EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

悪徳出会い系サイトに1,000万円以上を支払った男性(76)、行き着いた先は借金地獄

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
悪徳出会い系サイトに1,000万円以上を支払った男性(76)、行き着いた先は借金地獄

 右の広告がシュールでワロタ。

2015年2月20日11時46分

 「出会い系」などの有料メール交換サイトを運営する業者が、悪質な脱税をしたとして告発される事件が相次いでいる。利益を生む背景には、お年寄りの利用者の増加があるようだ。メールの相手は業者が雇った「サクラ」が多いとみられ、お年寄りが詐欺的な手口の標的にされている。

 300万円あった貯金は底をつき、年金や火災保険も解約。借金を重ね、最後は自宅の電気代やガス代さえ払えなくなった――。

 東京都内で一人暮らしをしていた無職男性(76)は、昨秋までの3年間で九つの有料メール交換サイトに登録し、計1千万円以上を支払った。

 2011年秋。インターネット画面で「車をプレゼントします」という表示をクリックしたのが始まりだ。名前や連絡先を入力してメールを送ると、翌日から、見知らぬ女性からのメールが大量に届き始めた。

 「悩み相談に乗ってください」「会いたいです」(中略)

【出典:朝日新聞デジタル

毎回思うんだけど、1,000万も使うんだったらキャバクラか風俗行けよ・・・
サクラを相手にするよか7万倍いい思いが出来るのに・・・
ヤる夫(PC)
結局、高齢者は寂しいんだよな・・・
そういう需要があるんだから、「高齢者用のコミュニケーション施設」とかヒットしそうだが
ヤらない夫(喫煙)

5.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top