EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

新宿の立ちんぼに要注意!中国人留学生と3P…狙われた財布

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
新宿の立ちんぼに要注意!中国人留学生と3P…狙われた財布

ライター旅人

 今回は、新宿のホテルで寝ている間に金を盗られたという情けない話をしよう。これは誰にでも起こり得る事ではないだろうか。

 季節は12月末日。毎年恒例になっている年末年始の買い出しに行ったときの事だ。普段なら友人、家族や親戚と行くのだが、年末ギリギリということもあり、1人での買い出しとなった。

まさか…逆ナン?ナイナイ、こんなオジサンに


 夜中に仕事を終えて、いざ東京へ。着いたのはちょうどお昼時、今から築地に行くのは少し遅い気がしたので、翌日の午前中に行こうと決め、その日はアメ横で買い物をすることにした。アメ横は15時を過ぎると値引きがある。そんな知識だけは持っているので、それまでは時間を潰すことに。
 さすがに年末だからか、いつもこうなのかは分からないが凄い人だ。なるべくスムーズに買い物が終わるように上野駅まで行き、観光することにした。

 喫茶店で時間を潰しながら、夜の街を色々と探索する。せっかくだから歌舞伎町に行ってみようと思い、勇気を持って向かうことにした。
 いつも一緒に大人の遊びに行っている友人に電話を掛け、情報を得る。だが、友人もあまり詳しくは分からないらしいので、とりあえず行ってみることに。

 買い物を終え、予約しているホテルにチェックインを済ませ、買ってきた物を宅急便で送り、いざ新宿へ。気が付けば、時刻は午後20時になろうとしている。
 新宿に到着し、歌舞伎町方面へ歩いて行くと、沢山のキャッチに声を掛けられた。

「いい子いますよ」
「遊んでかない?」
「今ならサービスしますよ」

等々、無数の誘い文句が飛び交っている。

 少し疲れたので、広場のような所で休んでいると、向こうから女性がやって来るではないか!?しかも、こちらにいるのは俺だけ。

(まさか…逆ナン?ナイナイ、こんなオジサンに)

 そう自分に言い聞かせて座っていると、なんと俺の前で立ち止まったではないか!ちょっぴり期待してしまう。

「遊ばナイ?」

 少しイントネーションがオカシイ。
 そこにいたのは中国から来日した留学生で、黄(コウ)ちゃんと楊(ヨウ)ちゃんの2人組。「2人で3万でイイ」と言われ、3Pをする機会もなかなか無いのでOKすることに。少しタイプだった為、期待度がかなり上がる。

出会い系ド素人の俺氏が女の子を口説いた方法を晒すwww
PCMAX(俺氏)

あれ?黄ちゃんと楊ちゃんは?


 俺が予約しているホテルには別々で入ることにしたからか、フロントに呼び止められる事は無かった。先に部屋に入り、財布には5万円だけ残し、余ったお金は別の所にしまっておいた。
 よく「財布から金を抜かれた」という情報が出回っている為、用心はしておいたのだが、結論から言うと、俺もヤられた内の1人になってしまった。ただ、隠したお金を取られずに済んだのは幸いだった。

 流れを時系列で書いていこう。

 新宿で声を掛けられた後、LINEの交換をして、まず俺だけホテルへ向かう。
 ホテルに着くと、『●●ホテルの318です』とメッセージを送る。すると、先に黄ちゃんが、しばらくすると楊ちゃんが部屋にやって来た。

 普通のビジネスホテルだが、部屋は意外に広いツインルームだ。そしてラッキーなことに、トイレとお風呂が別のタイプだった為、3人でシャワーを浴びることが出来た。ラブホテルだと当たり前なのだが、ここはビジネスホテル。少々料金も高めだが、仕方がない。

 3人でシャワーを浴びた後、お金を渡す。ベッドに寝ると、俺の体を両側から2人で舐めてきた。こちらも負けじとそれぞれのオッパイを触り、下の口に手をやると指がすんなり入っていく。だいぶ濡れている。
 2人を四つん這いにさせて後ろから攻める。2人同時に入れることは出来ないので、先に黄ちゃんから挿入。黄ちゃんの中はかなりの締まり具合、簡単に放出しては勿体ないので、色々と体位を変えながら頑張ったのだが、10分後にあえなくイってしまう。
 生だったのでより一層気持ち良く、最後は外に出した。

 その後、今度は楊ちゃんが俺の息子を綺麗に掃除し始めるが、直ぐには回復しない。しばらく一緒に布団に入り、イチャイチャしていたのだが、一発ヤった後、しかも布団が温かく…ね、眠い。

  気が付くと眠ってしまい、朝になっていた。ふと横を見てみると誰も居ない。

(あれ?黄ちゃんと楊ちゃんは?)

 一瞬ワケが分からず、現実を受け入れられない。必死に頭を整理して考える。

(一発ヤったことだし帰ったのか?)

「あっ!財布は!?」

 ベッドの直ぐ近くに置いてあった財布が開いている。中身を確認すると、お金が何も入っていない。ヤ、ヤられた。あれだけ注意していたのに、なんて情けない。直ぐにラインを送るが、当然返事は無い。

 合計5万は高くついたが、財布からお金を抜いておいて正解だった。こんな事になるならもっと抜いておけば良かった。
 が、これで1つ学習した。歌舞伎町は恐い所だ。特に立ちんぼとヤる時は注意しなければならない。

最後に

 ネットやニュースでどれだけ注意を促されても、『自分は大丈夫』と慢心した結果、引っ掛かってしまう事はよくある。
 女の子を部屋に入れるのなら、代金以外は分けておくか、金庫に閉まっておくことをお奨めする。

創設10年以上、安心して出会える出会いSNS
PCMAX(プロモーション風)

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top