EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【出会い系サイト】偽りの代償

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【出会い系サイト】偽りの代償

読者投稿30代前半の男性

 知人の30代男性から聞いた、ちょっと切ない体験談をご紹介しよう。



 私が出会い系サイトで初めて付き合った女性は、同い年の人妻だった。

 彼女はごく普通の人だったが、私は「出会い系は怖い」という気持ちがどうしても拭えなかった。

 そのため、初対面のときに偽名を使ってしまった。

 彼女が本名を名乗っていたのを知ったのは、それからもっと後のことだった。

 お互いに付き合っていく中で、色々な話をしてどんどん距離が縮まっていった。

「いつか本当の名前を言わなくては…」と思っていたが、「嫌われたくない」、「今さらいいだろう」という気持ちが先行して、言えないまま時間だけが過ぎていった。

 せめて名前以外は、できるだけ正直に自分のことを話した。

 当時、私は国家試験の勉強をしていて、彼女も応援してくれていた。

 試験が終わって発表当日を迎え、無事に合格を確認できた。

 今までの努力が報われ、長い受験生活がやっと終わった瞬間だった。

 その夜は、彼女と合格祝いをすることになっていた。

「合格したよ!」と伝えると、彼女は涙目になって絞り出すように「おめでとう」と言った。

 それに続けて、彼女はこう言った。

偽りの代償
「実は…ネットで官報の国家試験の合格者名簿を見たんだ。
 何度もあなたの名前を探したけど、見つけられなかった…。
 でも、良かったね」


 そのとき、私はすべてを悟った。

 心配してくれた彼女は、官報(国の広報紙)に記載されてある国家試験の合格者名簿を見て、私の名前を必死に探したのだ…。

 そこにあるはずのない、偽りの名前を。

 自分の愚かさ、短慮さを悔いても遅かった。

 なぜ、彼女に正直に言えなかったのか?

 せめて、何か別の方法で彼女に伝えることはできなかったのか?

「嫌われたくない」という小心が、「別にいいか」という驕りが、大切な人の心を傷つけ、信用を失ってしまったのだ。

 奇しくもそれまでの人生の中で、私の名前が公になったのはこの1日だけである。

 当時を思い出すと、今でも胸が締め付けられるような苦い想い出です。

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)

3.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top