EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【実録援デリ体験記】2日目.もう引き返せない

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【実録援デリ体験記】2日目.もう引き返せない

シリーズ物【実録援デリ体験記】

ライターチャン小林

 援デリ運営者のO氏に、援デリの実態についての話を聞こうと本題へ入ると、笑顔だったO氏の顔が一瞬で曇り、今までの楽しい雰囲気がピリピリと重い雰囲気に一転した。少しでも話を聞こうと思い、重苦しい空気に負けないよう正気を保ちながらO氏へ切り込んでいった。

O氏が見せた裏の顔


 まず、様子を見ながら質問していくことにした。距離間を大事にしなければ、すぐにでも殴りかかりそうな雰囲気をO氏が出していたからだ。

筆者「実際に援デリは存在するものなんですか?」
O氏 「はい。ありますよ」
筆者「具体的には、どうやって運営しているんですか?」
O氏 「それを聞いてどうすんの?」

 今までの明るい声ではなく、腹の底に響くようなドスの利いた声に変わった。前のめりになってグッと顔を近づけてくるO氏。あまりの威圧感に声が出なくなる筆者。

O氏「まぁ、いいや」
筆者「…」
O氏「どうやって運営してるかなんて、今日会った知らねぇヤツに教えないから」
 
「立ち入り禁止」の看板を立てられたように思えた(実際には見えないのだが)。O氏は携帯を2台持っていて、常にそれを弄っている。筆者はその様子をジッと見ていた。

O氏「ごめんね。急に忙しくなっちゃって」
筆者「いえいえ、大丈夫です」
O氏「今ね、お客さんと連絡取ってるのよ」
筆者「お客さん?」
O氏「そうそう、こうやってね」

 O氏はそう言って携帯を見せてくれた。そこには、普段誰しもが使っているアプリと、女性として男性とやり取りしている一部が映っていた。
「仕事が忙しいから、また時間を見つけて飲みながら話しましょう」とO氏から言われ、その場は別れたのであった。

O氏の提案


 次の日の夜にO氏から連絡があり、「今飲んでいるので来ませんか?」とお誘いを受け、O氏がいる店へ向かう筆者。
 O氏は昨日の表情とは打って変わって、出会った時と同じような明るい表情だった。どこかホッとしながら朝まで飲み続け、同い年ということでウマが合ったのか、小さい頃の話をしたりしていた。

 飲み明かした朝。

O氏「援デリのこと知りたいんでしょ?」
筆者「そうですね」
O氏「ウチらだって、信用していない人間に何かを話すのはリスクがあるの分かるよね?」
筆者「もちろんです。当然ですよ」
O氏「いくら知り合いからの紹介でも俺が信用できないと無理だし、少しウチの事も知ってしまったからね」
筆者「どうすればいいですか?」





O氏「今から事務所に行くから、事務所で1週間生活してみてよ」

筆者「それは…さすがに仕事もあるので無理ですよ」
O氏「そっか」










O氏「お前、あんまりなめんなよ」

 このまま断ったら友人も怪しまれ、タダでは済まないかもしれない…。結局、『1週間だけ我慢すればいいんだ』と何度も唱えながら、O氏に連れられて事務所へ行くことにした筆者。
 その1週間が、衝撃的な毎日の連続だとは思いもしなかったのだ。

3日目1週間体験「打ち子」

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top