EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【出会い系サイト】月100万円で愛人を募集していた男

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【出会い系サイト】月100万円で愛人を募集していた男

【出典:Amazon

読者投稿30代後半の女性

≪月××万円で愛人を募集しています≫

 こんな募集があったら、なんとなく興味が湧きませんか?

(何故100万も使って募集する気になるんだろう?)
(よっぽど見た目が酷いって事なのかな?)
(どんな仕事をしている人だろう?)

 私の場合、特にお仕事については事前にきちんと伺うことにしています。
 だって、待ち合わせ場所に行ったら会社の上司が居たとか、旦那の同僚だったとか、はたまた親戚の叔父さんだったとか…なーんてトラブルはお互いにとって嫌じゃないですか。

 それに、お金の出所が「横領」だったりしたら嫌なので、お仕事をきちんと伺った上で納得してから会うと決めているんです。





『月100万で私の愛人になりませんか?』





 そう誘ってきた男性は、プロフィールを聞いても詳しいことはあまり話しませんでした。
「会わない?」ということで話を聞いてみるのですが、食事なのか、いきなりホテルに行こうとしているのか、どういうプランなのかが全く不明。

 仕事が出来る男性は、出会い系でも無駄なく効率よくスマートにお誘いしてくれる…と私は思っているのですが…。

 ここからは出会い系を使っている男性へのちょっとした豆知識。

 誘うときには漠然と「会いませんか?」ではなく、

「××日の夜空いていませんか?よろしければ×××にある×××レストランにご一緒しませんか?」

というデートプランの予想がつく誘い方をしてくれれば返事がしやすいです。

「×××レストランなら○○○レストランにも行ってみたい」とか、相手が考えてくれたプランの範囲内で別の希望も伝えやすいですし。
 この最初の誘い文句で、プロフィールのウソもわりと見抜けます。

 100万円の愛人男は、「20時××で」とだけメールしてきました。
 その××近辺ですが、初対面の方とデート出来るような場所は思い浮かびません。

 あまりにも手際が悪いと思ったので、この人の仕事での能力をすでに疑い始めていました。

「『××日の夜空いていませんか?よろしければ×××にある×××レストランにご一緒しませんか?』
これ位効率の良い文章が書けませんか?
あなたのメールでは今日何処に行くつもりなのかわからないのでどんな服装で行ったらいいのか、事前に食べてから行くべきなのかわかりません。」

 そう伝えてみると、

「(初対面なのに)体の相性を見させてください。でも食事をしてからでもいいかもしれませんね。では×××の△△△の前で待ち合わせましょう。」

という返事が来ました。

(△△△……!?)

 △△△はチェーン店のパスタ屋さんで、飲み物込みで1,500円程度のお店。
 会社付近に選べるだけのお店が無くて、空腹を満たす為に行くことはありますが、女の子同士で久しぶりにお昼に出かけようと思ったら想定外のお店です。
 ましてやディナータイムに待ち合わせをしてまで使うお店だとは思えません。

 彼の書いてきたプロフィールが全てウソだと決定するのに充分なメールでした。

 丁度Skypeに居た友達にこの話をして、

「愛人囲おうと思っている男が△△△は無いよね」

と2人で笑いが止まらなくなり、100万円の愛人男には丁重にお断りをしたのでした。

 時間や待ち合わせ場所だけでも、相手の人柄が垣間見えると思った出来事でした。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top