EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

会う前にセックスを確定させるテクニック、「メールギラ」とは?

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
会う前にセックスを確定させるテクニック、「メールギラ」とは?

ライターgumi

 大半のネットナンパ師(出会い厨)は、ただ単に女性と出会うことを目的にしているのではなく、会った後の女性とのセックスを目的にしている人が多いと思うが、必ずしもセックスできるとは限らない。
 私もネットナンパをする際、基本的にはセックスまでという感じだが、いざヤリ目で会いに行ったのにも関わらず、相手の女性はハナからその気がない状態で来たため、何も出来ずに終わってしまい、肩すかしを食らってしまう事が多々ある。
 そのような女性をセックスまで持っていくには、それなりの話術が必要であり、労力を要する。
 その気にさせるトークがイマイチであれば、最後まで拒否されるのは必至だ。

 では、このような事象をどうやって回避すればいいのか?
 1つの方法として、女性と会う前にメールやLINEのやり取りでセックスする約束をしてしまうのだ。
 この「メールギラ」をマスターすることによって、女性とのセックスを確定させることが出来る。
「またコイツ無理な話してるわー」と思った読者もいるかもしれないが、最後まで読んで欲しいw

「メールギラ」とは?


 メールギラとは、「メールでギラつく」の略語である。
 前述したが、女性と会う前に下ネタのやり取りをする過程で、セックスの約束を取り付ける行為である。
 このメールギラに成功すると、会った後に女性の様子を伺うなどの煩わしいことをしなくとも、簡単にセックス出来てしまうのだ。

下ネタの合否判定


 メールギラを使う前に、まずは女性とのやり取りの中で「下ネタの合否判定」をしなければならない。
 要は下ネタOKな子か、下ネタNGな子かを判断するということなのだが、実はこれがかなり重要である。

 例えば、下ネタNGな子にいきなりメールギラを使ったとする。
 結末は予想できるだろう。ほとんど返信が来ることは無い。
 そうならないためにも、軽めのジャブを打っておく必要があるのだ。
 私がいつも実践している例を挙げる。

「てかA子って、S?M?w」
「ん~、どっちかというとMかな」
「じゃあベッドの上でもMなんでしょ?w」

 このようにSかMかという話題を振り、その流れで下ネタに結び付ける方法だ。
 ここで重要なのは、あくまでも冗談のようなノリの文章にすること。
 具体的には「w」や「(笑)」を使っていこう。
 それでは、良い反応と悪い反応の例を挙げる。

良い反応(下ネタOK)
「え~意味わかんないしww」
「ちがうし!w じゃあそっちは?」


※こちらがネタで送ってきたと解釈し、それを理解した上で返している。ここからエロトークに移行すれば良い。

悪い反応(下ネタNG)
「なんでですか^^;」
「そんなことないよ~」


※ガチで受け取ってしまい、少し引いていたり、テンションが下がった状態で返している。

 下ネタの合否判定はかなり難しいが、相手の文章の雰囲気に着眼点を当てて欲しい。
 そこに注目していれば、良い反応と悪い反応の差が分かってくるはずだ。

 ただ単に直接的に言うのではなく、ネタ的な要素を交えながら下ネタを振り、その反応次第で下ネタの有無を判断するのが最も賢明だと考える。
 この他にも方法は多くあるので、自分でも編み出してみて欲しい。

「メールギラ」の使い方


 下ネタOKということが確認できたら、早速メールギラを使ってみよう。
 私がいつも実践している例を挙げる。

例1
「てかA子って写メ見たけどめっちゃかわいいな!」
「いやいや全然かわいくないよww」
「A子かわいいから、襲っちゃうかもw」

例2
「女からしたら前戯って長いほうが良いの?w」
「ん~、長すぎず短すぎずがベストかなw」
「よくわかんないからA子で実践してみていい?w」

例3
「最近めっちゃ寒いよね!特に夜とか!」
「それわかる~!」
「寒いから今度会ったとき俺の抱き枕になってもらっていい?w」

 ここでも気を付けるべきポイントは、やはり冗談のようなノリの文章にすることだ。
 女性から良い反応の返信が来たら、セックスへの道はグッと近くなる。
 例3に関しては、性行為とは若干かけ離れた誘い文句だが、もし女性が良い反応を示したなら、徐々に深く掘り下げていくのが良い。
 兎にも角にも、この程度なら女性に引かれることも無いので、安心して送ってみて欲しい。

最後に

 簡単そうに述べてきたが、実は「メールギラ」にはかなりのリスクが伴う。
 私の経験上、下ネタの合否判定でOKだと思われる女性にメールギラを使った途端、たまに返信が途絶えるパターンもあるので厄介だ。

 しかし、プラスに考えてみよう。
 返信が来なくなったということは、「実際に会ったとしてもセックスできなかった」ことを意味する。
 ヤリ目でネットナンパをしている人たちにとって、“食えないアポ”ほど時間の無駄はない。
 それを事前に判断できるのなら御の字ではないだろうか。

 しかしながら、このメールギラは主にヤリ目のネットナンパ師を対象としたテクニックである。
 そのため、純粋な出会いを目的にしている人、彼女作りを目的にしている人などは、メールギラを使わない方が賢明だ。

ネットナンパに最適な【優良出会い系サイト】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(黒枠)

5.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top