EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

JKをナンパしてわいせつ行為をした「吉武昭博」、ハメ撮り動画が流出中

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
JKをナンパしてわいせつ行為をした「吉武昭博」、ハメ撮り動画が流出中

【EGweb】運営者江川

 健全な読者諸兄、この男を知っているだろうか。
 以前に当ブログのニュースで取り上げた、27歳市議の吉武昭博(よしたけあきひろ)容疑者である。
 彼は少女たちを自宅マンションに連れ込み、わいせつ行為をしたばかりか、あまつさえ動画サイトにハメ撮り動画を投稿し、生活費などのカネを得ていた。

 この報道は世間に大きな衝撃を与え、市議会議員に対する不信感を募らせた。
 27歳の若さで当選を果たし、期待のホープとして注目されていた吉武容疑者。
 本題へ入る前に、今一度彼の所業をおさらいしておこう。

HPには『子供が大好き』という一文が


 吉武容疑者は昨年10月の葛城市議選で初当選。史上最年少当選として話題を集めた。
 彼のHPには『子供が大好き』という一文と共に、市の未来に対する想いが綴られていた。

 だが、ここで現実的な問題が立ち塞がったようだ。
 冒頭で述べた「生活費」である。
 逮捕当時、吉武容疑者は「生活費などで金が必要だった。動画を売ってカネにしていた」と供述している。

 しかしながら、彼は月37万円の議員報酬に加え、学習塾からの収入もあった。
「本当にカネに困っていたのか」、「単なる趣味だったのではないか」などと、いささか懐疑的な目が向けられている。

自宅マンションは“連れ込み宿”と化していた


 吉武容疑者の所業が明るみになったのは、今年の4月中旬ごろ。
 借りている自宅マンションの一室で、女子高生(当時17歳)とみだらな行為をしたとして県警に逮捕された。
 彼女は偽名を名乗った吉武容疑者にナンパされ、継続的な関係を持っていたようだ。
 女子高生の母親が県警に相談し、2人の関係が発覚した。

 だが、彼の所業はこれだけに留まらなかった。
 その後の調べで、動画サイトに件の女子高生とのわいせつ動画を投稿していたことが判明。
 動画には女子高生はおろか、吉武容疑者の顔も鮮明に映っていた。
 それが冒頭のニュースである。

表の顔は「イケメン市議」、裏の顔は「ハメ撮り投稿者」


 吉武容疑者が投稿していたのは会員制の有料動画サイト。閲覧数に応じて報酬が得られる仕組みになっていた。
 県警が詳しく調べたところ、先の女子高生以外にも、複数の少女の無修正動画も投稿されていた。

 動画タイトルでは「18歳以上」の旨が強調されており、室内だけではなく、トイレや車内で撮影した動画もあったという。更にはユーザーへ向け、「リクエスト募集中」などのコメントで閲覧を煽っていた。

【参考ページ:"女子高生ナンパ、猥褻三昧、動画投稿で収入も…史上最年少当選27歳イケメン市民派市議のとんだ“裏の顔”】

少女たちのハメ撮り動画が流出中


JKハメ撮り動画
 さて、本題に入ろう。
 つい先ほど、俺はこんなツイートを発見した。

逮捕された元議員のエロ動画がうpされてる。


 上記は7月6日にTwitterに書き込まれたもので、URLも添えられていた。
 そのURLの先では、吉武容疑者による少女たちのハメ撮り動画がアップロードされていたのだ。

 文中でも述べた通り、彼が投稿していたのは無修正動画(ポルノ・児童ポルノ)である。
 URLを直接貼り付けたところ、わいせつ物頒布等の罪(幇助)に問われた判例があった事から、ツイートのみの転載とした。

 吉武容疑者の所業をこの目で見たいという読者に対し、“探せるヒント”を記載している。
 当該動画は削除される可能性が高いため、早急に確認しておいたほうが良い。

 一度ネットの海にポルノが流出すると、回収が不可能になるのはもちろんの事、水が枯れぬ限り生涯に渡って漂い続ける。
 女性は安易な撮影の許可、男性は画像・動画の取り扱いに十分注意して欲しい。

探せるヒント上記のツイート本文を検索。最上部に表示されたアカウント、「変態●貴」の7月6日の呟きをチェック。

【悪用厳禁】「誰か泊めてください…」家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態
家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態(バナー)

5.0 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間50万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top