EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

俺のちょっとしたナンパ遍歴

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
俺のちょっとしたナンパ遍歴

読者投稿20代半ばの男性

 俺のナンパ体験談を書いてみる。
 まずは軽くウォーミングアップといこうか。

【ケース1】

「すみません、いなくなったペット探してるんですけど……」
「はい? 犬とかですか?」
「いやペンギンなんですけどね」

(女、無言で去る)

【ケース2】

「あっ、すみません、ちょっといいですか?」
「(ドン引き)な、んですか……?」
「あーいや、実はナンパなんですけd」

(女、小走りで逃げ去る)

【ケース3】

「すみまs」
ガチムチ男「おう、あやかー」
女「あっ、こーくん☆」

(俺、全力で逃げ去る)



 さて、ここからが本題である。
 まぁ2つしか無いんだけどね。

ケース4.前世でお会いしたことありませんでしたっけ?


 人生初となるナンパは高校生の頃。
 罰ゲームとしてやることになった。まぁ高校生にはありがちな話だ。
 ターゲットは2人組の女子高生。

俺「……あれっ?」
JK「えっ、なんですか?」
俺「すみません、前世でお会いしたことありませんでしたっけ?」

JK「……いえ、ありません」
友人1「すみません、本当にすみません」
友人2「おまえ本当にやるんじゃねぇよ」
俺「いや、会ったことありますって。あのほら、ちょうど産業革命の頃

 口上の途中で友人2人に引きずられて退散。
 こうして、俺の初めてのナンパ体験はクソミソな結果に終わったのだった。

ケース5.ここで行かなきゃOTOKOじゃねぇ!


 20代も中頃のいい年こいた夏。
 俺は深夜の古本屋でバキを立ち読みしていた。

 今でもよく覚えている。
 ふと人の気配を感じて振り向くと、そこには『オイオイ深夜に君みたいな子がどうしてここに?』と思わずにはいられないような、10代と思しきメチャクチャ可愛い子がいたのである。
 少し目が合った後、彼女はゆっくりと店を出て行った。

(ここで行かなきゃOTOKOじゃねぇ!)

 そんな硬い決意をしたのは彼女の退店後、5分が過ぎた頃。
 なんと迅速で男らしい行動か!(賞賛)

(もういる訳ねーよな、いたら絶対声かけたんだけどな、惜しいな)

 自分に都合の良い言い訳を脳内で反芻しながら店を出たところ、なんと、彼女はまだ店の前にいたのである。

俺「あの、すみません!」

女「はい?」

 反射としか言いようがない。
 声をかけてから盛大に後悔した。いい年こいて何してんだと。

俺「えーと、すみません、あのー、なんか、さっき見かけて、すげぇ可愛いなと思って、えーとすみません、この後時間とかないですか……?」

女「この後ですか……すみません、ちょっと……」

(深夜なんだからある訳ねぇよな)

俺「ですよね……すみません」

女「あ、でも、もし良かったら、連絡先……」

(マジで!?いや、マジで!!!?????)

 その後どうなったかは想像にお任せする。

 ちなみに、絶対年下だと思っていた彼女は、なんと30歳だった。

(ロリババァってすげぇ)

 俺は改めてそう思った。

 まぁ、マトモにナンパが成功したのはこの時だけなんだよね。
「ピュアは強し」ということなのだろうか。

 以上だ!!!

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top