EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

名古屋の花ビラ回転ヘルス、『AVハーツ』納屋橋店に行ってきた

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
名古屋の花ビラ回転ヘルス、『AVハーツ』納屋橋店に行ってきた

【出典:AVハーツ 納屋橋店

ライター旅人

 今回は名古屋にあるヘルス、『AVハーツ』のレポートをお届けしよう。

『AVハーツ』は風俗情報誌によく載っている店だが、なんとこの店には“花ビラ回転”があるのだ。
 錦店と納屋橋(なやばし)店の2店舗があり、情報誌によると、片方が混んでいる時はもう片方の店舗を紹介するらしい。
 納屋橋付近のホテルに一泊するため、今回は納屋橋店へ向かう。

 時刻は22時。
 まずは店に電話をする。少し分かりづらい場所にあるので、ルートと料金システムを聞いてみた。

料金システム

●基本コース
・20分3,990円(2,990円+入浴料1,000円)/1回転
・40分7,990円(6,990円+入浴料1,000円)/2回転
・60分11,990円(10,990円+入浴料1,000円)/3回転


 ちなみに、40分コースは連続プレイとなる。
 60分コースは1人目が終わると、2人目は前立腺マッサージやアナル周辺の入念なマッサージを受ける。3人目は1人目と同様、口や手で抜いて貰うというシステムになっている。

出会い系ド素人の俺氏が女の子を口説いた方法を晒すwww
PCMAX(俺氏)

1人あたり20分、あっという間に時間が過ぎる


 電話で確認後、意外にもホテルから近い場所にあることにビックリしながら店へ。
 23時少し前に店に到着。階段を2階へ上がっていくと、入口を入ってすぐに受付がある。

 そこで先ほどの電話の内容と初めての旨を伝える。簡単な説明の後、どのコースを選ぶか、指名の有無などを聞かれた。当然、初めてなので指名はしない。せっかくだから60分3回転コースを選び、料金を支払う。

 10人程度は座れそうな広さの待合室に案内され、注意点が書かれた紙を渡される。
 そこには、「挿入禁止」、「指入れ禁止」などの禁止事項が記されていた。女の子1人あたりの時間は20分、そこまでは出来ないと思いながら順番を待つ。

 店内には2人の客がいた。
『3』と書かれた番号札を受け取り、待つこと数分。店員に呼ばれ3階に上がる。他の2人はと言うと、1人は2階の奥、もう1人は4階とバラバラに案内されていた。

 後に女の子に聞いた話だが、ほとんどの場合は同じ階に案内するとのこと。理由は「移動するのが楽だから」。今回は閉店間際のため、別々の階に案内したと予想する。

 どんな娘が相手をしてくれるのかとドキドキしながら案内に従う。店内にはハイテンポな音楽が流れている。時々DJばりにアナウンスが流れる。そのアナウンスは女の子がどの部屋に行くか、指名の有無を告げていた。
 だがそんな事はどうでもいい。今はただ女の子に会いたい。

 案内された部屋のドアが空き、中に入ると、女の子が三つ指をついてお出迎え。
 すぐに服を脱がされ、シャワーへと促される。部屋はかなり狭く、ベッドとシャワー室があるだけだ。
 時間が無いためすぐさまプレイ。女の子任せなのでされるがまま。あっという間に時間が過ぎ、1人目が終わる。

 1人目が出ていくと、すぐに2人目が入ってくる。3回転の場合、2人目の女の子はマッサージ担当だ。目の疲れを取るアイマスクを付け、オイルマッサージを受ける。この時、アナルなどもマッサージされる。
 マッサージが終わり、シャワーを浴びる。

 3人目の時間になり、マッサージ効果か愚息はビンビンに。20分のプレイを十分に堪能し、発射。
 シャワーを浴び、着替えを済ませて部屋を出ようとした時、彼女に「最後にもう1回フェラしてあげる」と言われ、ズボンのチャックが下ろされる。このサービスは予想していなかっただけに嬉しい。
 そのまま軽くフェラされた後、店を出た。

最後に

 1人1人の時間がもう少し長ければ、もっと楽しめただろう。
 数人で行く場合は、担当する女の子が被ることもあるので、プレイ後に感想会を開くのも面白いかもしれない(笑)
 こちらから手を出せないのは残念だが、女の子が変わる“花ビラ回転”は体験する価値がある。

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『AVハーツ』納屋橋店の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top