EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【PCMAX】出会い系で知り合った女の子はまさかの…「スミカ」

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【PCMAX】出会い系で知り合った女の子はまさかの…「スミカ」

読者投稿20代前半の男性

 今回は、『PCMAX』で体験した出来事を書きたいと思う。
 相手の女の子は19歳のアパレル店員、名前は「スミカ」。

 プロフィールには「最近人肌恋しいです」と一言。
 プロフ写真も普通に可愛かったので、メッセージを送ってみることにした。
 すると返事が返ってきて、すぐに意気投合。
 どうやら最近彼氏と別れたばかりらしく、とにかく話を聞いてもらいたいとのこと。

じゃあその話聞いてあげるから、今度ご飯でも行こうか!

と誘ってみると、スミカは

ご飯いいですね~!行きましょう♪

と二つ返事でOK。

 言わずもがな、「話を聞いてあげる」はただの口実であり、俺の目的はセックスだw
 あまりにトントン拍子で進みすぎたので、美人局を疑ったのだが、LINEのやり取りではそんな印象は受けなかった。

生理ではないですけど…やっぱり生理ってことにしときます!w


 そして約束の日。
 お互いに住んでいる地域は同じだったので、地元の駅で待ち合わせをした。

 車に乗り込んできたのは、写真通りの可愛い女の子だった。
 ファミレスで食事をした後、車内でキスをしてみると、案の定ノーガード。

「めっちゃ積極的だけど、チュー好きなの?w」
「私チューするの大好きなんですw」

「エロいな!wじゃあもっとしてあげるわw」
「やったー!w」

 簡単にセックスに持ち込めそうだったので、キスをしながら下半身に手を入れてみると…

「そこはダメーー!!w」

 まさかの鉄壁ガードを食らう。

「なんで?もう始まってるよww」
「始まってますけど、ここはダメですww」

「生理なの?」
「生理ではないですけど…やっぱり生理ってことにしときます!w」

「なにそれw絶対嘘でしょww」
「でもダメなんですよーw」

 その後も攻防を繰り広げるが、結局スミカの下半身は堅いままだった。
 こんなにも上げて突き落とされるパターンは久々だったので、かなりガッカリw

 しかし諦めきれない俺は、最後のあがきに出た。
 それは、無理やりラブホテルに車を入庫させる作戦である。
 ラブホテルに入ってしまいさえすれば、風向きが変わると思ったからだ。

 そして、無言でラブホテルの駐車場に車を停める。

「ちょっ、ちょっと待ってくださいwwここどこですかww」
「見ればわかるじゃん、ラブホwwじゃあ入ろっか!w」

「いや、無理ですごめんなさい!w」
これHで言えば先っちょだけ入ってる状態だから、もう入るしかないってww」

「意味わかんないですよーww」

 その後もまた同じような攻防が繰り広げられたが、結局スミカは車から降りず。

(やっぱり無理か…)

ちょっと待ってもらっていいですか!?


「スミカが無理なら帰ろうか。スミカが嫌だって言ってるのに無理やり連れてくわけにはいかないからさw」

 そう言って車を出そうとすると…

「やっぱりいいですよ!w」
「へ!?」

「ホテル入るのいいですよ!w」
「マジかwじゃあ行こうかww」

 なぜかは分からないが、ホテルに連れ込むことに成功w
 一旦引いたのが功を奏したのかもしれない。

 ホテルに入室し、会話もそこそこに早速スミカの服を脱がせる。
 19歳の活きの良いCカップおっぱいを揉みしだき、ご満悦の俺。

 そして、挿入しようとしたその時…

「ちょっと待ってもらっていいですか!?」
「えっ、どうしたの急に?w」





「実は私…初めてなんですよ…」





「は、初めて!?挿れたことないの?」
「はい…」

 混乱する俺。

 話を聞くと、挿入直前(前戯)までは経験済みだが、挿入自体はまだ未経験らしい。
 そう、スミカは未開通の処女だったのだ。

「てか、前に付き合ってた男とかいたんだよね?その人とはHまでいかなかったの?」
「はい、挿れるまではやったんですが、なかなか上手くいかなくて、できませんでした…w」

 一応、元彼が“開通”を試みたようだが、処女のキツキツマ●コに苦戦したらしく、結局失敗したとの事。
 よし、ならばこの私が、ここで開通式を開催してやろうじゃないか。

 処女との対戦は初体験だったので、かなり苦戦したが、無事開通(血がちょっと出た)。

「どうだった?かなり痛かったでしょ」
「かなりではないですけど、やっぱりちょっと痛かったですw」

 しかし、出会い系で会った見ず知らずの男に処女を捧げるなんて、俺には理解できない。
 スペック的にはかなり可愛いレベルの女の子だったので、もちろん経験済みだろうとは思っていたが、処女発言をされた時は腰を抜かすほどビックリした。

「そもそもなんで俺なんかに処女捧げようと思ったの?他に良い男いるでしょw」
「うーん…なんでかは自分でもわからないですけど、『早めに処女を捨てておかないと』っていう焦りがあったかもしれないですw」

 19歳ともなれば、周りの友達はほとんど経験済みである。
 そんな中、『自分1人だけが未経験』という状況に負い目を感じていたのだろう。

 今回は『PCMAX』で貴重な体験ができた。
 皆さんも俺のように、出会い系でこんなミラクルに遭遇するかもしれない…。



昨日の投稿もそうだけど、最近「出会い系サイトで処女に会った!」という報告をよく頂くお
処女厨にとっては耳寄り情報ですな
ヤる夫(PC)
まぁ、運が良ければの話だがな
管理人おススメの出会い系サイトがあるから、サイト選びの参考にしてくれ
ヤらない夫(下向き)
『PCMAX(ピーシーマックス)』のレビューはこちら
PCMAX(レポート風)

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top