EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

『ワクワクメール』で出会った18歳の女の子「理絵」

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
『ワクワクメール』で出会った18歳の女の子「理絵」

【EGweb】運営者江川

 どうも、最近ネタがない僕です。

「ネタがないなら作ればいい」というワケで、今回は『ワクワクメール』で女の子にアプローチをかけてみたよ。

WANTED

写真
NG
名前
理絵(仮名)
年齢
18歳
地域
東京都町田市
身長
154cm
体重
不明
活動エリア
町田市近辺

デート内容


 最近写真がないレポートが多いのは、写メをゲットできないからです。

 なかなか送ってくれないんですよね…。

 まあ、メールして最初の時期は仕方がないのかもしれないけど。

 ていうか完全に俺の実力不足です、ごめんなさい(笑)

 さて、ワクワクメールで実際に出会った男性なら、経験していると思われることがある。

 それは、写真と実物のギャップが激しい女の子がいるということだ。

 これは「写メ詐欺」と呼ばれ、ほとんどがゲームセンターにあるプリクラの仕業である。

 現代のプリクラは最新の技術が結集されており、被写体の顔を自動認識してくれる。

 オプションで「黒目を大きくする」「顔色をピンクにする」「シミやシワを消す」などの機能もある。

 さながら、「詐欺写メ製造機」のようなシロモノだ。

 最近女の子と撮ったプリクラを見ても、2人ともちょっとしたアイドルのような顔立ちになった(笑)

 これがわずか数百円で行えるのだから、詐欺写メに騙される男性が後を絶たないのは自然なことである。

 ある日、ワクワクメールを覗いていると、写真付きで掲示板に書き込んでいる娘を何人か見かけた。

 その中で俺が狙ったのは、メチャクチャ修正されたプリクラを使っている、10代の「理絵」という女の子。

 プリクラを見ると、鼻筋が通った端正な顔立ちだが、険のある目つきをしていた。
 
 眼は大きく見開かれていて、どこか睨みつけるような表情をしていたのだ。

 投稿内容は、「最近いい人との出会いがなくて困ってます。誰か同じような男の人がいたら、どこか遊びに連れて行ってください♪」というもの。

 曖昧な内容に加えて、プロフィールも詳しく書かれておらず、業者なのか素人の女の子なのかの判断ができない。

 ここで俺は、2つのことを考えた。

 1つ目は、個人の援交や援デリ業者なら、こんな男受けの悪そうな写真を載せることはしないということ。

 2つ目は、修正してこのルックスなら、実物はどんなことになっているのかという興味だ。

 俺が見たときには返信が8件あり、ちょっと見込みは低そうだった。

 とりあえず、渾身の詐欺写メとメールテンプレートを送りつけてみることにした。

 すると、20分後に運良く返信がきたのだ。

 それから1週間ほどメールのやり取りをこなし、「会おうよ」という話になった。

 待ち合わせ場所は、小田急線町田駅の西口。

 俺は、すでにそこで待機していた。

 マヌケな業者か、はたまた般若の形相をした女の子か…。

(どっちに転んでも、ブログのネタにはなりそうだな。笑)

 ちょっとした昼下がりの肝試しと言っては失礼だが、そのくらいの感覚で、まったく期待はしていなかった。

 そうこうしているうちに、理絵は現れた。

 彼女は俺のところに真っ直ぐに近づいてきて、「こんにちはぁ」と笑顔で言った。

 理絵の顔を見ると、目がなかった…。

 冗談ではなく、そういう表現がピッタリだった。

 実際の彼女は、笑うと目がなくなるほど細くなる「キツネ目」だったのだ。

 しかし、修正されたプリクラよりは格段に可愛かったし、スタイルも良かった。

 とりあえず、「ご飯でも食べに行こうか」と言ってデニーズに入ることにする。

 緊張しているのか、俺が話しかけてもなかなか会話は進まない。

 だが、料理が運ばれてくると、それまでの硬い雰囲気は消えた。

 彼女は18歳、軽度のロリコンである俺にとっては、喜ばずにはいられなかった(笑)

 高校を卒業して、現在は専門学校に通っているとのこと。

 また、援交でも業者でもなく、素人の女の子だということがわかった。

 恋バナをしていると、照れ笑いのために細い目がさらに細くなる。

 真っ赤な顔したキツネ目の女の子、これはこれで悪くないかもしれない(笑)

 いつものようにその日は何もせず、適当に遊んで帰路についた。

 良い意味でも悪い意味でも、写メを当てにし過ぎてはいけない。

 そのことを、改めて実感させてくれた出会いだった。

『ワクワクメール』のレビューはこちら
『ワクワクメール』バナー

3.5 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間50万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top