EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【PCMAX】18歳黒髪美少女と出会った話「ミズキ」

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【PCMAX】18歳黒髪美少女と出会った話「ミズキ」

ライターgumi

 俺は普段からネットナンパをする際は、SNSや無料出会いアプリ等を主戦場とし、出会い活動に勤しんでいたが、このところやけに調子が悪く、ついに出会い系サイトを本格的に利用してみることにした。

 使ってみた出会い系サイトは『PCMAX』。
「若い子が多く、可愛い女の子もそこそこいる」という口コミが俺の耳に入っていたこともあり、とりあえず試してみることにしたのだ。

こんな子も普通に出会い系やってんだな…


ミズキ1 早速気に入った女の子にメッセージを飛ばしていたのだが、俺はその中で1人の女の子と仲良くなった。

 その子は「ミズキ」と言い、今年高校を卒業したばかりの18歳で、今は飲食店でウェイトレスをしているらしい。
 写メの交換を何度かしたが、黒髪ロングの美少女である。
『こんな子も普通に出会い系やってんだな…』と微妙な気分になりながらもやり取りを重ねた。

 そして通話をするようになり、会話の中で下ネタも織り交ぜてみたが、照れながらも可愛い声で笑ってくれるようなリアクションで、なかなか良い反応。

「フェラは好き?」
「嫌いじゃないですよw気持ちよくなってる男の人の顔見るのが好き」
「好きな体位はなに?」
「ん~、やっぱ正常位ですかね。体が密着してて心も満たされるから」
「じゃあ会ったときにやろうねw」
「なにそれチャラーいww」

 クッソレベルの低い会話だが、こんな感じで反応は悪くない。
 というか、この子もかなり変態であるww

(もっとこの子を変態に調教しなくては)

 謎の使命感を感じた。

 ミズキの恋愛歴も色々聞いた。
 どうやらミズキは今までに3人の男と付き合ったことがあるらしい。
 しかしどれも長続きはせず、いつもミズキが冷めてしまい、一方的にフっていたとのこと。
 冷める理由を聞くと、「同い年の男子はガキだから」

「じゃあもうタメの男には興味ないの?」

と聞くと、

「同い年の男子はガキっぽいのしかいないから、年上の人にしか興味がない」

 出た出た。
 10代の女の子にありがちなんだけど、『年上=大人』っていう何の根拠もない固定観念を持ってる子が多いのよね。
 気持ちは分かるんだが、男なんていくら歳とっててもお子ちゃまみたいな奴がウジャウジャいますわ。
 結局は年齢関係なく、その人の精神年齢の高さなのよ。

 ……と、偉そうに説教を垂れたワケではないが、「タメの男でも大人の考えの子はいると思うよ」と柔らかく言ってあげました。

 その後もやり取りを続け、ついに会って遊んでみることに。
 そしてアポ当日、車で1時間かけミズキの住んでいる街へ。

あまり出会いもないですし、年上の男性と仲良くなりたいと思ったので


 待ち合わせ場所で待っていると、すぐにミズキが姿を現した。

「はじめまして…」





 うん、めっちゃ可愛い。

 長い黒髪ストレートに色白な肌、そしてスレンダーな体型。
 身長162センチでショートパンツから伸びる長い脚がまたエロい。
 最高じゃねぇか。
 少しあどけなさが残るが、それがまた良い味を出している。

 正直俺は出会い系に限っては、『可愛い子があまりいない』という勝手な想像をしていた。
 これは俺が今まで出会い系を使わなかった理由の1つである。
 しかし、どうやらその考えは間違っていたようだ。

 ミズキは俺と目線を合わせることもなく、かなり緊張している様子。
 そこで俺が緊張をほぐすため、色々話を振ってみる。

ミズキ2「緊張してるねw」
「はい、めっちゃしてますw こういうの久々なんでw」
「前にもこうやってネットで異性と出会ったりしたことあるの?」
「あります。でもみんな変な人でしたねw」
「変な人?w」
「なんか、最初からヤリたいオーラ全開だったんですよねw」
「そういうことねwきっとその人は最初からヤリ目だったんだよ」
「たぶん、そうだったんでしょうねw」

(俺も最初からヤリ目ですけどねwwwww)

「なんで出会い系とか使おうと思ったの?他にあんまり出会いとかない感じ?」
「うーん……そうですね。あまり出会いもないですし、年上の男性と仲良くなりたいと思ったので」
「年上の男と仲良くなりたから出会い系を使ってみたってワケね。でも出会い系にいる男はロクな奴がいないぞ。俺も含めww」
「えーそうなんですかーwwてかgumiさんもロクな奴じゃないんですねww」

 こんな感じで和み、ミズキとの距離を縮めていった。
 話していて思ったが、18歳にしてはちゃんと敬語も使えるし、ある程度しっかりしている。
 そして俺は色々と我慢できなくなり、人けのない場所に車を停め、ミズキにギラついてみることにした。

 ソフトタッチで様子を伺った後、抱き寄せてキスをしたが、ミズキは嫌がるそぶりを全く見せず、完全に受け入れ態勢。
 フェラを打診すると、

「えーホントですかー?ww」

と言いながらも、躊躇なく咥えてきた。

 しかもそのフェラが物凄い。
「ズボボボボボボ!!!!!」と激しい音を立てながら、一心不乱に舐めているのだ。
 まるでダイソン並みの吸引力である。

「その舐め方誰に教わったの?」

と聞くと、

「元彼にすごい細かく教えてもらったんですw」










 元彼グッジョブ。

 その後はホテルに直行し、2発やって解散。
 18歳のスレンダーボディを堪能できました。

最後に

 正直出会い系でこんなにオイシイ体験をできるとは思ってもみなかった。
 今回の一件で分かったのは、『出会い系には普通に可愛い子がいる』ということだ。

 以前までの俺は、出会い系にはリアルでの異性関係が乏しい人が多く、ガチの恋愛をするために使っている女の子がほとんどで、なおかつスペック的にもあまり期待できないという印象であった。
 しかしそうではなく、「遊び目的」で利用している若い女の子も一定数存在し、その中には可愛い子もいるようだ。
 皆さんもぜひ使ってみて欲しい。

 ミズキとはその後もセフレのような関係が続いている。

『PCMAX(ピーシーマックス)』のレビューはこちら
PCMAX(レポート風)

5.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top