EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

出会い系失敗談「無口な勘違い男」

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
出会い系失敗談「無口な勘違い男」

読者投稿年齢不詳の女性

 私は基本的に、色っぽい出会いは求めてません。
 友達募集がメインです。
 容姿に自信が無いのもありますし、カマトトぶってる訳ではありません。
 あわよくば、素敵な出会いがあればいいなと思います。
 文字だけのやり取りで惹かれてしまう方もいます。
 けれどもやっぱり、会った時の印象や会話などで合う・合わないを決めたいのです。

何年前の写メをくれたんだろう?


 とあるサイトで仲良くなった、43歳独身の佐藤さん(仮名)。

 佐藤さんは悪い人ではないけれど、性格の良さ、優しさを遠回しにアピールする男性でした。
 私が服装に気を遣う人が好きだと言うと、「○○(私)は見た目で人を判断するんだね……」といじける人でした。

 私の経験上、やたら中身をアピールする人はあまり信用できません。
 そういう方に限って、色んな意味で自分を磨く努力をしていない気がします。
 会ってみたら首がビロンと伸びたTシャツに、丈の合わないズボンを履き、洗濯物の半乾きの臭いを漂わせている……。
 中身を見て欲しいなら、まずは清潔にしてください。話はそれからです。

 本題に戻ります。
 ちょっとメールの返信が遅れると、もの凄く心配してくれる……。ハッキリ言うと、面倒くさい人でした。
 メールだけで生活してる訳じゃないし、「ちょっと返事が遅れたからってジタバタするなよ!」とは言いませんでしたが、「あぁ、この人とは合わないな。会ったらイラつくだろうな」と思っていました。

 そう思っていたのに……ひょんな流れから、いきなり会うことになりました。
 たまたま遊ぶ約束をしていた女友達が、私を捨てて彼氏に会いに行っちゃって、いじけてたせいもありますがw
 そんなに優しさが売りならどれだけのもんか見てみたい……。
 はい、好奇心が勝ってしまったのです。

 初の顔合わせなので、佐藤さん自慢の車で軽くドライブすることになりました。
 写メは交換済みとはいえ、「どんな感じの人なんだろう」とドキドキしながら待ち合わせ場所に向かいました。

 現れたのは……『何年前の写メをくれたんだろう?』と思うくらい、写メとは別人の男性。
 トレーナーには可愛らしいキャラクターの絵が踊り、スニーカーは真っ黒でボロボロ。失礼ながら足が臭そうです。
 一瞬怯んだものの、会ってすぐに帰るなんて出来ません。
 同じ事を自分がされたらショックだし、せっかく会ったのだから、せめて楽しく過ごそうと思ったのです。

私「初めまして!よろしくお願いします」
佐「どうもー!さ、乗ってよ♪×××あたりに行こうよ」
私「(遠!!あまり札幌を離れたくない)そこも素敵だけど、△△△に行きたいなぁ」
佐「そこもいいね。そうしようか!」
私「はい!(作戦成功)」

 こうして、ドライブがスタートしました。

アラフォーのおっさんとおばさんで鬼ごっこ


 …………佐藤さんは無口な人でした。
 メールでイキイキしていた彼は何処に行ったのだろうか。
 私が気に食わないのか?
 でもそれなら、遠くに行こうとは思わないだろうな。

(今すぐ帰りたい)

 そんな気持ちでした。

 無言に耐えきれない私は、水商売で培ったスキルを総動員して喋り続けました。1時間ずっと。
 息切れした頃、目的地に着きました。
 息苦しい車内から脱出し、深呼吸していたら……なぜか手を繋がれました。
 さり気なく振り払い、「わー☆景色いいね♪」と無駄にはしゃいで逃げ回る私。追ってくる佐藤さん。

(40前後のおっさんとおばさんで鬼ごっこか!)

 この時点でかなりムカついてました。

 けれど、浅はかに会うことを決めたのも車に乗ったのも自分。
 佐藤(呼び捨て)ばかりを責めるまいと堪えていました。

 ……札幌市内に向かう車の中、喋って走り疲れた私は屍状態でした。

(もうどうでもいいわ)

 戦意喪失。

佐「……」
私「…………」

 20分ほど経過。

佐「………………急に静かになっちゃったね」
私「佐藤さんて無口なんですね」
佐「そんなことないよ?ほら、○○が緊張してるみたいだから、喋らしてあげたのさ。女は話好きだからね♪」

 えぇええぇええ!?
 優しさだったの?ねぇねぇ、優しさなのソレwww分かりませんでしたあなたの優しさすみませんw

私「へぇ……(超棒読み)」

 このタイミングで佐藤は言いました。

佐「で、どうでした?初めて会った佐藤くんは?」

 どうもこうもないわwケンカ売ってんのかw

私「あまり話してないから分からないかな。佐藤さんは、出会い系で会った人といつも何して遊んでんの?(口調が乱暴)」
佐「色々だよ?ドライブしたり、食事したり、女の子を気持ちよくさせてあげたり……なーんてね☆」










 プッツン。

コイツとセックスするくらいなら死んだ方がマシだ


私「…………」
佐「これから、どうす」
私「帰ります。用事あるし」
佐「帰るの?ホテ」
私「帰ります」
佐「……気持ちよくしてあげ」
私「頼んでません」

 敵の車内、人気の無い道。
 怖くて足が震えそうだったけれど、この男に我慢ならなかった……。何より、簡単に車に乗った自分が許せなかった。

(いざとなったらチンコを蹴り飛ばして走って逃げよう。市内までは10キロも無いはず)

 そう考えていた。

「……さっきまでの無口なお前は影武者か?」と聞きたくなるくらい、ヤツは語り出した。

「Hする気もないのに、なぜ出会い系なんかやってるの?」
「だいたい、なんで会ったんだよ。何が目的だったの?」

 目が座ったまま、延々と説教された。
 一瞬、脳裏に新聞の三面記事が浮かんだ。

≪出会い系サイトの闇!!≫

 今だから笑えるけれど、本気で怖かった。
 殺されはしないにしても、レイプされるかもしれないと思った。
 そして、『コイツとセックスするくらいなら死んだ方がマシだ』とも思った。
 全力で戦ってやろうと拳を握りしめた。

 ……幸いにも首を絞められたりレイプされる事は無く、ネチネチと説教されながら無事に駅まで送り届けてもらった。

 車を停めて最後に一言。

佐「でも俺は○○が好きだよ?……やっぱりホテルは嫌かい?」

 まさかのファイナルアンサーwww
 最後のチャンス頂きましたーッ!

私「送ってくれてありがとうございましたさようなら」

 静かに車を降りました。
 動揺を悟られたくなかったので、あくまで冷静に。

 駅の階段を降りた瞬間猛ダッシュ!!!!!!
 トイレに駆け込み、大号泣。

(キモいよキツいよ生きて帰れたよ怖かったよーー)

 情けなさすぎて涙が止まらなかった。

 ひとりで居たくない。
 このまま家には帰りたくない。
 でも、恥ずかしすぎてリア友には言えない。
 前に出会い系で会って仲良くしてる、飲み友達の鈴木くんにメールしてみた。

「SOS」

 鈴木くんから電話が。

鈴「遭難でもしたのかw」
私「かくかくしかじか」
鈴「(大爆笑)無事で良かったな!迎えに行ってやりたいけど、俺これから23歳のかわいこちゃんとデートなんだわ!許せw」
私「私とその子とどっちが大事なの!?」
鈴「言わすなw」
私「ですよねーw」

 ……笑ったら少し落ち着いた。
 すすきのに行って飲んではしゃいで、元気になりました。
 ソレ以来は自分の勘を信じて、メールの時点で『アレ?』と思ったらフェードアウトしようと決めてます。

 サイトの出会いは自己責任。
 女子のみんな、佐藤には気を付けて。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top