EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

夜の世界の危険な恋愛

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
夜の世界の危険な恋愛

読者投稿30代の女性

 30代女性の『恐怖』体験談です。



 これは中洲で働いていたときのお話です。

 私のお店では、会社の接待やグループでの飲みの席、お一人様も来店されていました。

 お客様と一口に言っても、その種類は様々です。

 その中でも一番気を使うのは、好意があって来店してくれるお客様です。

 そのようなお客様には、とても気を使います。

 毎回「どうやって落とそうか?」の頭で来るので、こちらは「どうやって今回もお断りしようか…」と毎回悩まされました。笑

 大体のお客様は、お店で何となく告白してくれます。

 ですが、「今日じゃなきゃダメだ!」と決め込んで来たお客様は、私の帰宅時間までビルの外で隠れてコッソリと待っているんです。

 コレは今で言うストーカー行為で、そのお客様には私がタクシーに乗って自宅に帰るのを、別のタクシーで追跡してきて部屋を知られてしまいました…。

 その日はピンポンとは鳴らなかったのですが、後日…。

 夜中に「ピンポ~ン」とチャイムが鳴りました。

「○○だけど、どうしても会いたくて部屋を調べたんだ!
 少し家に入れてくれないか?」

 もう血の気が引きましたね。

 私は完全にオフだったし、「部屋にはあげれませんよー」って言いました。

 すると、「下まで降りて来て少し話を聞いて欲しい」とのこと、

 大切なお客様だったし無下にはできないので、下まで降りていくと案の定告白されました。

 でも本当に怖かったです。

 だって…








 手にスタンガン持ってましたから。

「はい」と言うまで帰りそうもないので、とりあえず気のあるフリだけして、後日デートをするという約束で帰らせました。

 その日は怖くて眠れませんでした。

 私よりずいぶん年上の方だったので、もうコレは怖い!と思って警察に相談しました。

 すると、そのお客様は前科があったようで、執拗に迫られた挙句、軟禁された女の子もいたとか…。

 その後、その方は警察のお世話になり、中洲に通って来ることはありませんでした。

 心痛かったけど、人を傷付けてまで心を奪おうとするのは、もっと心が離れていくだけですよね…。

 その歪んだ愛情が怖かったけど、またそれも愛なのかなあ…。



 怖っ!!

 夜の世界の女性は、客に気を持たせつつ、自分に金を落とさせないとダメだから難しい。

 恋愛感情をチラつかせながら金にするための、絶妙な関係を維持することが求められてくる。

 でも本気で恋に落ちた客っていうのは、マジで何をするかわからないから気を付けないとね!

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top