EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

出会い系の女の子とデート中の友人を尾行してみた

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
出会い系の女の子とデート中の友人を尾行してみた

ライターDH

 今回は私の話ではなく友人の話です。
 出会い系で遊んでいることは基本的に内緒にしていますが、「出会い系仲間」とも言える友人が1人います。アンジャッシュ児嶋に似ているので、ここでは児嶋とします。
 電車に乗っているときに、この児嶋を偶然見掛けたので尾行してみた話をまとめたいと思います。

児嶋の出会い系体験記


 児嶋とは会社の同期でいつもお昼を一緒に食べているのですが、休日明けは児嶋の「女の子と遊びに行った話」を聞かせてもらっていました。
 しかし、児嶋は私と同じく女の子にガツガツできず、会社でも比較的大人しいタイプです。にも関わらず、毎回遊ぶ女の子が違うため、私は『これはもしかして、出会い系じゃないか』と疑い始めました(出会い方は「ある人の紹介」ということでした)。

 そこで私は、「新宿や池袋にあるハッピーメールやワクワクメールって看板、出会い系サイトなの知ってる?」という質問を皮切りに、「出会い系サイト今流行ってるらしいね」といくつか話題を続けると、「実は俺やったことあるんだ」と遂に白状しました。
 私も同様によく使っていることを告白すると、今まで会っていた女の子の大半が出会い系であることが判明。それ以来、「出会い系でどんな子と会ったか」という話に花を咲かせる仲になりました。

 児嶋の話で面白かったのは、お互い写真交換をせずに女の子と上野動物園に遊びに行った話です。待ち合わせ場所に現れたのは、20歳のギャル。児嶋が「こんにちわー」と言った瞬間から携帯をいじり始め、動物園を回って出るまでずっと携帯をいじっていたそうです。
 児嶋の顔を見た瞬間に“恋愛対象外”と判断したのかは分かりませんが、児嶋は「そんなに顔を重視するなら事前に写メ交換を求めろよ」「そこまで嫌だったなら動物園を回るのも拒否しろよ」と嘆いていました。あまりに不憫だったのと、それでも折れなかった児嶋のメンタルを讃え、その日の昼ごはんは奢ってあげました(笑)

電車に乗っていたら偶然児嶋と遭遇


 とある土曜、彼女と夕方まで遊んだ帰り。1人で電車に乗っていると、なんと女の子連れの児嶋が同じ電車に乗ってきました。
 私が座っていたのは1番端の座席で、電車に乗ってきた児嶋と女の子はその正面に座りました。最初は私も気付いておらず、「カップルが乗ってきたなぁ」程度で携帯をいじっていたのですが、ふと見上げるとあの児嶋だったので思わず吹き出しそうになりました。児嶋も同様に気付いたらしく、かといって席を替えるのも不自然と感じたのか、何もなかったかのように女の子との会話を続けています。
 女の子は地味な雰囲気があるものの、スタイルの良い巨乳ちゃんでした。

 私は「お盛んですね(。-∀-)」とメールを送信。
 受信に気付き、メールを読んだ児嶋は「なんでお前が乗ってるんだ」という感じで目配せしてきます。
 内心ニヤニヤ見ていた私ですが、5駅ほど過ぎたところで2人が降りる素振りを見せました。私の降りる駅はまだ先でしたが、この後の予定が特になく、とりあえず面白い事に首を突っ込みたい私は2人と一緒に下車。2人が降りた後、扉が閉まる直前で時間をずらして降りたので、児嶋に私が降りたことはバレませんでした。

児嶋をカフェまで尾行


 既に23時を越えていたため、ホテルに入っていたら面白いなと期待していたのですが、その後2人が居たのは深夜まで営業しているカフェ。
 人通りも多く、20メートルほど離れて尾行したため、気付かれることなく私もカフェに到着。2人の隣に座って話の内容を聞こうと思いましたが、さすがにそこまでしたら怒られると思った私は、お店の前のテラス席に座ることに。2人は店内の奥に座ったため、まだ私には気付いていないようです。

 とりあえず、コーヒーを飲みながら待機。ちなみにテラス席なんていうオシャレな席に座るのは初めてです(笑)
 当時は4月のまだ肌寒い時期だったので、コーヒーを飲んでいるとはいえ体が冷えてきます。2人が出てきたときにドヤ顔でチラ見してやろうと作戦を立てて待っていると、携帯に以下のメールが。










【タイトル】
かえれ
【本文】
タクシー代あげるから

 おそらく、カフェの外に視線をやったときに私の姿を見たのでしょう。テラス席に私の姿を見つけた児嶋の心情を想像すると笑いが止まりません。
 もう面白いところは過ぎたなと思ったのと、テラス席が寒かったのとで、2人が出る前に先に帰路につきました。

後日談

 休日明けの昼休み、児嶋にタクシー代を請求しに行ったら「お前マジふざけんな」と笑われました。尾行していた私には気付かず、トイレに席を立ったタイミングで気付いたようです。ちなみに、「ホテルは拒まれて行けなかった」とのこと。
「今度俺にも紹介してほしい」とお願いしましたが、その子とは音信不通になってしまったそうです。

 他人が出会い系サイトで会っている様子を今まで見たことがなかったので、遠くから見ていて新鮮でとても面白かったです。
 児嶋からは「次お前が遊んでるところを見掛けたら尾行し返してやる」と言われているので、それ以来、女の子と遊ぶときは常に周囲に気を配っています(笑)

3.5 rating

この記事の著者

職業:自営業期待の新星DH
大好きだった彼女に振られ、己の恋愛経験の浅さに気付き出会い系を始める。
飲み屋からホテルへの流れは自信があります。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top