EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【WordPress】パーマリンクの悲劇

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
【WordPress】パーマリンクの悲劇

【EGweb】運営者江川

 先日は『読みやすい文章学概論』を執筆しましたが、おかげさまでTwitterやフェイスブックなどで反応を頂くことができました。

 特にTwitterでリツイートやお気に入り登録をして下さった方々、本当にありがとうございます!

 やはり、記事を書いて評価されることはとても嬉しいですし、モチベーションも上がるというものです。

 これからも、【EGweb】をどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 というワケで(?)、今回はワードプレスを使っている人たちへ贈りたい、『パーマリンク』についてのお話です。

 もはや出会い系ナビサイトの記事ではないですが、僕が気づいたことをツラツラと書くブログでもあるので、ご愛嬌ください(笑)

パーマリンクとは?

 
 Webページ中の個別のコンテンツに対して設定されたURLのことで、主にブログでのエントリー(毎日の記事)に対して割り当てられたURLを指します。

 この記事では、「https://egweb.tv/387」のことですね。

 ワードプレスでは、実際にこのパーマリンクをページ左部の「設定 → パーマリンク設定」から、簡単にカスタマイズすることができます。
 
 そうすると下図の画面が表示され、あなた好みのパーマリンク設定ができちゃうというワケです。

 詳しい設定方法については、後ほど解説させていただきます。


 設定したパーマリンクは、単体の記事すべてに反映されます。

 昨日までの【EGWEB】では、記事のパーマリンクを「https://egweb.tv/カテゴリ名/記事名/」のように設定していました。

 つまり、『読みやすい文章学概論』では、「https://egweb.tv/renai/bunnsyo/」となっていたワケですね。

序章


 で、ここからが本題です。

 僕は『読みやすい文章学概論』を「恋愛テクニック」のカテゴリにしていました。

 ですが、さきほど「これは恋愛テクニックじゃなくて、文章術のカテゴリに入るんじゃないか?」と考えました。

 そこで、新たに「文章術」カテゴリを作成して設定したのです。

 すると…
 

 ブラウザのGooglechromeでこんな画面が表示され、記事にアクセスできなくなってしまいました。

 記載されている方法を試してみましたが、いっこうに直る気配がありません。

「カテゴリを変更したことによって、ワードプレス内で何かがおかしくなってしまったのかな?」とも考えていろいろ調べましたが、根本的な原因はわからずじまい。

 そうしているうちに、ふと気づきました。

「URLにカテゴリ名が入ってるってことは、それが変わったからURLも書き変わったのか!」

 結果的にその考えはビンゴでした。

 カテゴリとともにURLが変更されてしまったため、エラーが表示されてしまったようです。

 そこで、パーマリンクを「https://egweb.tv/記事名」となるように設定しました。

 そうしたところ、ちゃんと表示されるようになったのですが…。

そして悲劇へ…


 記事の修復に成功した僕は、何か他にトラブルがないかを調べていました。

 そうしているうちに、ある違和感を感じたのです。



 (つд⊂)ゴシゴシ

 ∑(゚Д゚)アレ?

 前はこうなっていたハズなのに、
 

 ソーシャルボタンのツイート数や「いいね!」が全部消えているじゃないか!!

「せっかく評価してもらったのに…」

 絶望に打ちひしがれる瞬間です。

 実際にこのときはかなり焦ってしまい、ソーシャルボタンについて急いで調べてみました。

 「ソーシャルボタンはURLごとに記録されており、変更してしまうとリセットされてしまう」とのこと。

 そこで、「元のURLに復旧すれば、それまでの評価も戻るんじゃないか?」と考え、URLを元に戻すことにしました。

 しかし、該当記事が再び「リダイレクトが多すぎます」との表示になってしまい、結局復旧することができませんでした。▼

『リダイレクト』
サイトの移転や、サイトのリニューアルによるウェブページのURL変更などの理由で、あるウェブページを訪問したインターネット利用者を、別のウェブページに自動的に移動させることを指す。

 調べてみたのですが、ワードプレスでの復活方法が見つからず、そうだとしてもかなりの専門知識が必要とのこと。

 結局、泣き寝入り状態になってしまったワケです…。

※該当記事の画像をキャプチャし忘れたので、別記事のものを使用しています。

ベストなパーマリンクとは?


 もともとワードプレスには、URLを変更したときに「自動的に旧URLから新しいURLにリダイレクトしてくれる」という標準機能が付いています。

 そのため、基本的には自分でリダイレクトを設定する必要はありません。

 ワードプレスのデフォルトでのパーマリンクは、「https://egweb.tv/?p=123」のように設定されています。

 ですが、これでは検索エンジンにインデックスされにくく、何よりも見栄えが悪くなってしまいます。

 そこで、僕はこの機会に「ベストなパーマリンク」について考えてみることにしました。

 まず、まとめサイトなどでよく見かけるのが「https://egweb.tv/archives/123456」という形式です。

 これも良いとは思うのですが、基本的にURLは短いほうが見た目もいいですし、ツイートもされやすくなります。

 ワードプレスのパーマリンク設定では、「日付と投稿名・月と投稿名・数字ベース」など、色々なパターンがあります。

 また、専用のタグも用意されていますし、「カスタム構造」であなただけのパーマリンクを設定することもできます。

 その設定方法はとても簡単で、下記のようにフォームにタグを入力するだけです。
 

パーマリンクタグ一覧
%year% 投稿年
%monthnum% 投稿月
%day% 投稿日
%hour% 投稿時刻「時」
%minute% 投稿時刻「分」
%second% 投稿時刻「秒」
%postname% 投稿タイトル (投稿スラッグ)
%post_id% 投稿固有の ID 番号
%category% カテゴリー名 (カテゴリースラッグ)
%tag% タグ名 (タグスラッグ)
%author% 著者名

 確かにカテゴリ名を入れていれば、URLも見栄えのいいものになりますが、その代償として先のようなトラブルも起きやすくなります。

 そこで、これまでは「https://egweb.tv/カテゴリ名/記事名」としていたのですが、「https://egweb.tv/記事ID」にバッサリと変更してしまいました。

 これによってURLが一気に短くなりましたし、見栄えもそこそこ良くなりました。

 また、こうしておけば、記事のカテゴリーを変更したとしても、URLはそのままです。

 そのため、気まぐれで記事の細かい部分を修正しても、トラブルが起こる可能性も低くなります。

『パーマリンクにはカテゴリ名を含めない』

 つい先ほど、僕の中での鉄則事項となりました(笑)

 もしこの記事が少しでもお役に立ったなら、評価してくださるととても嬉しいです!

 皆さんも、ぜひオリジナルのパーマリンクを考えてみてくださいね!

3.0 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間120万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top