EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

元風俗カメラマンが聞いた!デリヘル嬢の裏事情

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
元風俗カメラマンが聞いた!デリヘル嬢の裏事情

※画像はイメージです。

読者投稿40代半ばの男性

 私は昔、キャバクラやピンサロ、ソープなどの宣材撮影(店舗用パネルやカード、在籍嬢の宣伝用写真の撮影)を何十軒も行っていました。

 本業が終わってからのアルバイト。
 デカいアルミケースと三脚を抱えてドサ回りです。
 金が無かったので、風俗店からの撮影依頼は実にありがたかったですね。

デリヘルを開店するから、嬢の写真を撮って欲しい


 しかし、今現在は引退しています。何故なら、デジカメがこれだけ普及し、さらに素人でも簡単に扱える画像編集ソフトが充実しているので、店側もわざわざカメラマンなど雇わなくなったからです。
 カメラマンは店のアルバイト君で十分。安物デジイチ(デジタル一眼レフカメラの略)とストロボ2基、そしてフォトショップがあれば、誰でも簡単に宣材写真を作成できます。
 写真屋にとって、これらの普及は嬉しくもあり悲しいのが本音でしょう。

 ところがこの夏、随分昔にお世話になったキャバクラ店のオーナーさんから久しぶりに連絡が。
「デリヘルを開店するから、嬢の写真を撮って欲しい」という依頼でした。
 過去に散々お世話になっていた社長なので、もちろん快諾。

 撮影当日、スタッフ2人を引き連れて都内のキャバクラ店へ向かうと、既に20人以上のデリヘル嬢が待機していました。10代から40代まで様々です。
 風俗嬢は一般人に比べて撮影慣れしているので、テンポが非常に早いんです。しかもファッション誌とは違い、被写体が主体なので、難易度的にはどこかのコスプレ撮影会くらい簡単です。

 また、宣材写真は100%修正が入ります。美白は挨拶代わりとして、シミやシワは全て消去。エラ張り、デカメンの子は一回り小顔にし、歯は丸ごとクリスタル処理。当然ながらボディーラインも整えます。
 今の業務用編集ソフトで出来ないことはありません。
 私の顔をキムタク以上のイケメンにすることなど、10分もあれば可能です(笑)
 逆にキムタクを私の顔にすることは、相当な修正習熟度が要求されますが…。

 カンペキ詐欺ですよね(笑)だから私は風俗には行かないのです…。

30歳までに3,500万円貯めるんです。あと600万円


 そんな中、撮影時に随分フレンドリーな子がいました。今回登場する28歳のMちゃんです。
 Mちゃんは都内バスガイドからキャバクラ店へ、そしてデリ嬢に転身したそうです。
 撮影中、彼女が話しかけてきました。

「シュワちゃんみたいだね。胸板凄いわ。プロなの?」
「そうだよ。でも俺はスタローンの方が好きだな」
「私は筋肉フェチだからどっちも好き」

 こんな感じで話が弾み、メアドを交換してその日は終了。
 これが7月の話です。

 そしてつい先日、彼女からメールが。

「お久しぶりです。メールください」
「ご無沙汰。仕事はどうですか?」
「もう辞めようと思って」
「そう。今日は?」
「暇だからメールしましたw」
「じゃ、食事でも行く?」
「行きた~い」

 そのまま品川で食事をすることになりました。

「Mちゃん、昔バスガイドしてたんだよね?」
「そう、やってた。でも、時間が不規則すぎて辞めたんだ」
「ガイドも大変そうだよな」
「面白かったと言えば面白かったけどね。若い田舎の高校生とか当たった時にはアイドルばりにモテるからね(笑)」
「Mちゃん美人だし、スタイル良いからモテるだろ?高校生あたりはやりたい盛りだから、Mちゃん見ながら妄想してたんだよ」
「そういう日は、ちょっと巻いてミニスカにしてサービスしてたんだよw」
「最高のオカズだ!」

「でも、2年で辞めたんだ」
「で、キャバクラ?」
「そう。あまりの高収入に驚いた」
「そりゃそうだ」
「貯金残高がゲームのポイントみたいに上がったからね」
「稼ぐ子は、月100万なんて普通に稼ぐもんな。8ケタの大台になった?」
「とっくですよ!株とFXでも800万円くらい儲けましたから」
「スゲッ!俺なんか確実な銘柄しか買わないから塩漬け状態のまま…」
「30歳までに3,500万円貯めるんです。あと600万円」

 食事をしながら彼女の話を聞いていましたが、Mちゃんは日中にデリヘルで働き、夜はキャバクラ、こんな生活を送っています。
 しかし、やはりデリヘルはリスクが高く、思ったより金にならないので辞めたいそうです。
 話の流れで、私が個人的に撮影をしていることが分かると…

「私で良ければ撮影しても良いですよ!」
「今から?」
「もちろん。今日はお店休みだから暇だし」

 正直に言うと、一度宣材撮影をしている子なのであまり気は進みませんでしたが、ミニスカから伸びる誰もが振り向く妖艶な脚に負けて、撮影すべくラブホへ。

どんなに良いお客でもタダでは絶対にしません


 撮影しながら、デリの仕事内容について話しました。

Mちゃん1「デリヘルきつい?」
「キツイですね。それに危険ですよ。社長に勧められて始めたようなものだから、基本乗り気じゃなかったんですよ」



「危ない目に遭った?」
「もちろん」
「どんな?」
「その現場の中でというより、ストーカーされました。何人にも」
「危険だな」

「それに、結局本番するから体も疲れますね」
「デリって、本番NGじゃなかったっけ?」
「基本は。でも、それじゃお金になりませんから。料金プラス1万円で本番しますよ。嫌な客じゃなければ。どんなに良いお客でもタダでは絶対にしません」
「1万円は取っ払いか?」
「ですね。事務所にバレると厄介ですから」

Mちゃん2「変な客も多いだろ?」
「つ~か、変な客しかいませんよ」
「例えば?」
「一番酷かったのは即尺希望の客。パンツ下げた瞬間、今まで嗅いだことがない臭いがして、よく見ると白やクリーム色のべっとりした恥垢みたいのがビッシリ付いていて、無理矢理フェラされそうになったの!」
「うわっ!最悪!!そんなの絶対に無理だろ?」
「無理無理!!断ったら騒ぎ始めたから、すぐに事務所に電話してキャンセルしてもらった」
「酷いな~。病気になりそう」

「あとは、断ったのに無理矢理挿入されそうになったり、『おしっこ飲みたい』って言われてコップに入れて飲まれたり…そんなのばっかりでしたよ」
「もう止めよう。気持ち悪くなってきたw」

「●●(私)さんはデリ経験は?」
「無い。今後も無いな」
「モテないんだろうな~って感じの奴しか来ませんね。あとは、家族から一切見放されたような中年。あと、時々私より若いイケメンが来たりするんですけど、精神的に問題アリって感じの男ですね」
「そうなんだ」

「でも、客は金にしか見えないから関係ないんです。私も3,500万円貯まった瞬間、この業界から身を引きますから」
「事業やるの?」
「海外でやりたいことがあるんです」
「アドベンチャーだな」

 しかし、やはりデリヘルはエグい世界ですね。
 Mちゃんは2ヶ月で約70人と会い、50人弱とエッチしたそうです。1ヶ月の給料がデリだけで50万円、キャバと合わせると120万円と言うから驚きです。そりゃ、1,000万円なんてすぐに貯金できる訳だ。

 ですが中には、ゴムを付ける振りをして中出しされ、妊娠したデリ嬢や、ヴァギナを指で激しくかき回され、爪で傷を付けられて、救急車で運ばれるほどの大怪我をした嬢もいたとか。
 恐ろしい…まさにハイリスクハイリターンです。

 こういった裏事情は聞いていて実に面白いので、時間があっという間に過ぎてしまいます。
 その他、ここでは書けない内容もごっそり出てきました。

 Mちゃんは実にハッキリした性格で、物事を完全に割り切って考えているようです。
 Mちゃん曰く、生活費の為に風俗で働いている人は、大概悪い辞め方をして音信不通になるとのこと。

 撮影も終了し、そのまま解散しました。彼女はプロなので、利益の出ないセックスはしないようですし、私も業者相手のセックスはしないので、今回はお喋りと撮影のみです。
 やっぱり私は、恥ずかしがりながらM字開脚をするような子が大好きです。

 しかし、30歳までに3,500万円って!
 私が30歳の頃は、貯金なんて5万円くらいしか無かったですよ(笑)
 いや、貯金どころか借金だらけだったような気がします。

 女性は稼ごうと思えばガンガン稼げるから凄いですよね。
 私も若くてイケメンだったらホストとかやって、女から金を巻き上げてみたかったです。

 さぞかし楽しい毎日でしょうね(笑)



今の時代は年金を納めるより、自分の身は貯金で守ったほうがいいと思うんだ
ヤる夫(PC)
年金は国家ぐるみの詐欺だからな・・・
まぁ貯金は大事だな
ヤらない夫(喫煙)

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top