EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

知り合いのオーナーに聞いた!『マンションヘルス』の裏事情

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
知り合いのオーナーに聞いた!『マンションヘルス』の裏事情

執筆者年齢不詳の男性

 私は風俗遊びが大好きな男だ。
 風俗店の裏事情を知った上で遊ぶと最高である。
 最近、久しぶりに顔馴染みのマンションヘルスに遊びに行ってきた。

 マンションヘルスとは、ファッションヘルスのサービスをマンションの一室で提供する業種のこと。
 基本的に本番行為は無いが、一種の裏風俗と言えなくもない。

 私にサービスをしてくれた風俗嬢は既婚者だった。
 入店2日目の初々しいグラマーな女性で、肌が白くて美人な長野県出身の人妻ヘルス嬢である。
 全身マッサージ、色々な性感帯責めを経て、最後は素股でフイニッシュ。
 60分のプレイだったが、初々しさもあり中々のヒットだった。

 この店のオーナーとは仲が良く、プレイタイムの後に色々な世間話をした。
 今回はマンションヘルスの裏話を紹介しよう。

 店内(正確にはマンションの一室)には、常に人妻ヘルス嬢が待機している。
 客が増えると、知り合いの店に嬢の派遣を依頼するという。
 その時の利益分配率は、派遣元風俗店が20%、依頼元風俗店が20%、派遣ヘルス嬢は60%。
 例えばプレイ料金が1万円なら、派遣元風俗店が2,000円、依頼元風俗店が2,000 円、派遣ヘルス嬢の取り分は6,000円となる。

 ただし、ヘルス嬢は「雑費」として一定額を徴収される。
 この店では女性の売上に応じて、1日1,000~2,000 円を徴収している。
 シーツやバスタオルのクリーニング代、シャワーやお風呂の水道料金などだ。
 確かに売上が多ければ多いほど、それらの経費も増えていくだろう。
 オーナーの店は良心的なのだが、酷い店になると、1プレイごとに1,000 円を徴収する所もあるとか。
 経費がかさんで経営に苦しむ風俗店は多いようだ。

 また、「みかじめ料(暴力団に支払う用心棒代)」の話も聞いた。
 ヘルス業界にもみかじめ料の相場があって、人気店と閑散店では金額に差が付くらしい。
 華やかなネオン看板を掲げているヘルス店は、平均相場が月に10万円。
 マンションヘルスのように看板を出しておらず、新聞広告だけで客を呼んでいる店は月に5万円程。
 だがこのご時勢、ほとんど売上の無い店も多く、その場合は2~3万円で済ませてもらっているとか。
 まぁ、店を潰せばみかじめ料が取れなくなるのだから、致し方ないだろう。

 オーナーの店も、景気の良いバブル時期には、毎日60~70人の客が来店していて、1ヶ月の純利益が500万円もあったらしい。
 ところが、銀行の貸し渋りで中小企業のオーナーが軒並み潰されてしまい、リピーターだった客が完全に消えてしまった。
 今では、ピーク時の1/20程度にまで売上が減少したとか…。
 どこも台所事情は苦しいようだ。

 この店のバブル時には、1ヶ月で200万円以上を稼ぐ人気ヘルス嬢が多く居たらしい。
「今では、夢のような話です」とオーナーがポツリと呟く。
 現在は売上が落ち込んでいるため、それほど多くの風俗嬢を抱えられず、知り合いの店と融通を利かせながら、お互いにヘルス嬢を共有して経営を続けていると言う。

 その上、無許可で営業しているマンションヘルスは多く(オーナーの店も同様)、当局による摘発のリスクが頭から離れない。
 なかなか世知辛い商売なのである。

拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top