EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【出会い系サイト】軟禁された女

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【出会い系サイト】軟禁された女

読者投稿友人S

 本レポートは、友人Sから聞いた話を再現したものである。

WANTED

写真
なし
名前
翔子(仮名)
年齢
23歳
地域
千葉県白井市
身長
160cmくらい
体重
不明
活動エリア
不明

序章


 これは2年ほど前の話。

 翔子とはメル友というより、TEL友だった。

 彼女は学生時代、学校で虐められ、家庭環境も複雑な中で育った。

 母親の再婚相手からは冷遇され、義理の兄弟からは色目を使われる日々を過ごす。

 翔子はそのころに付き合っていた彼氏と、家出同然で同棲し始めた。

 しかし、彼氏は嫉妬深く、彼女を定職に付かせることはなかった。

 自由になるためのお金もなく、アパートに閉じ込められた生活が続く。

 日に何回か彼氏から連絡が入り、電話に出ないと怒りだした。

 翔子は彼氏と別れて自立することができず、実家にも帰れずにいた。

 もし彼女の話が本当だとしたら、育ってきた環境も含め、同情すべき境遇ではある。

 だからこそ数ヶ月間、彼女の相談相手やグチの聞き役として、自分なりに彼女の将来を考え、アドバイスをした。

 そうしているうちに、翔子はコンビニで働けるようになった。

 もちろん、彼氏は難色を示したが、「彼女が自由になる」第一歩である。

 彼女がコンビニで働いている間は、外出は仕方のないことだし、彼氏からの連絡もなかった。

 翔子と会ったのは1回のみで、そのコンビニでの勤務ローテーションを擬装し、少し時間を作ってもらった。

 たしかに、彼女は彼氏が「籠の鳥」にしたくなるような美少女タイプだった。

 たが、私は彼女の境遇を知っているからか、その表情に豊かさは感じられない。

 彼女に対して心配していたのは、彼氏からの暴力。

 しかし、それは杞憂だった。

 翔子の肌は白く、とても綺麗だったからだ。

 それから数日後、彼女から緊急の連絡がきた。

「他のサイトでやりとりした男に付きまとわれている」とのことだった。

 最初は普通の話をしていたが、どこかで噛み合わなくなったそうだ。

 まあ、出会い系サイトで変な相手にからまれるのはよくある話だろう。

 少し違うのは、メールのやりとりをしていた自称「サイトスタッフ」の男が、教えてもいない彼女の固定電話に電話をかけてきたことだった。

転換


 僕は「そんなことがあるのか?」と考えたが、実際にかかってきたのは事実である。

 翔子は携帯を持っていたが、出会い系サイトはPCを使っており、固定電話番号を登録していた。

 固定電話の所有権は、同棲している彼氏にある。

 僕が彼氏に内緒で、彼女1人で対処できるようなアドバイスをすることは困難である。

 彼女には、「話を変えてもいいから、彼氏に助けを求めたほうがいい」とアドバイスした。

 それから2ヶ月後、翔子に連絡を取ってみた。

 彼女は、いつも通りの彼女だった。

 しかし、彼女の状況は変化していた、結婚していたのだ。

 驚いたのは、その相手は同棲していた彼氏でなく、付きまとっていた自称「サイトのスタッフ」の男。

 私のアドバイスとは逆に、彼女はその男を彼氏と別れるために、自分の後ろ楯としたのであろう。

「毒を持って毒を制す」とは言う。

 しかし、いきなり調べた固定電話に電話をかけてくるような男と、幸せになれるのだろうか?

 おめでたいことではあるが、なんだか釈然としない気持ちもある。

 理由はどうあれ、彼女が幸せをつかんだなら、それで良いのだろう。

「もう、引き際だな」

 私は、ことの成り行きを聞くこともせず、電話を切った。

 1年が経過してそのことを忘れかけていた頃、翔子から留守電が入っていた。

「お金を貸してください」

 私は、基本的に男女間でのお金のやりとりは好まない。

 何回かかかってきた電話に出た私は、最近この電話番号を使い始めた第三者を演じ、翔子との縁を切った。

 彼女が現在どういう生活を送っているかは知らないが、幸せとはほど遠いのかもしれない。

 彼女の境遇には同情するが、両手をあげて賛同できることではない。

 彼女自身、どこかで「それ」を呼び込んでしまうような振る舞いがあるのかもしれない…。

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)

3.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top