EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

コミュ障だけどハプニングバー行ってきたwwwww

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
コミュ障だけどハプニングバー行ってきたwwwww

読者投稿20代前半の男性

 出かけて帰ってきて今に至るんですけど、遂にハプニングバーに行ってきましたwww

 場所は新宿の…「9259」ってところなんです。

 ああコレ暗号とかじゃなくて、ホントにそういう名前のお店なんですね。

 最寄り駅は東新宿なんですが、この駅がまた遠いのなんのって…。

 僕が小田急からってのもあるけども、副都心線ってのを使用して、電車降りてから地上に出るまでに5分以上かかるって言う複雑構造なんです。

 えーと本題に入る前に、あなたはハプニングバーって知ってますか?

 最初に概要を…男性からは法外な料金を取って、女性はタダ同然の入場料を支払い、お酒が飲み放題でエッチなことが起きるかもってバーです。

 男女のペアカップルってので入ると、いくらか割引されるんですよ。

 もちろん女性には何のメリットもないですけど、そうじゃないと僕入れないんで…。

 今回の体験談は、あくまで僕の視点で書いていくので参考にはなりませんよww

 一緒に行った人をPさん(女性)としましょう。

 今回の目的は、「僕 ⇒ エッチ」、「P ⇒ 僕を含めてのレズ仲間探し」です。

 ワクワクメールで探したんだけど中々いなかったんですよ、レズっ気のある女の子って(しかも3P可能な娘)。

 9259はココ壱の2階のフロアにありまして、入り口で入場料を支払いさっそく突入。

 2人とも初回なので、簡単な説明を受けます。

 バーカウンターとプレイルームの説明を受けて、(このときすでにもう一組ヤッてましたw窓からのぞけますマジでww)ファーストドリンクを頼んでシートへ。

 シートじゃなくても良かったんですが、たまたま空いていたので通されたっぽいです。

 お向かいには親世代の夫婦(即席カップルかもしれん)がいて軽く会釈。

 雰囲気をつかもうとザッと周りを見渡す…。

 期待してたものとは大幅に違い、年齢層がかなり高い。

 若い女の子がいても「ちょっとコレはたたねーわ」って人が多く、何より古株臭が半端なくて新参者には居心地が悪かったです。

 僕もPさんも2人してコミュ障なんで、最初の何杯かは様子見で消化することになり、ふと目をずらすと女1人に男が何人も寄ってたかってました。

 かなりwktkの構図です。

 明らかにコミュ力の高い男が、大したことない女にチュッチュしてましたwww

 人が酒飲んでる横で平気で始まりました、ハプニングですww

 挿入までしてました。

 盛ってません、ガチでしてたんです。

 しかし僕はコミュ障ぼっちなので、その中に入ることもできずに遠くから見守るしかありませんでした。

 気前のいいハゲが「カモン!」と言ってくれましたが、「あ、あうああう…」とフラグを折りますたwww

 他にはサクラっぽいブリっ子常連とか、ポールでひたすらグルングルン回ってるポール族とか、柄の悪いDQNみたいなのとか、電車でよくいるサラリーマンとかがいました。

 みなさんとても楽しそうです…。

 Pさんと2人で話してばかりだったんですが、なんとセフレがいることが発覚。

 ハプニングから現実に…最近一番ショックな出来事でした。

 そっからは店員さんが気を利かせて絡んできてくれ、レズの話をしたら3人ほど女の子を連れて来てくれるなどのサポートをして頂きました。

 全員常連っぽいから、なんだかなーという感じだったんだけど。

「Pさんとガールズトーク始まる ⇒ 俺フェードアウト ⇒ ぼっち ⇒ どこにも入れない ⇒ ぼっち」を何分か過ごしました。

「あれ、僕何やってんだろうな…」となった瞬間があったようななかったような。

 ちなみにPさんは綺麗なんで、ほっといたら男がたくさん寄ってきちゃいます。

 男共からしたら、僕の存在ってけっこう邪魔だったろうにw

 それでもPさんのこと好きだから、仲良いところ見ちゃうと嫉妬しますwww

 ちなみに常連さんに聞いたんだけど、知らない人でも軽いお触りは全然OKらしいです。

 どこまでを軽いって言うのかは知らないけども、すれ違い際にお尻触ったりおっぱい触ったりとかはできるそうです。

 ガールズトークに華咲いているころ、僕はドリンクを取りにカウンターへ。

 おっさんが女の子?にフェラされながら酒飲んでました。

 なんと言うことでしょう!これが力なのです!

 チラチラそれを見ることしかできない僕は、ちょっとドキドキしながらジントニックを一口。

 シートへ戻ったときには、また違う人たちがエッチしてました。

 プレイルームにも何組かエッチしに行っていたのを、僕は見逃しませんでした。

 終わった女子会の間に入って僕もちょっと初会話をして、軽くおっぱいを触らせてもらいました。

 そうこうしているうちに、閉店の時間です。

 まーなんだ、あれだ。

 ハードル高いよね、ぼっち男には。

 ちょっとまだ早すぎたってか適応できなかった。

 結局オナ禁までして行ったのに、パンツを脱ぐ機会も与えられませんでした。

「掴めませんでした」と言ったほうが正しいですね。

 妄想では痴女が絡んでくる予定だったんだけど、驚くほどなんもなかったです。

 やっぱり、「女っていいなー」と痛感しました。

 タダで酒を飲め、やりたいときに好きなだけヤレ、1人のときには相手から寄ってくる…。

 男とのこの差!

 友人は、「ハプバーで一夜で8人とエッチした」って言ってました。

 もちろん、エッチできない人なんかたくさんいたと思います。

「雰囲気を味わいに来たんだ」とやせ我慢できるかもしれないけど、あえて僕は言います。










 エッチしたかったwwwww

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top