EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

今さら聞けない「ニコ生用語」14選

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
今さら聞けない「ニコ生用語」14選

ニコ生で配信者として活動するにあたって、欠かせない用語をまとめました。

ライブストリーミング


『ライブストリーミング』とは、映像や音声をリアルタイムに配信する機能を指します。

『ライブストリーミングサイト』とは、ライブストリーミング機能を提供しているWebサイトを指します。

ニコニコ動画


『ニコニコ動画』とは、株式会社ドワンゴが提供している動画共有サービスを指し、通称「ニコ動」と呼ばれて親しまれています。

 そこでは常に動画投稿やコメントが絶えず、日本最大級の動画共有サイトとも⾔えるでしょう。

 同サイトではあらゆるジャンルの動画がアップロードされており、様々なユーザーを楽しませてくれます。

 基本的にユーザーは、動画を閲覧したりコメントを書き込むことによって、動画を通じて他会員との簡易な交流を楽しめる場として成り立っています。

ニコニコ生放送


『ニコニコ生放送』とは、株式会社ニワンゴが提供している『ニコニコ動画』のサービスの1つで、ライブストリーミングの動画共有サービスを指します。

 通称「ニコ生」と呼ばれて親しまれており、ユーザーはニコ動を介して全国にライブ配信をすることができます。

 このサービスは非常に魅力的であり、自宅にいながら気軽に放送できることから、その利便性は素晴らしいものがあります。

 あなたの思想や考え方、ライフスタイル、ユーザーとの交流などの主張を、全国に広めることができるのです。

 また、ニコ生には様々なジャンルが存在して区別されており、あなたのスタイルに合った生放送を行うことも可能です。

 ニコ生はユーザー層が非常に幅広く、下は小学生から上は70代の方まで利用している万人向けサービスです。

 裏を返せば、「これだけ幅広い年齢層の女の子と出会うチャンスがある」ということになります。

一般会員


 ニコニコ動画を利用するために登録した、無料会員を指します。

プレミアム会員


 ニコニコ動画内でのサービスにおいて、『一般会員』よりも優れたサービスを受けることのできる特別会員を指します。

 月額525円と安価で、WEBマネーやクレジットカードで支払いをすることができ、会費以上の恩恵を受けることができます。

 ニコニコ生放送は、プレミアム会員登録及びコミュニティを作成しないと行うことができません。

ニコニコミュニティ


 情報を共有したいユーザーが作成する、ニコ動内でのコミュニティを指します。

 プレミアム会員のみが開設し、管理者になることができます。

生主(なまぬし)


 ニコ生で生放送をする放送主(配信者)を指します。

顔出し放送


『顔出し放送』とは、生主が配信画面で自身の顔を公開して放送することを指します。

リスナー


 ニコ生を視聴するユーザーを指します。

初見リスナー(しょけんリスナー)


『初見リスナー』(通称:初見さん)とは、放送を初めて閲覧するリスナーを指します。

 初見さんはコミュニティ人数を増やすためにも大切な存在です。

 常に魅力的な放送を心がけ、積極的な新規リスナーの獲得に努めましょう。

常連リスナー


『常連リスナー』(通称:常連さん)とは、放送のリピーターとなっているリスナーを指します。

 常連さんの確保が、生放送で出会うための最重要課題です。

コテハン(固定ハンドルネーム)


 インターネット上で使用する架空の名前を指します。

 例えば、「獄悪鬼」や「大天使ミカエル」などがこれに当たります。

 コテハンは、このように実名とかけ離れた名前が非常に多いのです。

凸(とつ)


『Skype・LINE』(インターネット無料通話サービス)を使用して、放送中の生主に対して通話をすることを指します。

 凸には喧嘩凸やネタ凸など様々な種類があり、ニコ生を盛り上げるためのジャンルの1つとして確⽴されています。

オフ会


『オフ会』とは、ネット上で何らかの関係を持った人々が、実際に会合を開くことを指します。

「オフ」の由来は、スイッチのオン・オフにちなんでいるようです。

2.5 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間50万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top