EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【デリヘル経営者が参る!】デリヘル開業時の契約と手続き

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
【デリヘル経営者が参る!】デリヘル開業時の契約と手続き

シリーズ物【デリヘル経営者が参る!】

読者投稿50代前半の男性

 大変ご無沙汰しております(苦笑)
 その節は電話番が稚拙な文章でお目汚しをし、申し訳ありませんでした。
 バツとしてフルボッコにしておきましたので、何卒ご容赦下さい(苦笑)
 ようやく個人的な休暇が終わり、記事書きに取り掛かれるようになりました。

 しかし、ただ黙ってお休みしていた私ではございません!
 10月を目標に2店舗目を開店する予定です!!
 と言うことで、しばらくは新規店の開店プロセスを書いていくつもりです。
 今回は「デリヘル開業時の契約と手続き」について。

 まずは待機所(事務所)探しから始まりますが、家賃の上限を考えないといけません。
 参考までに、私の2店舗目のプランを紹介します。

事務所プラン

物件:家賃11万円
敷金・礼金が3ヶ月分=33万円。

保証会社:16.5万円
保証料11万+火災保険料5.5万=16.5万円。

家賃の前払い(日割り):5.5万円

合計:55万円


 事務所を用意しなければ、警察署に届出書を提出できません。
 届出書の内容はこんな感じです。

届出書の内訳

1.無店舗型性風俗特殊営業営業開始届出書
2.営業方法を記載した書類
3.本籍記載の住民票
4.事務所としての使用許可書(大家さんから貰います)
5.事務所内見取り図
6.事務所周辺地図


 賃貸契約完了後、事務所としての使用許可書を貰い、他の書類を揃えて警察署に行きます。
 書類のチェックを受けてから提出し、OKなら1週間くらいで許可が下ります。

 警察でチェック待ちをしている時には、手錠と腰紐を掛けられた「犯人」と思われる男が何人も連行されるし、そのうちの1人と目が合うと何とも言えない気持ちになりましたね(苦笑)

 さて、復帰初戦なのでこの辺で。
 什器類の買い揃えと面接があれば、次回はソレについて報告します(笑)

ガチンコ体験レポート
PCMAX(レポート風)

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top