EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【出会い系サイト】嫁姑問題のイライラを解消する人妻

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【出会い系サイト】嫁姑問題のイライラを解消する人妻

【出典:美容ブログ [女性の美学]

読者投稿43歳の男性

 人妻の明美とメールしていると、いつも身の上相談みたいになってしまう。
 30歳の彼女は、一回り以上も歳が違う僕のことを、相談相手としか見ていないようだ。

 僕はそれでも構わなかった。女性に頼りにされるのは悪い気がしないし、相談に乗ってあげていれば、いつかいいことがあるかもしれない。

 これは僕の本心だったし、明美にもそう言ったことがある。

「どうして私に親切にするの?」
「親切にしていれば、いつかエッチ出来るかもしれないだろ」

 このメールの後、しばらく彼女から返信が無かった。

(怒らせちゃったかな。もう遅いけど)

 まぁ仕方ないやと思っていたら、数日後に返信が来て、それにはこう書いてあった。

「そんなに私としたいの?」
「だって、そのための出会い系だし」
「そうね。考えとく」

 それから、彼女のメールは前と同じように、姑の愚痴や相談の内容に戻った。

 明美は同じ歳の男と結婚していたが、相手が初婚なのに対して、彼女はバツイチで子供までいた。
 姑はそのことが気に入らないようで、事あるたびに明美にきつく当たっていたようだ。
 最近は、明美のことを「中古の嫁」とまで言うようになったらしい。ここまでくると、もう嫁姑の関係修復は不可能だ。

 明美の唯一の息抜きは出会い系しか無かった。姑にいびられるたびに、彼女はいっそう出会い系にのめり込んでいった。

 彼女はパートで働いていた。家計を助けるためではない。姑とできるだけ顔を合わせないために、働きに出ていたのだ。

 どうやら明美は、これまで出会い系で何人かの男に身を任せてきたらしい。
 だけど、それでは何の解決にもならない。

 セックスで一時的にストレス解消できても、そのうちまたイライラが募ってくるからだ。

ここで出て行ったら悔しいじゃない


「今でも私とエッチしたいと思ってる?」

 突然明美がそう言ってきたのは、先月のことだった。

「もちろんだよ」
「じゃあ会いましょうか」

 すぐに話が決まって、僕たちは次の土曜日に会うことになった。

「友達が転職のことで相談したいと言うから」

 これが、彼女が出かける口実だった。
 念のため、友達にも口裏合わせとアリバイ工作を頼んであると言う。

 そこまでしなければならない嫁姑の関係って、かなりのものだと想像がつく。

「義母はあなたを追い出そうとしてるんだよ」

 僕は明美にそう言ったことがある。

 すると彼女は、

「そんなことは分かってる。だけど、ここで出て行ったら悔しいじゃない」

 そう答えたのだった。

 要するに女としての意地の張り合いなのだ。あんなババアに負けてたまるかっていうだけだ。
 でも、これって物凄いエネルギーの無駄遣いだよね。

 明美はやつれた顔をしていた。初めて僕に会うのだから、おめかししてきたはずなのだ。それでもやつれて見えるのだから、よほど疲弊していたのだろう。

 5時間くらい時間があると言うので、まずは食事をすることにした。
 和食の店に連れて行き、ちょっと豪華な物を食べながらゆっくり話を聞いてあげる。

 心の中のモヤモヤを引き出してやると、食事が終わる頃には、明美は見違えるように明るくなっていた。

 車に乗ると、僕は黙ってハンドルを握る。行き先はもう決まっていた。明美は明るい色のスカートに紺のブラウスを着て、姿勢よく助手席に座っている。
 誰かに見られたら困るからとサングラスを掛けているので、表情までは分からなかった。

 モーテルでは、明美は乱れに乱れた。

「思いきり声を出すけどいい?」
「構わないよ」

 キスをすると、すぐに「んっ、んっ」と閉じた唇からくぐもった声が漏れた。
「耳が感じる」と言うので、耳たぶ全体を口に入れて舐めながら「うー」と声を出すと、体をのけ反らせて悶えた。

 全体的に、程よく使い込まれた人妻の体という感じがした。素直に男を受け入れて、男の愛撫に反応する。まさにやりごろの女だ。

 正常位で挿入してゆっくり突いていく。根元まで入れて静かに出し入れすると、突然僕の肩を掴んで狂ったように悶え出した。

「うるさいでしょ、ごめんなさい」

 一瞬我に還ったように彼女は言った。

「そんなことないよ。好きなだけ声を出せばいい。今日はそのために来たんだから」

「ああ、嬉しい」

 明美は僕にしがみ付いて叫び、何度も絶頂に達した。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top