EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

被害者は見た!大阪府、“盗撮美人局事件”の犯行現場

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
被害者は見た!大阪府、“盗撮美人局事件”の犯行現場

 街中でよく見かけるミニスカートは、犯人が獲物を誘い寄せるためのワナだった――。

 今年9月10日、とある恐喝事件を起こした3名の容疑者が逮捕された。会社員の嵜村(さきむら)一郎容疑者(31)と、妻のパート従業員、風吹(ふぶき)容疑者(21)、そして元関西ジャニーズJr.の田中大樹容疑者(30)である。
 その事件は、新種の美人局の存在を浮き彫りにした。

 ミニスカートを穿かせた妻(風吹)をわざと盗撮させ、近くで見張っていた夫(嵜村)と田中が盗撮者を脅して示談金を要求する。それは“盗撮美人局”と言うべき手法だった。

 詳細は以下の記事を参照して欲しい。

Check悩殺ミニスカ妻、実は盗撮おとり役!? 恐喝夫婦を逮捕
Check元関西ジャニーズJr.田中大樹「盗撮美人局」で逮捕!わざと撮らせてカネ巻き上げ

 通常、美人局は児童買春や不貞行為をネタに脅すのだが、盗撮を利用した事案はこれまでに例が無い(もっとも、表面化していなかっただけだろうが)。

 先月29日、匿名の男性(以下、X氏)から本事件に関する情報が寄せられた。
 彼は昨年、大阪府で盗撮美人局の被害に遭ったと言う。

X氏が見た“盗撮美人局”


 既婚者のX氏は、ある会社の幹部社員をしている。基本的には真面目に働いている彼だが、女子大生との割り切りを趣味とする裏の顔もあった。

 昨年の夏頃、割り切りで会った女性をどうしても撮影したくなり、ネットで知った「無音カメラ」のアプリをスマホにインストールした。

(ちょっとくらいなら…)

 これが、X氏の最大の失敗だった。

 アプリをインストールしてからというもの、普段は気にならない電車内の女性を妙に意識するようになった。

 ある日、たまたま乗った電車での事。
 前に座っていた女性が、とんでもなく短いスカートを穿いて脚を開いている姿が目に入った。
 眼前には、ミニスカートで両脚を大きく開放する女性がいる。
 つい、X氏は無音カメラのシャッターを押した。

 当時の心境を、彼は「たまたま座ったと言うより、女性の股間に吸い寄せられたんだと思います」と語っている。

 駅に到着したX氏は、改札を降りたところで何者かに背後から肩を掴まれ、トイレに連れ込まれた。
 その相手は、ミニスカ女性の右隣に座っていた男だった。

「盗撮したやろ、オッサン!」
「駅員に報告しようか?」
「こういう軽犯罪の罰金は3万以上らしいな」


 そう立て続けに凄まれた。

 X氏は突然の出来事に驚いたが、盗撮したことは事実であり、確認はしていないものの、おそらく写真には下着が写っている。また、社会的地位を守るため、いかにして丸く収めるかを考え、『金で済む事なら払ってしまおう』との結論に達した。

 そこからは仲の良い友人同士のように、肩を並べてATMを目指した。
 道中、男は呪文のように

「罰金は3万円らしいな」
「わいはそれしか言わへんで」

と唱えていた。

 金銭を要求していたら、万が一逮捕された時に刑罰が重くなるため、相手が自主的に金を払うように仕向ける。これが恐喝犯の常套手段である。
 男はこのことを知っていた。

 X氏はATMで5万円を下ろし、男に手渡す。

「わいは何も要求してへん。オッサンが勝手に小遣いくれたんやからな」

 そう吐き捨てるように言い残し、男は梅田の地下街を歩き去って行った。

「後から考えれば、あのミニスカート女はグルだったんだと思います」

 X氏はこう述べている。

 不幸中の幸いだったのは、身分証明書の提示を要求されず、暴力を振るうような仲間も現れず、かつ少額の金銭被害で済んだことだ。
 もし名刺や免許証等から個人情報を握られていたら…X氏でなくともゾッとする。

 X氏は、この時に上手くいった経験から、件の男が犯行を繰り返したのではと考えている。
 冒頭のニュースを見ると、容疑者らの要求した示談金は50万円。結果的に脅し取った金銭は1万円だが、その要求額は、X氏が言われた「3万円」を大きく上回っている。

 また、嵜村容疑者は「1年ほど前に妻が盗撮被害に遭って思いついた。これまで20回くらいやった。簡単に金が手に入り癖になった」と供述している。
 X氏が“盗撮美人局”に遭遇したのは昨年夏頃。時期も一致しており、彼が最初の被害者であった可能性もあり得る。

 X氏を恐喝した男が、今回逮捕された容疑者の中にいるなら良いのだが、そうでない場合、まだまだ同様の犯罪が起こる危険性もある。もしくは、既に起きているのかもしれない。

最後に

 性犯罪者には常習犯が多い。それは盗撮も同様だ。

「簡単に成功したから、次も上手くいく」

 このような思考が罪の意識を麻痺させ、スリルや快感を求めて習慣化していく。
 そうなってしまえば、愚行は最後の時まで止まらない。

 俺は取材のために“必撮(ひっさつ)アイテム”を持っているが、女性の下着や裸体を撮影した事は一度も無い。何故なら、そのような盗撮行為の末路を知っているからだ。

 冒頭の事件では、容疑者らが盗撮されることを想定しており、「人を著しく羞恥させる」という府迷惑防止条例上の盗撮にはあたらないと見ている。
 つまり、被害者は「盗撮を促された」として、罪に問われなかったのだ。

(これがあれば、また間違いを起こしてしまう)

 そう考え、X氏はすぐに例のアプリを削除した。賢明な判断である。
 1年前の盗撮美人局事件は、彼にとって荒療治になったことは間違いない。

 ネット上では実に様々な形のカメラが流通しているが、それらは「防犯機器」として販売されている。記事中に登場した「無音カメラ」アプリを含め、読者諸兄は誤った使い方をせぬよう、扱いにはくれぐれも注意して欲しい。

4.5 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間55万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top