EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

GREEな出会い ~若女将編~

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
GREEな出会い ~若女将編~

読者投稿30代の男性

 俺の知人の30代男性から聞いた、『SNS』での出会い体験談。

 とにかく彼は、行動力がスゴかった!!(笑)

前編


 今から2年前の4月の終わり。

 ひょんなことから、俺は北の大地、北海道の地を踏みしめることになった。

 札幌市内は、4月でもところどころ雪が残っており、金沢から春めいた軽装で向かった俺にとっては、少し肌寒かった。

 今回の目的は…顔も名前も知らない、GREEで知り合った女の子に会いに行くこと!(笑)

 その娘は、札幌からバスで3時間ほど離れた、とある街の割烹で働いている。

 そこはランチもやってるお店で、朝から晩まで忙しいとのこと。

 彼女は、長年の夢を叶えて念願のお店を構えた、若女将だった。

 GREEの中で一緒にゲームをやりながら、「どうしたらいいんだろう?」とか、「このアイテムあげるね」なんて会話をしてた。

 最初はゲームの話ばかりだったのに、「直接会っていろいろ話したいね」とお互いに意識するようになるまで、1ヶ月もかからなかったと思う。

 でも、俺は金沢で彼女は北海道。

 彼女は店を持って忙しい時期だったし、俺もちょうど新しいプロジェクトがあり、時間も距離にも大きな壁というか障害があった。

 直接会うってことはお互いに全く想定してなかったと思うし、考えることもできなかった。

 何がそうさせたのかは記憶が曖昧だけど、「今しかない!」みたいな思いはあったかな。

 まとまった時間が取れるようになったのは、4月の終わりのゴールデンウィーク前の土日。

 ふと飛行機を予約して、とにかく金沢を発った。

「後先を考えてない」っていうのは、本当このことかもしれない(笑)

 数時間後、北の大地に立つ俺がいるわけだが、この時点で彼女はまだ知らない。

 俺が同じ大地に立っていることを…。

 事前のやり取りの中で、土日に店にいるようなことは聞いていた。

「もうすぐ彼女に会える」という胸が踊るような気持ちの一方で、心から分かり合った者同士だという確信が持てなかった。

 直接会うことによって、これまでの関係が崩れ、全て失ってしまうんじゃないかという思いがあった。

 そんな複雑な心境のまま、しばらく一人で考えこんだ。

「今さら何を考えてもしょーがない。ここまで来たからには行くしかないんや!」

 そう自分に言い聞かせて、ここで初めて彼女にメールした。

「今から行くわ!」

「また、いつもそんなこと言ってばかり…」

「サプライズ!今、札幌!!ほんまに会いに行くよ♪」

「うそでしょ?」

「いやー、マジで来てもた…」

「えーっ、ほんとにー!?」

「自分もいまだに冗談かと思ってる…。でも、マジでこっちにおるわー」

「うそっ!△?□※△?」

 みたいなやり取りをメールでしたと思う。笑

 そして数時間後には、彼女の住む○○行きのバスに乗車した。

 そこには、期待と不安が入り混じった俺の姿があった。

後編


 ○○行きのバスの中で、北海道の雄大な自然を目の当たりにしながら、目的地に近づくにつれ、高鳴る鼓動も不思議と落ち着いてきた。

 予定通り3時間後、バスはその地に静かに到着した。

 彼女が住む街は、札幌市内の喧騒が嘘のようにのんびりとしていて、空気もおいしかった。

 ずいぶん前に北島さぶちゃんが、「はーるばる来たぜーっ○○へー♪」とCMで唄っていたっけ。

 そんな懐かしい歌が口からこぼれ出るくらい、気持ちもほどよく抑揚していた。

 その店は、街に似つかわしくない雰囲気で佇んでおり、遠くからでもひと目でわかった。

 ある有名なデザイナーが設計しただけあって、和とモダンが融合し、なにか幾何学的な感じのする変わった造りだった。

 店に到着するまでに色々なシチュエーションを想像していたが、1番自然で彼女の負担にならないのは、通りすがりの旅人のようにお客として店に入り、食事してさりげなく帰るということ。

 サプライズでありながら自然な感じで、「まさに俺流かな」ってひとり笑い・・・(笑)

 そうこうしているうちに、店の扉を静かに開ける自分がいた。

 いよいよ初対面…。

「いらっしゃいませー♪」

 目の前に飛び込んでくるのは、3人の女子、女子、女子。

(げっ、どの娘だろう??)

 みんな満面の笑顔。

(直感的にはこの娘かな…)

 俺は若女将は他の店員とは違った出で立ちで、着物でも着てるんだろうなって勝手に思っていたけど、みんな同じ格好じゃないかー!!

 3人は落ち着いた紺をもっと渋くしたような、作務衣みたいな格好をしていた。

店員A「ご予約の方ですか?」

「いや、予約はしてない・・・」

店員B「こちらどーぞ!」

 そう言われ、奥の通路へ案内されそうになる。

「あ、私行くわ」みたいな感じで、店員Aに代わって個室に通される俺。

(おっ、この娘が若女将なんだな…とプチ確信!)

店員A「さ、こちらへどうぞ」

 部屋まで案内されたが、そのまま何も言わずに立ち去る店員A。 

(ん?違ったか?!)

 次に店員Cが元気よく「どーぞ!」と、わりとすぐにお茶を持ってきた。

(ん?初登場!!この娘だったのか)

「お決まりの頃にまた伺います」

 この娘もまた無言で立ち去る。 

(違う、違う)

 一人になった瞬間、顔を思い出しながらパニクってる頭の中を整理する。

 しばらくして店員Bがくる。

「お決まりですか?」

「オススメはありますか?初めて来たんで、どれがいいのかも分からないんで…」

「こちらにランチメニューがありますよ。これとこれが人気があります」と笑顔で説明してくれた。

(表情や話し方で、この娘で間違いないだろう。俺も笑顔で…)

「じゃあ、これお願いします。あ、それと生ひとつ♪」

「はい!ありがとうございます」

「だよね?そうだよね!!笑」

「はい?何か…?」

 しばらく沈黙が続く…。

「いや、なんでもない…」と何か中途半端な感じで会話を終える。 

(マジかー、違ったのか…)

 ちょっとした懐石のコースだったんで、先付けみたいなものがすぐに出てきた。

「お料理です」と再び店員B。

 モノだけ置いて、そのまま立ち去る。

(んー、全くわからん!)

 やきもきしながら、携帯を取り出してメールする。

「ごめん!若女将のこと見ればすぐわかるって言ってたけど、マジわからん!」

「あと、鼻水が止まらないんでティッシュ欲しい…」

 寒さにやられて鼻水が出てた。

 すぐに、「ティッシュお持ちしましたー」と笑顔で店員Aがきた。

 俺は、「は…はじめまして…」と変な汗をかきながら言う。

「全然、わからなかったくせに…」

「すぐ俺ってわかった?」

「すぐわかったよ!」

「俺も最初、Aが若女将だと思ったんだけど、何も言わないから・・・」

 初めて会うドキドキ感よりも、「誰?誰?誰?」みたいな違ったスリルも味わえたGREEな出会いでした(笑)

最後に

 その娘とはその後どうなったって?

 うーん、それはまあ色々ありましたよ…(笑)

 世の中にはいろんな出会いがあると思いますけど、当時の出会いは人生30年の中で一番緊張したかもしれません(笑)

 いわゆるオフ会も似たようなものだと思うけど、自分自身それほど経験がなく、なんせ土地勘のない異国の地での出会いでした。

 だから、この時の出会いの瞬間のドキドキは、今でも心臓の音が思い出せるくらい自分の中ではセンセーショナルなものでした。

3.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top