EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【出会い系サイト】メールの相手は…?

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
【出会い系サイト】メールの相手は…?

読者投稿読者情報

 今回は、知人のGさんから頂いた、とある体験談をご紹介しよう。

序章


 俺は大学生のG、あれは半年ほど前の出来事だった。

 その頃の俺は、サークル活動や勉学に一生懸命打ち込んでいた。

 大学生活はとても楽しくて、仲の良い友達も何人もできた。

 同じサークルの一個下の娘とも付き合い始め、何もかもが順調だった。

 そんなある日、彼女が俺と同じサークルのAと腕を組んで、仲良く買い物している場面を偶然目撃した。

 帰ってから彼女に問いただしてみると、あっさりと浮気を認めやがった。

 付き合ってから2ヶ月くらいの頃かららしい、しかも本命はAとも言った。

 こんなにも簡単に裏切られるとは…、もはや呆れにも似た感情がわいてきた。

 あまり怒らないタイプの俺でも、久しぶりに本気で怒った。

 それでも、彼女はAのことが好きらしい。

 俺は彼女に別れようと一言告げ、関係を終わりにした。

 その娘のことは本当に好きだったし、何よりも信用していた。

 それだけに、ショックは計り知れないものだった。

喪失


 その日から、俺は何もかもやる気が失せてしまった。

 サークルの中心人物であるAは、俺が彼女と浮気をしていたという、事実とは全く逆の噂を流した。

 もともとサークル内での人望があまりなかった俺は、無実にもかかわらず後ろ指を指されるようになってしまった。

 そして、サークルにも学校にもほとんど顔を出さなくなった。

 その時の俺には、サークルに行かないことが精一杯の反抗だったんだ。

 そのうち単位も危うくなり、学校の授業だけはきちんと出席しようと決めた。

 でも精神的にはかなりきつかった、サークルの奴らに会わない日が俺の救いだった。

救済


 その頃からかな、出会い系サイトを使うようになったのは。

 たぶん自暴自棄になっていたんだと思う、気づけば俺は出会い系サイトに夢中になっていた。

 ちなみに、俺が使ってたのはポイント制有料サイトね、何やってんだって感じだけど。笑

 そして、Bちゃんと連絡を取るようになったんだ。

 Bちゃんは俺のプロフィールを見て一番最初にメールをくれた女の子で、画像は結構可愛かった。

 確かOLだったかな、歳は忘れちまった。

 最初あたりにきたメールは、正直サクラのようなメールだった。

 サクラのことは事前に知っていたので、「ああこれがサクラか」くらいにしか思わなかった。

 でも、悩みを聞いてもらうだけでも気持ちが落ち着くし、本当にありがたいと思った。

 その頃の俺はやっぱりどうかしてたね、サクラに悩み相談をするくらいだし(笑)

 俺はBちゃんに、元カノのことやAの存在、今の大学の状況などを少しずつ話していった。

 Bちゃんは、そんな女々しい俺の話をちゃんと聞いてくれた。

 その頃から、俺は少しメールに違和感を感じてきたんだ。

 なんていうか、最初の頃にくらべてメールが人間味のあるものになった気がするんだよね。

 最初の頃の機械的なメールじゃなく、普通の人間とメールしてるって感じかな。(本当に何て言ったらいいかわかんないけど)

 だから、Bちゃんはサクラじゃなく、本当の女の子なのかなって思ってきた。

 そりゃあサクラの線は拭いきれないけど、俺は徐々にBちゃんを信用していったんだよね。

 俺は悩みをたくさん相談したし、Bちゃんの話も色々聞いた。

 もちろん有料サイト内でね、今思えば早く直アド聞いておけばよかったって思うけど(笑)

 Bちゃんとメールをするようになってから、俺はサークルにも顔を出すようになった。

 精神的にも立ち直れたし、何よりも頑張れる糧ができたからだ。

 俺にはBちゃんがいる、それだけでなんでも勇気が出るようになっていた。

 Aの嫌がらせだって、元カノとの気まずさだって気にも留めなくなった。

 一日一日を終わらせてBちゃんにメールを送る、それが俺の毎日の楽しみだった。

 俺ってつくづく単純なんだな…(笑)

正体


 1ヶ月くらいしたある日、メールボックスにBちゃんからメールが届いていた。

 それだけだったら普通なんだけど、件名に『大事な話』って書いてたんだ。

 俺は、「なんだなんだまさかの告白フラグか??」ぐらいにしか思ってなかった。

 メールの内容はこんな感じだった。

B「いきなりメールごめんね。
  いずれは話さなきゃいけないと思ってたんだけど、実はあたしあのサイトのサクラなの。
  でも中身はちゃんとした女の子だよ!OLとかは嘘だけどさ!笑」


 ショックだった。

 だって、俺の話とか一生懸命聞いてくれたし、Bちゃんの話だってたくさん聞いた。

 俺は本当にサクラじゃないと信じていた、いや…信じようとしてたのかな。

 やっぱり現実はこんなものか…、落胆とショックで首が重く感じる。

 やたら重い首を持ち上げて、次の文を見た。

 そこには、俺に対して優しくしてくれた理由が書かれていた。

 Bちゃんも大学生だったこと、人間関係がうまくいっていないこと。

 でも一番驚いたのは、偶然にもBちゃんも二週間くらい前に彼氏の浮気が原因で別れていたってことだった。

 Bちゃんのメール内容に少し違和感を覚えたあたりからだ。

特殊な関係


B「あたしも彼氏と別れてから、G君の話を聞いてるうちに他人事じゃないような気がしてきて。
  サクラっていう仕事を忘れて、G君と色んな話をしたかったの。
  悩みも色々聞いてもらったし、元気も出た。G君には感謝してる」


俺「俺の方こそ、ありがとう。
  サクラでも、色々話を聞いてくれたBちゃんには本当に感謝してるよ」

 本当にそう思う。

 Bちゃんの存在で俺が救われたことも事実だ。

 久しぶりにありがとうと言った、こんなに素直にありがとうと言えたのは本当に久しぶりだった。

B「それとね、あたしもうサクラ辞めようと思うんだ。
  だからよかったら…これ」


 そこにはBちゃんの本アドが書かれていた。

 紛れもなくauの携帯のアドレスだった。

 そんとき俺凄い嬉しかったなー、なんかBちゃんが認めてくれたって感じがしてさ。

 サクラなんて、感情がない金の亡者としか思ってなかった。

 出会い系サイトで、こういうことがあるなんて思いもしなかった。

 それから半年、Bちゃんとは今でも連絡を取り合っている。

 元サクラだったとしても、彼女が俺を救ってくれたことに変わりはない。

 いいメール友達であり、良き相談相手だった、それは紛れもない事実なんだ。

 Bちゃんとはまだ一度も会っていない、メル友以上恋人未満の関係だ。

 それは今までもこれからも…おそらく変わらないだろう。

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)

3.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top