EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

性感エステ嬢の憂鬱「体を許してしまった常連客」

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
性感エステ嬢の憂鬱「体を許してしまった常連客」

※画像はイメージです。

ライター夕花みう

『二度あることは三度ある』

 そんな諺が古くからある。だが、常識が通用しない世間の片隅の風俗界では、「二度あることは三度あると思うことなかれ」と、現役嬢の立場からぜひとも主張させて頂きたい。

極めて大人しい、紳士な常連客


 延べ10年ほど、かなりのペースで性感エステ店に通っているというその男性。受付でそのように聞き、『どんな風俗好きで変態なお客様が来るのか』と内心ヒヤヒヤしながらドアを開けた。

(…えっ?あれっ?)

 そこには、拍子抜けするぐらい爽やかで素敵な男性が立っていたのだ。清潔感もあり、精悍(せいかん)な感じで、イケメンカテゴリーに入る男性だった。
 受付で聞いた話とはまるで正反対の印象である。少し戸惑いつつも、自己紹介を始める。

「初めまして、みうです!よろしくお願いします」
「よろしく。じゃ、早速だけどシャワー浴びてくるね」

 無駄はないが、冷たい感じもしない。第一印象は良かった。シャワーを浴びてからも、風俗慣れしているような印象は全く受けない。少し人見知りだと言う彼ではあったが、割と話が盛り上がり、彼自身も満足しているようだった。
 あえて特筆すべきは、非常にイキにくかった事だろうか。性感エステのサービスに慣れ切ってしまっているのかもしれない。

「女の子とか得意じゃないから、いきなり来て『エッチなことして下さい』って言われても出来ないんだ」

 その言葉に納得してしまうほどに、彼は極めて大人しいお客様だった。

えっ、本当にいいの?ありがとう!


 彼はいつも笑顔でわたしを出迎えてくれた。時にはお菓子なども用意して、嬉しそうにわたしを待っていてくれる。連絡先を一応交換したのだが、無駄にわたしを遊びに誘ってきたりする事もなく、とても楽なお客様だった。
 だが…やはりイキにくい。なかなかイカせることが出来ない。ここまで苦労するのは久しぶりだった。

 性感エステ店に来る客は概して早漏が多い。そうでもなければ、手コキでフィニッシュを迎える店で満足することは難しいからだ。初めて来店する客が『合わない』と感じたら、早々に来なくなるケースがままある。

 そして何度目かの指名のとき、ついにわたしは一線を越えてしまう。体を許してしまったのだ…。

「えっ、本当にいいの?ありがとう!」

 嬉しそうにわたしを抱きしめる彼。生理的に無理なタイプでもなく、彼との時間も苦痛ではなかった。と、その時はそう思っていた。

 いいお客様だった。連絡先を交換しても、店外デートに誘ってくることはない。必要最低限の連絡。だが、わたしは徐々に彼との時間が苦痛になっていった…。

「今日も、いい…よね?」

 上目使いで聞いてくる。許可を求めてはいるものの、手には開封されたコンドームが握られていた。もうその気なのだ。わたしの意思は無視して、とりあえず聞いているだけという印象だった。
 それがあったのも最初の数回。いずれその言葉もなくなり、当然のように彼はマッサージ時間を毎回スキップするようになる。しかも、自分がギンギンに勃った時点ですぐ挿入したがるのだ。当然、わたしはまだ乾いたままである…。

なんなのこの独りよがりなセックス…


 わたしはだんだんと苛立ち始めた。乾いたまま挿入されれば、当然痛い。攻めるのが億劫なのだろうか。
 だが、男性とて女性が感じていなければ決して気持ち良くはないはずだ。精神的にもそうだし、肉体的にもそうだろう。あまりに一方的で、形だけのセックスだった。

 しかし、彼の不思議な点は、それが「面倒くささ」によるものからでもなさそうなことだ。面倒で前戯を省く男性は、なんとなく態度で分かるもの。そのような素振りはないのだ。
 でも、こんなセックスで気持ち良いのだろうか。白け切っているものの、一応仕事のことが頭にあるわたしは演技で一通り喘ぐ。彼は勝手に挿入して、勝手に動いて、毎度勝手に果てる。なんだか、彼にウンザリし始めた。

(優しそうで大人しそうに見えるけど、考えてみれば会話も自分の話ばかりだったな…)

 次第にわたしは、『予約したよ』との連絡に、『体調が悪いから…』などと返信するようになった。あるときは風邪、あるときは本当にズル休みをし、彼のセックスから逃げようとした。
 しかし、なんだかんだで彼とは絶対セックスする羽目になってしまう。こちらが拒否しても、やはり勝手に挿入してくるからだ。

 わたしと彼の奇妙な攻防戦は続いた。

『今日出勤したいけど…体調悪くてデキないかも。だから、今日はキャンセルしてくれないかな?』
『体調悪いんだね。わかったよ。逆に心配だから、行くね』

 その日、彼は風邪薬と、やっぱりセックスもくれたのだった。

 だんだんとわたしは自分にも彼にも嫌気が差し始めた。どうしてこんな独りよがりなセックスをしているのだろう。彼とわたしの距離感は、セックスをすればするほど開いていった。

わたしはやっぱり体を売れない


 ある日の事である。
 超常連の彼には助けられていたことも多かったのだが、わたしはひとつの決心をした。

(彼を切ろう)

 彼とわたしの関係は微妙だった。セックスフレンドのように割り切った雰囲気もないが、他の色客のように熱心に口説いてくるわけでもない。結局、よく分からない関係だった。

『ごめん。わたし、もうセックスしたくない…。さようなら』

 たったそれだけ。たったその一行だけをメールで送り、すぐにアドレスを着信拒否した。彼とのたくさんのやり取りがメールボックスに保管されている。スクロールせずとも、画面は埋まっていた。わたしはもともと、客とは連絡を取らないタイプだった。

 返事を見るのは怖かった。だから、着信拒否した。反応を知りたくなかった。
 嫌いじゃない。でも、決して好きでもない。何もない関係だからこそ、苦しくなった。

 デリヘルでナンバーを取っておいて言うことでもないが、わたしはやっぱり体を売れない。こんな虚しさを背負う事には耐え切れないのだ…。
 なくならないものに見えるからこそ、もっと高く売りたくなる。なくならないものだからこそ、もっともっとが止まらない。弱いわたしは、そのままでは欲の無限ループに陥って、スルスルと堕ちてしまいそうだった。

最後に

 体を売っている女は、やけにつっけんどんであったり、マニュアル的な“地雷女”も多い…。そう思うかもしれない。世間一般でも、風俗嬢はやはり『擦れた女』の烙印を押されてしまっているようだ。
 しかし、必ずしもそうではない気がする。きっと、虚しさや寂しさが彼女たちを腐らせていくのだと思う。それに見合った対価として、自分で折り合いと体の値段を付けているのだから…「自業自得」の四語で済まされる以外の何物でもない事も、重々わかってはいるのだが。

4.0 rating

この記事の著者

現役女子大生ライター風俗・お水業界三冠王夕花みう
現役女子大生ライター。キャバクラ、デリヘル、性感マッサージでナンバーワンを取った三冠王。性愛道の修行僧、もしくはエロテロリスト。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top