EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

現役女子高生がアレを脱ぐ!池袋のJK見学&リフレ店、『アキバ観光プラス』潜入レポート

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
現役女子高生がアレを脱ぐ!池袋のJK見学&リフレ店、『アキバ観光プラス』潜入レポート

【出典:アキバ観光プラスのお店情報】

ライターベアさん

 12月下旬。今年もあと数日を残すところ、筆者には1つの焦りがあった。

(来年になってもJKと遊ぶことはできるのだろうか…)

(よし…年内にもう1店行こう!)

 結果、「行けるうちに行っておくべし」という結論に至った。

 そして急遽、“現役女子高生が脱ぐOP”があると噂の店に足を運ぶことにした。
 また、今後についても、それとなく聞いてきたので参考にして頂きたい。

その名は“(※1)脱ぎ”


 店舗名は『アキバ観光プラス』、見学&リフレのハイブリット店だ。
 以前に本サイトでもレポートされた店舗、池袋の学園系リフレ店「A」の2号店という位置付けになるらしい。

Check女子高生をローアングルから見学可能!池袋の奇抜すぎる学園系リフレ店「A」

 アキバ観光プラスは老舗かつ見学&リフレの発祥らしいのだが、閉店やリニューアルを繰り返しており定かではない。

 最寄は池袋駅東口。欲望渦巻く繁華街からは少し離れた位置にあり、それなりの距離を歩くことになる。この季節は寒さが身に染みるが、2014年のJK納めだと思えば自然に足は速まる。

 現地に到着する。交番の隣に位置する建物は、以前もJKリフレ店が入っていたビルだった。
 記憶が定かではないが、地下の床屋が印象的で覚えている。
 当時は15歳のJKがリフレを行っており、OPでハグもした。
 その直後、規制と摘発の入った記憶が蘇る…。

 少し躊躇したが、意を決してエレベーターで上り、入口のドアを開け店内へ。

「いらっしゃいませ!」

 元気良く店員が迎えてくれた。
 カウンターの周囲には出勤嬢の写真がある。「18歳現役」が分かる様になっているのはありがたい。

 料金システムは下記の通り。

料金システム

●見学コース
・25分3,000円
・40分4,000円
・60分5,500円

●リフレコース
・30分4,000円
・45分5,000円

●見学+リフレコース
・見学15分+リフレ30分/6,000円
・見学20分+リフレ20分/5,000円

※指名は無料。

 割と良心的な価格設定だが、見学+リフレコースは時間と料金が統合されておらず、複雑化している印象を受けた。

 今回は「見学15分+リフレ30分」を選択する。指名は一律でも別々でもいいそうだ。
 個室に入ると、アイテムや造りなどは筆者がレポートした「G」と酷似しており、確かに“元祖”という主張には信憑性があった。

Check現役女子高生のお尻がすぐソコに!JK見学&リフレのハイブリット店、池袋「G」潜入レポート

 嬢は8人程度、待機部屋の左右を囲むように個室が設置されている。故に、嬢の顔を正面から確認することは困難だった。
 数分間のローテーション制のため、嬢が次々に来て股を開いてくれるのだが、見学時間は15分…早々に指名することにした。

 マジックミラーにへばり付くように確認を行い、現役の中ではバツグンに可愛いかったC(※2)嬢を「10分指名」。基本的に指名は無料だが、この場合は500円の料金が発生する。
 そして見学OPの“(※1)脱ぎ 2,000円”をオーダーした。

見学編.現役女子高生C嬢


 個室に戻ると、すぐに嬢がやって来た。

「○○番Cです。よろしくお願いします!」

 若干ギャル風の印象を受ける彼女は、カーテンを閉め始めた。…なるほど、パフォーマンス中は他の客には見えない様になっているようだ。

 そして台の上にC嬢が座り、下半身をローアングルから堪能する。
 おもむろに彼女は(※1)のボタンに手を掛け…外していく。
 1つ2つと外すと、白い肌と下着が露わになった。

(…おおおおおおおおお!!これはもうヤバい!!!)

 見学専門店のような激しいパフォーマンスは無いのだが、逆にそれがいい!
 ミラー越しに向かい合っているだけで、これからC嬢とナニをするかのような感覚に襲われる。
 “実際にいそうなギャル”の見た目が、より興奮を加速させる。

 アクリル板越しに指で擦ると、C嬢もそれに合わせて動いてくれる。
 …もう、本当に前戯しているようだ。
 現役の半裸がこれほどの破壊力を秘めていたとは!

 賢者タイムを迎え十分に堪能したところで時間となり、

「ありがとうございました~」

 カーテンが開かれ、C嬢のパフォーマンスは終了した。

リフレ編1.今後の営業方針を聞いてみた


 お次はリフレだ。
 リフレの指名料は基本料金に含まれている。
 見学嬢を引き続き指名することも、新たに別の嬢を指名することも出来る。

 筆者は楽しませてくれたC嬢をそのまま指名する。
 但し、今回は「今後のことを聞く」という目的も兼ねているため、エロいハプニングは起きない。
 挨拶もそこそこに、パフォーマンスの話でセクハラしつつ、来年以降について聞いてみた。

「あ~来年からの話ですか」

 やはり彼女たちの中でも話題らしい。
 C嬢の話をまとめるとこうだ。

・店(の経営者)からは、「辞めてくれ」とは言われていない。
・「万が一補導されたら親に連絡が入るかも」と言われた。
・C嬢自身は親バレNGのため辞める予定。

 まず驚いたのは、「18歳JKを使わない」という方針ではないこと。
 要するに、あくまでも自己責任で受け入れるようだ。
 しかし、実際にはC嬢のように、それでは安心して働けないというコも多いだろう。

 また、

「来月からお店の名前も変わりますよ」

とのことで、サービス内容にも何かしらの変更があってもおかしくはない。

「はやく卒業したいです。そのほうが色々働けるじゃないですか…。お姉ちゃんの身分証借りてやろっかな…」





(聞かなかったことにしよう)

 彼女たちもまた、たくましく生き残ろうとする気概が感じられた。

リフレ編2.パーフェクトS(※3)嬢


 実はこの店、リフレ中にチェンジが出来る。
 リフレには相性というものがあるため、色々な嬢を試せる仕組みになっているのだ。
 C嬢を堪能した筆者は、チェンジをしてみることに。

 貴重な話も聞かせて貰ったので、丁寧にお礼を言う。

「全然いいですよ、気にしないでください。あ、おススメはあのコですね!」

 すると、嬢から嬢を紹介される展開に。
『アキバ観光プラス』のNo.1だそうで、現役ではなかったが、折角なのでおススメされたS嬢に決定。

「こんばんは~!入りま~す!」

 元気良くS嬢が登場する。










 (小さい!細い!可愛い!)

 もはやJCと言われても違和感は無い。
 彼女は筆者のド真ん中だった。

 座ると距離が近い…。もう既に足が触れ合う位置に座っている。

「あ、じゃぁ手…よろしいですか?」

 すると、S嬢はハンドマッサージをし始めたのだ。
 手の筋肉を揉みほぐすように、両手でしっかりとマッサージをしてくれる。

 両手が終わると…

「他にマッサージして欲しい所ありますか?」

「腰かな」と伝えると…

「じゃあ、うつ伏せになってくださいね」

 なんと!!
 馬乗りになって腰をマッサージ!!!

 アキバ観光プラスは見学&リフレ店だから当たり前なのだが、筆者はここ最近、リフレ店でリフレを受けた記憶が無い。
『会話→OP→触ることしか考えない』という流れが定番だったからだ。
 ちなみにこの店では、リフレは有料OPとなっている。

オプション

・馬乗りリフレ/1,000円
・添い寝、逆リフレ、ハグ/2,000円
・お尻枕/3,000円
・素肌(※1)、水着、女の子掛け布団、ラップでチュー/4,000円


 今回は、無料サービスとして行ってくれたようだ。

 馬乗りになり、適度な強さでマッサージをしてくれるS嬢。久しく忘れていた感覚が蘇り、それだけで癒される。
 一方、お尻は背中の上に置いているので、背中越しにその柔らかさを堪能。

 また、会話や要所の気遣いがとても素晴らしく、その幼い外見とマッチし、はっきりとした主従関係を体験することが出来た。

(この嬢…できる…。パーフェクト嬢で間違いない!次はこのコを脱がそう!

 終了時間となり、丁寧な見送りを受けながら心に決めた筆者。
 アキバ観光プラスにはしばらく通うことになりそうだ。

総括

 料金などは良心的だが、やや曖昧で作り込みが甘い印象を受けた。
 見学専門店の料金設定に慣れていると、混乱するかもしれない。
 また、チェンジについては、する側はタダだから利用しやすいのだが、その辺りの判断や取り回しが嬢に委ねられてしまうため、乱用は避けたい。

 “脱ぎOP”のある見学店は少ないため、とても新鮮な体験が出来る。見学のみの利用もおススメだ。
 マジックミラーの透過率は、個室が暗いせいか、待機部屋からは見えていないと思われる。

 今回は無料で馬乗りリフレを堪能できたが、通常は有料OPとなっている。S嬢の厚意によるもので、決してタダで受けようとは思わないことだ。

 来年以降のJK店の動向については、「現役JK解雇」を宣言する店が多い中、『アキバ観光プラス』のような自由な店の存在は希望と言えるだろう。
 その反面、店舗リニューアルを決定した店も存在する。店側も彼女らも手探り状態なのだろう。
 しかしながら、実際に話を聞いてみると、JKビジネスは生き長らえるという確信を持つに至った。



JK店の存続はヤる夫にとっての死活問題だお!
今後の動向から目が離せないお!!
ヤる夫(どアップ)
これが2014年最後の記事だな
あと3時間もしないうちに年が明けるのか・・・
読者の皆様、来年も【EGweb】をよろしくお願いします
ヤらない夫
2015/02/02追記:現在、『アキバ観光プラス』に現役JKは居ません。同店で働いていた女子高生たちは『アキバ観光池袋作業所』へ移りました。

Check伏字部分は『公式メルマガ』で公開中!

おススメ記事(別サイト)池袋見学・リフレ店「アキバ観光(プラス)」体験談!サービス地雷で爆死の巻

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『アキバ観光プラス』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【悪用厳禁】「誰か泊めてください…」家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態
家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態(バナー)

5.0 rating

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] ⇒「現役女子高生がアレを脱ぐ!池袋のJK見学&リフレ店、『アキバ観光プラス』潜入レポート(EGweb)」 […]

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top