EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

セフレの隣に旦那がいてヒヤヒヤした話

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
セフレの隣に旦那がいてヒヤヒヤした話

読者投稿50代前半の男性

 あれは5年前の出来事でした。

 その頃はまだ結婚してましたが、単身赴任中だったためにセフレもいました。

 セフレも既婚者だったため、旦那が仕事中の平日の昼間に逢っていました。

 その日も、私は仕事を休んでセフレと午前中からSEXを楽しんでいました。

 午後3時頃にセフレを送り届けた後、暇だったのでパチンコをやっていました。

 その日はいつになく好調で、かなり出していました。

 午後6時頃に食事から戻ってくると、私の台の左右に人が座っていました。

 左側は女性で右側は男性でした。

 その女性の後ろ姿は、何となく見覚えがあるような気がしました。

 座って左側の女性をチラリと見ると、なんとセフレが真剣な顔で打っていたのです。

 話しかけようか迷いながらしばらく様子を見ていると、右側の男性がセフレに話しかけて、席を立って違う台に移りました。

「この人は誰だろう?」と思ったので、とりあえずセフレに「パチンコ出てたかな?」と送りました。

 しばらくしてセフレはメールに気づいたようで、彼女は携帯を開いて見ると、そのまま打っていました。

 今度は、「隣の台で打ってたよ」とメールしました。

 彼女はメールを読むと、私を見ないで席を立ってどこかに行ってしまいました。

 しばらくして、私の携帯にメールが届きました。

 そこには、「旦那の様子を見てたから、ちょっと待ってね」と書いてありました。

「旦那も一緒なの?」と送ると、






「右側にいたのがそうだよ」

と送られてきました。

 一瞬、背中に冷や汗が流れました。

 彼女は席に戻ると、私の耳元で「旦那に見られたらマズイから話しかけないでね」と囁きました。

 今思い出しても…寒気のする出来事でした(笑)



 セフレがいる方にとっては、他人事ではないかもしれません。

 明日は我が身かもしれないので、十分に気をつけてくださいね!

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top