EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

歌舞伎町の路上でヘルス嬢に遭遇!営業終了後の“個人ちょんの間”

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
歌舞伎町の路上でヘルス嬢に遭遇!営業終了後の“個人ちょんの間”

※歌舞伎町セントラルロード。彼女はここに立っていた。

執筆者49歳の男性

 深夜2時、私は歌舞伎町を歩き、客引きに遭遇してみることにした。

 まずは最も客引きが出没するという、区役所通りから攻めてみる。靖国通りから入ってすぐの所にある駐車場前で、

「本番、本番…」

と声を掛けてくるお婆さんに出くわす。

「●万円でいいよ…」

 これはちょんの間の値段ではないかと立ち止まる。

「それって、マッサージ…?」

「それもあるよ…」

 ちょんの間にマッサージなどあるわけが無い。私は早々に立ち去ることにした。

 場所を変えて、元コマ劇場周辺、ラブホテル街へと足を伸ばすが、やはり会えなかった。当日は月曜日ということもあり、人通りもまばらだ。

 最後に、セントラルロードを歩いてみた。

(遭遇できなかったら日を改めよう…)

 そう思いながら歩いていた時、突然、背後から女のコの声が聞こえた。

●万円でいいから、じゃあお店に行こう


「ねぇ、おじさん、ヒマなの?」

 振り返ると、20歳前後の色白のコだった。AKBの高橋みなみさんに似た、小悪魔系のルックスだ。今までクラブで遊んでいたという感じ。逆ナンパか、割り切りだろう。

「ねぇ、エッチしない?」

 予定通りの言葉が出てきた。今日はちょんの間に行くのが目的で、売春ギャルを買いに来たのではない。振り切って帰ろうとはしたものの、ちょんの間探しが結局、空振りに終わりそうなのは目に見えていた。

(今日のところはこのギャルとの一夜を楽しむのもいいかも)

 急にそんな気分になった。

「●万円でいいから、じゃあお店に行こう」

 そんな意味不明な言葉を放ち、彼女は腕を掴んで歩き出した。5分ほど歩いて着いた先は、全階にヘルスが入っている雑居ビル。

 エレベーターで5階まで上がると、バックからカギを取り出し、とある1軒に悠然と入って行った。  

 ここでようやく、彼女の正体が判明した。

 彼女は閉店後のヘルスで個人営業をする、“ちょんの間ヘルス嬢”だったのだ。

 部屋に入り、彼女が用意するまでの間、雑談をする。

 そこで分かったのだが、彼女はこのヘルスで働く20歳の家出少女ということ、手ぶらで出てきたため、店長に泣きついてこの店に住まわせて貰っているそうだ。

 ヘルス終了後の個人ちょんの間営業は、完全なアルバイトらしい。

「家賃で3万円引かれるから…」

 彼女は苦笑いしながら答えてくれた。

ちょんの間ヘルス嬢1 早速始まったプレイは、オーソドックスなちょんの間スタイル。

 しかしさすがはヘルス嬢、舐め技は抜群に上手い。

 生尺ですっかり立たせてもらい、ゴムを付けて正常位で挿入する。

ちょんの間ヘルス嬢2「アン、アン…」

 可愛い喘ぎ声は、演技とは思えない。

 締まりの良さも最高で…すぐに発射してしまった。

 事が終わると、彼女は一緒にシャワーを浴びさせてくれた。

 約束通りに●万円を払うと、

「また、遊ぼうね」

と笑いながら、裏側に携帯番号の入ったヘルスの名刺をくれた。

 ヘルス嬢として働きながら、閉店後は路上に立って自ら客を引く。

 ただでさえ身体を酷使しているのに、この掛け持ちが長続きするとは思えないが…。

 まだまだ数こそ少ないものの、“新・ちょんの間”は歌舞伎町に根付き始めている。

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間50万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top