短い傾向にあり、3ヶ月もてば長いほうだと言える。  そんな彼女の常連客の1人が、意味の分からない性癖を持っ...
女性(夕日)
57522

「こんな美少女が俺なんかに…」とある性感エステ店の“基盤キャスト”、驚きの正体

ライター夕花みう  これは数年前、わたしのお客様がとある性感エステ店で実際に遭遇したキャストの話である。珍しいパターンなので、もしかしたら特定されるリスクがあるかもしれないが、了解は取ったため、ある程度ボカしながら書くことをお許し頂きたい。 これは、当たり嬢だぞ… 『コンコン』 「はじめましてっ」  ドアを開いてやって...
爆乳若妻デリヘル嬢が客にセックスレスを打明けクンニに悶え挿入を許す
10445

売れっ子デリヘル嬢と“パパもどき”の売春現場を見学してきた

※画像はイメージです。 ライター夕花みう  とある売れっ子デリヘル嬢のMから久しぶりに連絡が入った時、わたしはなんだか変な予感がしていた。  彼女はとにかく相手を翻弄するタイプの嬢で、キャバ嬢から転身した事を打ち明けてくれた数少ない付き合いの女性だった。お客様はわりとMの言いなりになってしまう男性が多い。なぜか相手の主...
風俗嬢の自撮り写真
35830

「また会いたい♡」風俗嬢から好かれる良客になれる3つのテクニック

※画像はイメージです。 ライター夕花みう  断言しよう。風俗嬢から好かれるためにはカッコよくなくても、デブでも、金持ちでなくとも良い。反対に言えば、いくら芸能人のようなお金持ちの細マッチョな客が来たとしても、NGな客はNGなのだ。  デリヘル嬢、エステ嬢として風俗界を渡り歩いて来たが、嬢に好かれる良客になるためのコツは...
中国の乞食女
36138

「お金ちょーだい」友人は見た…評判最悪、“乞食デリヘル嬢”の末路

ライター夕花みう  そのキャスト(以下、K)はわたしの友人と同じデリヘル店で働いていた。いかにもその日暮らしの、だらしない容姿がまず目につく。ガサガサの汚い二枚爪に、マスカラを重ねすぎて埃のようになった付けまつ毛。靴底はすり減って、歩くたびにカンカンと奇妙な音を響かせていた。  友人は、Kと同じ場所で待機したり、同じ車...
喧嘩中のカップル
30739

「彼女が風俗嬢でした…」彼氏にバレても風俗をやめられない理由

ライター夕花みう  突然ですが質問です。愛する彼女が実は風俗嬢でした…。あなたは受け入れますか?それとも別れを選びますか?  難しい問題だと思う。さらに難しいのは、客として知り合い付き合うことになったのならまだしも、どこか違うきっかけで出会い、付き合うことになった相手がたまたま風俗嬢だった場合だ。わたしは女性なので、男...
海辺のカップル
10589

デリヘル嬢時代の憂鬱「カップルごっこの果てに」

ライター夕花みう 「俺といて後悔させない。だから、付き合えないか。どうしてもダメか」  わたしは口説かれていた。とある冴えない、歳は40代後半だろうか。失礼だが、最初は冗談かと思った。自己管理ができないというレベルを通り越したビール腹に、無精ひげの伸びきった顔。  だが、思ったよりも彼は本気だった。マメにメールをくれた...

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
Return Top