EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

昔出会い喫茶に行ったことを思い出した

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
昔出会い喫茶に行ったことを思い出した

【EGweb】運営者江川

 悪徳出会い系サイトとサクラは、切っても切れない関係にある。

 ほとんどのサイト運営者はサクラを雇い、売り上げのアップへと繋げていく。

 さて、サクラと言えば出会えないイメージがあるが、もし出会えるサクラがいたらどうだろうか?

 出会えるサクラは、『出会い喫茶』に存在しているのだ。

 出会い喫茶とは、男性に女の子と実際に会える場所を提供し、トークをして気に入った娘と外出することができる店を指す。

 客は店を介さずに女性と話すことはできない。

 マジックミラー越しに見える女の子を物色して指名し、店が設けるトークスペースにてその娘と会話をするというシステムだ。

 トークタイムは10~15分と短く、地域によっては料金を取る店もあり、1,000円~2,000円とそこそこのお金がかかる。

 お互いのフィーリングが合えば晴れてデート成立、一緒に外出することになるのだが…。

  俺が昔行った某出会い喫茶(地域、店名は覚えていない)でのこと、気に入った女の子がいたのでその娘を指名し、6分ほどの超絶短いトークタイムを経て、一緒に外出することになった。

 店外に出て2人でご飯を食べたあと、女の子が交通費を請求してきたのだ。

 その金額は、4,500円と高額だったのを鮮明に覚えている。

 当時の俺は、「付き合ってもらった手前、交通費くらいならいいか…」と思い、素直に応じた。

 だがよく考えてみると、そんな高い交通費で、彼女は一体どこへ向かうつもりだったのだろう?

 そして爽やかに「帰るね☆彡」と一言告げて去って行った。

 デートの所要時間はわずか40分。

 あまりにもムカついたので尾行してやろうと思ったが、さすがに止めておいた(笑)

 帰宅後にネットで調べてみると、おそらく彼女は『回転嬢』と呼ばれている店側のサクラだということが判明した。

 回転嬢は、基本的には悪徳出会い系サイトのサクラのようなポジションだが、1つだけ違う点がある。

 それは、超高待遇だということ。

 時給は最低でも5,000円からが多く、店でお菓子やジュースは飲食し放題、さらにインターネットを使ったり、漫画を読むこともできる。

 彼女たちにとってはネカフェのように利用でき、給料まで発生するため、かなりオイシイ場所と言えるだろう。

 しかし、回転嬢はその名のとおり、店を出ては戻るを繰り返し、新規客の相手をしなければならない。

 そのため、常連客にとっては、見知った顔の回転嬢は嫌われる存在となっているのだ。

 さらに出会い喫茶は、『割り切り』と呼ばれる売春の温床にもなっており、非常に黒い一面も持ち合わせている。

 出会い喫茶を利用する際は、余計な金を使わないよう、くれぐれも気をつけてほしい。

3.0 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間55万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. そんなのがあったのおだね

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top