EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【出会い系サイト】テイルズ・オブ・アピール

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
【出会い系サイト】テイルズ・オブ・アピール

【EGweb】運営者江川

『プロフィール』というのは結局のところ、あなたの魅力を相手に伝える場です。

 これが本来の使い方ですが、ここを勘違いしている人がかなり多いのです。
 
 出会い系サイトにおいて伝えるべき魅力というのは、女の子を楽しませたり、癒してあげることを指します。

 決して、「あなた自身の自慢話や過去の栄光」のことではありません。

自己満足アピール実例


「私はTOEIC900点です!」
「俺は学生時代、地元じゃワルで有名だった!」

 このように自慢話をすることで、自分をアピールしている方をちらほら見かけます。

 こういったアピールが、女の子にどのような印象を与えるかを確かめるために、実際に僕は友人や知人100人を対象に調査を行いました。

 すると、100人中76人の女の子が

「ウザったいかな」
「結局何が言いたいのって感じ」
「もし会ったら、話に付き合うだけで疲れそう」


などと、悪い印象を受けていることがわかりました。

 男性にとっての自己満足アピールは、女の子にとっての「ただの自慢話」にしかなりません。

 そのため、自信満々でアピールしているつもりが、かえってイメージを悪くしてしまっているのです。

「そんなこと言ったって、自分の魅力をアピールしたい…。一体どうすればいいの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

 そこで、僕なりに「嫌われるアピール・好かれるアピール」について考えてみました。

嫌われるアピールとは?


①何度も同じことを自慢する
②淡々と自分の知識を語り続ける
③昔やんちゃだった頃の武勇伝

 まず①ですが、女の子が自慢話に対して嫌悪感を抱くのは、「同じ話を3回以上されたとき」と言われています。

 直接本人から聞かされなくとも、第三者に話しているところを目撃したり、第三者を通して再び聞かされたりすると、さすがにうんざりしてしまうもの。

「はぁ…またその話か…」と思われてしまい、もはや女の子は話の内容など聞いていません。

 次に②ですが、男性は知識を披露するときに「自分は賢い」と見せたいのか、淡々と話してしまうことが多いのです。

 実は僕も、当初はこのようなプロフィールの書き方をしていました。

 自分の賢さを見せて、女の子に「おー」「凄いね!」と褒められるのは気持ちいいのですが、あまりにしつこすぎてしまうと、悪印象を与えてしまうことが多いのです。

 よく考えてみてください、僕たちがPCで最も利用しているサービスはなんでしょうか?

 その通り、「インターネット」です。

 つまり、感情を伝えづらい『文字』で、多くの人と交流しているワケです。

 基本的に文字という媒体は、感情が上手く伝わりません。

「TOEIC900点です」とカンタンに書いた場合、女の子側としては、とても無感情で淡々と話されている印象を受けてしまいます。

「色々と苦労したけど、ようやくTOEICで高得点取れましたよ(T∀T)結果聞いたときはちょっと泣いちゃいました。笑」

 このように顔文字などを使い、感情が伝わる文章を書いたほうが、女の子は好印象を持ってくれます。

 最後に③です。

 これは女の子だけでなく、男性にも嫌われることはカンタンに想像がつくでしょう。

「中学時代に何回も補導された」「高校時代にケンカで敵なしだった」など、「自分はこんなに悪い」とアピールする方が結構います。

 ですが、普通の女の子は、こういうアピールに惹かれると思いますか?

 まず間違いなく、「引かれる」ことでしょう(笑)

 「女の子はワルが好き」という法則が当てはまるのは、ほとんどの場合は高校生までです。

 大学生からは精神的にも肉体的にも成長し、「しっかりした男性と結婚して、幸せな家庭な築く」などと、現実的な考え方をするようになります。

注意「ワルアピール」が通用するのは一部の女性のみ、そこを理解したうえで使用するかどうか判断して下さいね。

好かれるアピールとは?


 では、どうすれば女の子に好感を与えるアピールができるのでしょうか?

 具体的には、

①適度な自慢なら女の子に嫌われない
②欲をなくして素直に語る
③ワルのイメージを植え付けて、時に優しさを見せる
などのアピール方法が挙がります。

 まず①ですが、たとえば「TOEIC900点取れた!」と初めて聞く限りでは、女の子は嫌な印象を受けません。

 むしろ、「すごいじゃん!」「やったね!」などと、素直な感想を持ってくれるはずです。

 自慢話を何度も聞かされると嫌悪感が生まれますが、適度なアピールではまったく問題ありません。

 しかしながら、初めて聞かせる話でも、「自慢話自体を何度も聞かせれば、嫌な想いをさせてしまう」のでお気を付け下さい。

 こういう話は、ごく希にくらいでちょうど良いのです。

 次に②ですが、淡々と語ると「これくらいできて当然」のような印象を受けてしまいます。

 ではその反面、素直に嬉しそうに話してみたらどうなるでしょうか?

「聞いて聞いて!この間フットサル大会でMVPに選ばれたんだ!嬉しすぎて涙が止まらなかったよ!」

 このように、少し子供っぽく無邪気に話してみるのも良いでしょう。

 素直な人に対しては、嫌悪感を抱けるはずがありません。

 上手くいけば、女の子も釣られて嬉しくなってしまうから不思議です。

 出会い系サイトのプロフィールで無邪気さを演出したいのなら、「絵文字・顔文字」を使いましょう。

①「嬉しかった」
②「嬉しかった(^ω^)」

 あなたは、どちらが本当に嬉しそうに感じますか?

「顔文字なんて、軽い感じがする…」という考えがあるならば、捨ててしまいましょう。

 その考え方こそ、出会い系サイトでは返信率を下げる原因になるのです。

 最後に③ですが、これは世間一般で言われる『ギャップ』を使ったテクニックです。

 一般的には、『ワル = 不良』というイメージをされることが多いですよね。

 これは間違いではありませんし、実際に世の中の多くの人たちは『不良 = 悪』と認識しています。

 ですが、ワルのイメージを持つ人が優しさを見せたらどうなるでしょうか?

 たとえば、外見が怖くて近づきにくい男性がいたとします。

 もちろん、女の子としては「怖くて話しかけられない…」と感じるわけですが、何かしらの拍子に優しさを見られたらどう思うでしょうか?

 すると、「怖い外見とは違って、優しい一面を持ってるんだ」という意外性に驚くはずです。

「女の子はギャップに弱い」というフレーズをよく耳にしますが、つまりはこういうことですね。

 しかし、「俺は悪いやつだ!」と強烈にアピールしすぎてしまうと、いざ優しい一面を見せたとしても、女の子が抱いている悪のイメージは簡単に拭えなくなってしまいます。

「女の子が勝手に抱くイメージを、自分の行動で変える」ことで、ギャップを生み出すことができるのです。

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)

3.0 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間120万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top