EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【ストリートナンパ奮闘記】2日目.初バンゲ達成

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【ストリートナンパ奮闘記】2日目.初バンゲ達成

シリーズ物【ストリートナンパ奮闘記】

ライターgumi

 前回の人生初ナンパは「0バンゲ」という散々な結果に終わったが、このまま引き下がるワケにはいかない。
 とりあえずは「1バンゲ」を目標にしようと思う。

 とは言え、今回はN氏のレクチャーを受けられない。完ソロ(完全に1人でのナンパ)だ。
 全て自分で考え、行動しなければならない。

 前回の初ナンパを振り返ってみると、特に反省すべき点が3つあった。

その1純粋に会話の広げ方がヘタクソ。
その2「押し」が足りない。
その3ブーメラン(こちらの連絡先を一方的に教えること)をしなかった。

 今回はこれらの反省点を踏まえながらナンパしていく。

某駅周辺にてナンパ開始


 今回も前回と同じ駅でのナンパだ。
 この日は日曜日だったので人は多いが、ほとんどが2人組、あるいは複数で行動している女の子ばかり。1人で歩いている女の子が全くいない…。
 とりあえず、駅周辺をウロウロすることに。

 すると、駅から1人の女の子が出てきた。
 早速声を掛ける。

1人目.その辺にいそうな大学生

・19歳
・顔は微妙
・見た目はその辺にいそうな大学生

「すいません」
「はい」

「これからどっか行くんですか?」
「はい、○○に行く途中です」

「友達と待ち合わせとか?」
「はい、そうですねw」

「そうなんだ。○○行って買い物でもするの?」
「はい、通勤に使うバスの定期券買おうと思っててw」

「通勤か。てか社会人なんだ!何歳?」
「19です!3月に高校卒表したばっかりで今は事務の仕事してますw」

 てっきり大学生かと思ったが、社会人だったようだ。
 てか反応がメチャクチャいいぞ。

「まだ10代なんだね!ハタチくらいかなと思ったけどw」
「来年ハタチですよ~w来年にやっとお酒飲めますw」

「いやいや、もう普通にお酒飲んでるっしょ?w」
「あははははwバレました?w」

 ある程度和んだ後、連絡先交換を打診してみる。

「てか気になって声掛けたんだけど、良かったらLINE交換しない?」
「えっ、それはちょっと…w」

「なんでなんでw」
「ちょっと……すいませんw」

 良い流れだと思ったが、またしてもアウトw
 なぜだぁぁぁぁww
 しかし、これで終わるワケにはいかないので、ブーメランを打診してみる。

「じゃあさじゃあさ、俺のLINE教えるから、もし良かったら後で連絡ちょうだい!嫌だったら消去していいからw」
「あっ、それなら大丈夫ですけど…」

 こんな感じで一方的に教えることには成功したが、結局この子からはその後も連絡が来ずww
 バンゲまでの道のりはまだまだ遠いようだ。

 しばらく駅周辺をウロつくも、ソロ案件が中々いない。
 交通量調査をしている人に怪しまれつつ、ひたすらソロ案件を探す。

 すると、1人で歩いている綺麗なお姉さんを発見。
 すかさず声掛け。

2人目.綺麗系お姉さん

・26~28歳くらい
・お姉さん系
・背は小さいけど落ち着いていて綺麗

「すいません」
「はい」

「ちょっと気になって声掛けたんですけど」
「www」

綺麗系お姉さん ここでビタ止めに成功。

 色気と気品を兼ね備えているお姉さんだ。
 ここは少し紳士的に話しかけてみることにする。

「今帰るところですか?」
「はい、さっきまで買い物してて帰るところでした」

「そうなんですね。ちょっと勇気を振り絞って声掛けてみたんですけどw」
「あぁ、はいw」

 綺麗な女性を前にしてかなり緊張したが、この後に地元の話題などでそこそこ盛りがった。
 明らかに年上っぽいので、あえて歳は聞かず。
 そして直感的に、連絡先交換ではなく食事へ誘ってみることにした。

「じゃあ今度お食事でもどうですか?w」
「あぁ、あのー、なんか今、付き合ったばかりの彼氏がいまして…」

 ここで折れないのが今回の俺。

「あ、そうなんですね。ラブラブですか?w」
「ん~、なんか別にそんな感じではなく、お互いあっさりした感じですw」

「あっさりですかwじゃあ、これから彼氏さんと色々ケンカとかすると思うんで、その時に相談とか乗りますんで連絡先交換しときましょうw」
「wwwwwwえぇぇwwww」

 かなり笑ってくれて反応は良い。
 イケるか?

「大丈夫です…w」
「ダメですか?wもったいないなーw」

「もっと私よりピチピチなかわいい子たくさんいるんで、そういう子ナンパしたほうが良いと思いますよ~w」
「いやいや、そういうピチピチした子には興味なくて、お姉さんみたいな落ち着いた感じの女性が好きなんですw」
「え~wwwでもちょっと……」

 ん~厳しい!
 しょうがないのでブーメランを投げてみる。

「じゃあ俺が連絡先教えるんで、連絡するかしないかはお姉さんに任せます!ウザかったら消してください!それで良いですか?w」
「ん~……じゃあそれなら…」

 結果的にはこちらの番号を教えることに成功。
 俺の名前入りで登録してくれたようだが、未だに連絡は来ず。

 凄い綺麗なお姉さんだったからバンゲしたかったな~w
 てかこうして振り返ってみると、全然紳士的じゃないことに気づくw

 気を取り直して、今度は下手に動かず、駅の出入り口から出てくるソロ案件を待ち伏せする作戦に変更。
 これが功を奏し、すぐさまソロ案件が現れた。

 どうやら誰かと待ち合わせをしているようだが、とりあえず声掛け。

3人目.新垣結衣似の美少女

・18~20歳くらい
・ガッキーに似てる
・めちゃくちゃスタイルが良くて小顔

「誰かと待ち合わせですか?」
「!?(無言で頷く)」

 かなりビックリした様子。

「友達と?」
「うん」

「何歳?」





「17…」





 ファッ!?
 まさかのミテコ(未成年)である。
 最近のJKマセすぎだろ…w

 あくまでも18歳以上をターゲットにしていたが、せっかくなのでバンゲを狙ってみる。

「17…?17!?w」
「う、うんw」

「マジかw ってことは高校生だよね?」
「そうw」

「めちゃくちゃ大人っぽいねw」
「wwww」

「てかガッキーみたいだよねw 言われるっしょ?」
「えぇぇぇww全然だよ!w」

「○×市のガッキーだわww」
「なにそれ意味わかんないw」

 てかメチャクチャ可愛いwスタイル良すぎww脚エロすぎwww
 脚フェチの俺としてはどストライクの女の子だ。

新垣結衣似の美少女
「てかぶっちゃけ同級生の男子とか興味ないっしょ?」
「なんでわかるの!?全く興味ないw年上しか興味ないw」

「だと思ったwそんな感じするもんw」
「お兄さんすごーいw」

 この時ばかりはかなり冴えていた。
 その後も反応は良く、適度に和んでからLINE交換を打診。

「じゃあLINE交換しよっか!」
「いいよー!」

 あっさり初バンゲ成功w
 JKということで、紳士的ではなくノリの良い感じで話してみたが、それが幸いしたのだろうか?
 てか最近のJKって警戒心なさすぎだろ…。

 念願の初バンゲに成功したので、このまま波に乗りたいところだ。
 駅の出入り口で再び女の子を待ち伏せしていると、1人で出てきたギャルを確認。
 すかさず声掛け。

4人目.よく見たらブサイクなギャル

・18~20歳くらい
・スタイルが良いギャル系
・顔はよく見たらブサイク

「すいません」
「うわびっくりしたーw」

「wwwwwwww」
「えーなにーwww」

「これからどっか行くの?買い物?」
「いや、待ち合わせ」

「誰と?友達?」
「いや、彼氏彼氏wあっちでもう待ってる」

 ギャルが指差した方向を見ると、約100メートル先にいかにもガラの悪そうな男2人組を発見。

「あーわかったwじゃあねw」

 危険を感じ、速攻で退散w
 ナンパの一部始終を見られていたらマズイので、一時的に逃げることに。
 しばらく身を潜め、駅の出入り口でナンパ再開。

 と思いきや、先ほどのガラの悪そうな男たちが駅に戻ってきた。

(これはヤバイwwシメられるww)

 駅から歩いて2分ほどの所に交番があったので、その交番方面へ逃げる俺。
 こういう事態に備え、予め想定していた行動を取った。

 しかし、ガラの悪そうな男たちはそのまま駅に入っていった。
 駅の中で俺のことを探しているかもしれないので、ひとまず撤退。
 俺の勘違いだったのかもしれないが、声掛けとはまた別の恐怖を味わったw

 歩き回って腹が減ったので、コンビニでパンを購入。
 車の中でムシャムシャ食っていると、スタイルの良い黒髪の女の子が1人でコンビニに入っていった。

 車内から店内の女の子を監視する俺。
 端から見れば完全に不審者であるw

 女の子がコンビニから出てきたので、急いで車から降りて追跡し、声を掛ける。

5人目.黒髪清楚系美人

・黒髪清楚系
・目鼻立ちが整っていて美人
・高身長でスタイルが良い

「すいません」
「はいっ」

「今帰るとこですか?」
「はい」

 ここでビタ止めに成功。

「大学生ですか?」
「違います。社会人です」

「何歳ですか?」
「23歳です」

「ちょっと今気になって声掛けたんですけど、さっきコンビニにいましたよね」
「いました…」

「自分もコンビニにいたんですけど、声掛けなきゃ後悔すると思って声掛けちゃいましたw」
「あ…はい…」

 かなり困惑している様子だが、表情を見る限り反応は悪くない。
 ビタ止めした場所が車通りの激しい道路沿いだったので、移動することに。

「ちょっとここ危ないから少し歩きましょう」
「はい」

「コンビニで何買ったんですか?」
「レーズンパンですw」

「あー俺それ苦手かもw お子ちゃまだからカレーパンとかしか食えないw」
「wwwでもカレーパン美味しいですよねw」

 そして人通りの少ない静かな場所に到着。
 バンゲを打診してみる。

「じゃあせっかくなんで連絡先交換でもしましょう」
「あ~今日携帯持ってくるの忘れたんで…」

(絶対ウソやん…無理っぽいなこれ…)

「あ~マジかwじゃあ俺の連絡先だけ教えとくんで、もし良かったら連絡してもらっていいですか?」
「あ、はい…」

「これさっき書いたんですけど」

 俺はアドレスとLINEのIDが書いてあるメモを渡した。
「さっき書いた」と言ったが、実は前もって財布に入れておいた物である。

「携帯持ってくるの忘れた」というかなり嘘っぽい逃げ方をされたので、連絡は来ないだろうと思っていたのだが…





ブーメラン成功 意外や意外、その子からメールが来た。





 だが携帯メールからではなく、なんと「Gmail」で送ってきやがったww
 まぁ、とりあえずはブーメランに成功したので良しとしよう。

最後に

 今回は5人に声を掛け、結果は2バンゲとなった。
 5人という人数を見ると、そんなに長時間やっていないように感じると思うが、実はこれでも5、6時間近くナンパしているww
 5、6時間で5人にしか声を掛けられないのは俺の技量不足だが、ソロ案件が少なかったこともあり、その辺は加味して頂きたい(田舎なので、そもそも人が少ない…w)。

 まぁしかし、念願の初バンゲを達成し、ブーメランにも成功することが出来たので、内容的には満足のいく1日だった。
 今回バンゲした2人をアポまで持っていけたなら、この【ストリートナンパ奮闘記】で紹介したいと思う。

 次回へ続く。



管理人が3人目で狂おしいほど嫉妬してたおwwwwwwwwww
ヤる夫(パーだお)
2回目にして完ソロ、バンゲ成功率は40%、gumi氏の潜在能力がヤバイな・・・
ヤらない夫
3日目超絶美少女のバンゲに成功

5.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top