EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

ロリ系娘が在籍する大塚のピンサロ、『サロンド48』でイってみたwwwww

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
ロリ系娘が在籍する大塚のピンサロ、『サロンド48』でイってみたwwwww

【出典:サロンド48

ライターチャン小林

 最近は“人生なんてやだやだ病”にかかってしまい、もっぱら同じ風俗店に通っている「チャン小林」です。

 夜は仕事も出来ないほどになっていたが、気晴らしに散歩したり、アイドルの動画を見て過ごしていたら回復した。それと同時に、溜まっていた性欲が一気に爆発してしまう事態に。

 まだまだ引退するには早すぎると、自分の愚息に精力剤を注入している知り合いの某オーナー(60歳)に言われ、気合を入れ直した筆者である。
 いつかは筆者も自らの愚息に注入出来るような男になりたいものだが、今はまだ修行の身ということもあり、ひたすら経験を積んでいかなければならない。

「年内で大塚のピンサロ潜入を完了させる!!」という(勝手に掲げている)目標を達成するためには、ペースを上げなければならないのである。

 準備のため家でシャワーを浴び、愚息をいつもより丁寧に洗いながら、ハサミで愚息の毛をカットする。
 ちなみに毛をカットするのは、AV男優さんがタマなどを綺麗に剃っているのを真似したかったのだが、毎回の手入れに時間が掛かってしまうこともあり、結局カットにしているというどうでもいい理由である。

今は混んでまして…1回転だけなんです


 いざ電車に乗り大塚へ向かう。今回潜入するお店は既に決めていたのだ。

 前から行こうとしていたのだが、いつも待ち時間が40分以上でタイミングが合わなかった大人気のピンサロ、『サロンド48』である。
 お店の名前からも分かるように、大塚でも若い嬢が在籍していることで有名なのだ。

 大塚駅に着いたら北口改札を出て左へ向かうのだが、いつものピンサロが立ち並ぶ通りとは少し違う場所にあるので、気を付けて頂きたい。

『サロンド48』がある通り ※『サロンド48』がある通りに入ると、商店街に比べてひと気が無くなる。

お店までの道順

1.大塚駅北口を左に出る。
2.スターバックス右のみずほ銀行へ向かう。
3.みずほ銀行とパチンコ店の間にある通りを左に曲がる。
4.そのまま100mほど進むと、右手に『サロンド48』がある。


2階の店名 ※ビル2階の窓には店名が書いてある。

 お店はビルの2階にあるが、看板が出ているので分かりやすく、人の多い通りから1つ外れているので、周りを気にせずに入れる。

 階段を使って2階へ上がり、受付でお店のシステムについての説明を受ける筆者。

料金システム

・1回転20分/3,000円(女性1人)
・2回転30分/4,000円(女性2人)
・3回転30分/4,800円(女性3人)






 1回転と3回転の差額がなんと1,800円!?

 ケチな筆者は悩んだあげく、「3回転で!!」と受付に伝えたのだが…

スタッフ「あの~今は混んでまして…1回転だけなんです。すみません…」

 思い切った時に限って上手くいかないところが筆者っぽいのだが、正直残念である。

【卒業】童貞だけどネットで会った女とセクロスしたったwww
であ速

ごめんなさい!あまりに友達に似ててw


 渋々1回転の料金を支払い、フリーであれば待ち時間が無いとのことで、すんなりと店内へ案内された筆者。店内は思ったよりも明るく、周りが結構見えるではないか。

 筆者は視線を感じても問題なく興奮できるオールラウンドプレーヤーであり、明るい店内を気にすることなく席に座って嬢を待つ。だが職業柄、店内をくまなく見る癖があり、あまりにキョロキョロしてボーイさんに軽く注意を受ける筆者。

 じっと座り待つこと5、6分ほどで、茶髪のちょいギャル風な嬢が登場。
 見た目は20代前半くらいに見え、顔がロリっぽいところは筆者にとって嬉しい限りである。

 座ると同時に嬢から積極的に手を繋ぎ、筆者の切れ長の目を見つめてくるのだ。
 その視線からは、「次回は絶対指名してくださいね♪」オーラが出過ぎているような気がしてならない。

筆者「すごい見てるけど…何か顔変かな??」
 嬢「ごめんなさい!あまりに友達に似ててw」
筆者「そんなに友達に似てるの?」
 嬢「はい…ごめんなさい」

 友達に似ている筆者の愚息をこれから咥える嬢のハートに感心しながら、まったりとイチャイチャモードになるかと思いきや、あっさりと服を脱いでいく嬢。
 思ったよりもペースを握れず、このままだと地味に終わってしまう雰囲気が漂い始めたので、とりあえず無言で嬢のオッパイを揉む筆者。

筆者「オッパイの形いいね!プリンプリンってなってるよ!
 嬢「プリンプリンってw言われたことないですよ~♪オッパイ好きなんですか?」
筆者「30歳過ぎてるけど、ますます大好きになってるぐらい好きw」

 筆者の話に微笑み返す嬢だが、心の中では「つまらん親父」と思われている事を感じ取る。パンツを脱いでギンギンになっている愚息を綺麗にしてもらい、戦闘モード突入。

出会い系ド素人の俺氏が女の子を口説いた方法を晒すwww
俺氏が実践した出会い攻略@体験談

スッキリしたが、この日は愚息が勃ったまま


 まずはキスから始まり、舌を絡めるディープキスをしようと思ったのだが、嬢に「髭が痛いから…」とキスを避けられてしまったのである。
 リリーフランキーばりにカッコよく生やしていた髭は逆に裏目となったが、キスがダメならオッパイを舐めなければと思い、嬢にオッパイを舐めてもいいかと聞いてみたのだが、「乳首はあまり刺激しないでほしい」との要望が出たのだ。

 筆者はオッパイは乳首を弄ぶことも大事と認識していることから、テンションが落ちてしまいつつも、小振りで形のいいオッパイを舐めては吸ってを繰り返せば、少しは感じるはずだと思い直す。低レベルのテクニックを駆使して攻めてみると、微かだが嬢に反応が出始めたのである。

 大きな声でヨガル嬢がたまにいるのだが、わざとらしくなるので、筆者は我慢しながらも微かに漏れる喘ぎ声に興奮するのである。

 テンションを上げようと思った矢先、嬢から衝撃の言葉が発せられる。

 嬢「20分しかないので…オッパイばっかりで終わっちゃいますよ」
筆者「あっ!つい、夢中でオッパイを舐めていたよw」
 嬢「次は、攻守交代ですね♪」
筆者「お願いします!」

 ピンサロのフェラは大きく2つに分けられる。男性に背を向けるフェラと、背を向けないフェラである。筆者は背を向けるフェラは苦手なのである。
 嬢の表情を見られず、アソコも触りにくく、ただイカせる行為と感じてしまうため、思ったよりも気持ちが昂らないのだ。

 嬢は筆者が大好きな背を向けないフェラの体勢になってくれたことで、テンションと愚息もそそり立ち始める。嬢が愚息を舐めては咥える瞬間もしっかりと目に映り、AVでよくあるように髪を耳に掛けてあげる筆者。

筆者「根本まで咥えてもらのが、超気持ちいいよ」
 嬢「ジュルルルルッ、ジュポジュポ」
筆者「ヨダレの音がすんごいエロいね」

 嬢のアソコを指でサワサワするとあまり湿っておらず、奥への指入れは厳しいと思いつつも、指を1本だけゆっくり入れてみると、中は予想以上に愛液でヌレヌレになっていたのである。

 アソコがヌレヌレになればなるほど、嬢のフェラが激しくなっていくのが分かり、1本だった指を2本にしてみるとすんなり入る。嬢は気持ち良くなってきたのか、口から愚息を出して手コキに変え、悶え始めたのだ。

 手マンのテクニックに自己満足していると手コキ発射になってしまう。嬢のアソコから指を抜き、手コキからフェラへ戻してもらうことに。
 先ほどのようにヨダレの音を出しながら激しくされていると、数分も経たないうちに嬢の口内へ大量発射。

 スッキリした筆者であったが、この日は愚息が勃ったままなのである。
 嬢も笑いながら愚息を見ているのだが、3回転をしたかった筆者は相当溜まっているのだろう。

筆者「恥ずかしいけど、あと4回ぐらいはイケるかもw」
 嬢「どこかでヌいて帰らないと、変質者で捕まっちゃいますよw」

 バイアグラ愛飲者のようにギンギンを継続させながらも、笑顔でお店を後にしたのであった。

最後に

『サロンド48』は確かに嬢のレベルが高く、人気店なのも頷ける。
 HPを見ると、顔は隠されているがロリっぽい嬢がいそうな感じなので、次回も来店したいと思えるお店である。

 3回転が出来れば最高だったのに…と思いつつ、このままハシゴを決意する筆者。
 帰り道に『マッハGO!GO!』というリニューアルOPENしたピンサロがあることが分かり、いつの間にか向かっている筆者であった。



プリンプリンで吹いたwwwwwwwwww
ヤる夫(爆笑)
しかしメチャクチャ安いな・・・
女の子はちゃんと稼げているんだろうか?
ヤらない夫
2軒目最大10回転まで対応可能!大塚のピンサロ、『マッハGO!GO!』で2回転を堪能wwwww

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『サロンド48』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top