EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

堀之内の『JKコスプレソープ』に行ってきた

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
堀之内の『JKコスプレソープ』に行ってきた

執筆者40代半ばの男性

 行ってきたのは堀之内。
 その名も『JKコスプレソープ』。

店員「いらっしゃいませ!!」

俺「写真見せてください♪」

(んんん…良い娘がおらん)

俺「これで全員ですか?」

店員「ちょっと待ってくださいよ…あと30分後にこの娘が出勤予定ですね…」

俺「…この娘、どんなタイプです?」

店員「そうですね…人懐っこい良い娘ですよ」

俺「いくつです?」

店員「21歳だったかな?」

俺「では、この娘を…♪」

 好みの娘が居ない時は、必ず店員に確認しよう。

 で、結局待ったのは約45分。

店員「お待たせしました!!38番の番号札をお待ちのお客様!!」

 俺だ。

 階段の入口前に立つ。
 そして分厚いカーテンが…開いた。


マットプレイ、背中で踊る女体


娘「こんにちは♪」

俺「こんにちは♪」

 今日一番の笑顔で答える。

 第一印象は、どこにでも居る普通の娘。

 可愛いと言えば可愛いが、そうでもないと言えばそうでもない。

 それから3階まで上がり、部屋に通された。

 上着を脱いで、ベッドに座る。

 ここでご挨拶。

娘「Yです、よろしくお願いします♪」

俺「よろしく♪」

 ここから軽いコミュニケーション。

 出身地や年齢、趣味などの雑談をする。

Y「お客さん珍しいですね」

俺「何が?」

Y「こんなにお話するお客さん居ませんよ」

俺「ふ~~ん、黙ってHしてもおもしろくないじゃん。ここは恋愛ごっこする所なんだから、仲良くならないとね」

Y「やっぱり珍しいです。でも、楽しい♪」

 そう言われて抱きつかれて懐かれた。

 Yが抱きついてきたので軽くハグ。

 ここから押し倒すこともなく、お風呂へ移動…。

 シャワーで体を洗ってもらい、浴槽に浸かる。
 Yが一緒に入ってきたので、後ろ向きに座らせて、後ろから抱きしめる。

 首筋に唇を押し当てたり、うなじを舌で舐めてみる。

 Yは体をくねらせる…。

 両手でYの胸を揉んでみる。

 Yはさらに体をくねらせ、甘い吐息を漏らす…。

 ギターを弾いたことはないが、女体ギターなら得意だ。

 右手をクリトリスに、左手は右胸の乳首に、口はYの耳に息を吹きかける。

 女体ギターは、勝手にボリュームを上げて大きく喘ぐ。

Y「あぁぁぁ~ん♥」

 女体をあまり浴槽で弄ると、お風呂を出てから痛くなるので、そこそこに終わらせる。

 Yは体に力が入らないのか、ゆっくり浴槽から出て、マットの用意を始めた。

 すぐに用意が完了し、俺はうつ伏せでマットに寝転んだ。

 Yが俺の体にローションを掛け、自分の体にもローションを掛ける…。

Y「失礼します♪」

 俺の背中でYが踊る…。
 まだまだテクニックはないが、一生懸命にマットを尽くしてくれたことが嬉しい。

 仰向けになると、ディープキス。

 ローションだらけのふたつの体がひとつになる…。

 俺の肉棒を、そっとYは自分の中へと押し込んだ…。

Y「あん♥」

 少し腰を浮かせてYに突き刺す。

Y「硬くて気持ち良い」

 Yは俺の上で腰を振って快楽を貪る。

 今回の目的はあくまでも2回戦である。

 俺は両手でYの腰を持ち、思いっきり下から突いてやった。

 Yは大声で喘ぐ。
 俺は腰から背中に腕を回して、Yを思いっきり抱きしめ突きまくった…。

俺「逝ってもいい?」

 Yが喘ぎながらも頷く。

 あっという間に1回戦が終わった…。


タイムロス、残り時間との闘い


 1回戦が無事に終わり、ピロートークタイム。

 俺は女子の話をちゃんと聞くが、その分受け答えするためによく喋ってしまう。

 今回のトークテーマは「好きな映画」。

 今思えば、これが俺のお喋りに火を付けた。

 延々とお互いの好きな映画話に花が咲き、結構な時間を使ってしまった。

 時計を見ると、残り20分足らず…。

 俺は急いでYの上に覆い被さり、キスを首筋へ、胸から乳首へ、右手でクリトリスを攻撃して、時間短縮の愛撫を済ませたところで自分の股間を見てみた。立ちが悪い。

 俺はYに69を頼んでエッチラオッチラ舐め合った。

 時間を見ると残りは15分。

 急いでゴムを付けてもらい、Yを仰向けに寝かせた。

 Yが大股を開いてくれたので速攻で挿入。

 俺はYを抱きしめながら、

「ごめんね…痛かったら言って…」

と無我夢中で腰を振った。

 時間がないのもそうだが、気を抜くと萎えるのだ。

 ひたすら腰を振って射精感が訪れるのを待った。

 Yはそれに応えるように、大きな喘ぎ声を上げながら感じてくれていた。

 ようやく射精感が訪れた。

 ここで気を抜いてはおしまいだ。

 Yのわき腹を両手で掴み、Hを覚えたばかりのガキの如く、高速ピストンで突いて突きまくった。

 その瞬間、目覚まし時計が鳴った。

 文字通り計ったように、着替えの時間を教える10分前だった。

 俺はYに謝った。

「ごめんね。自分勝手なHしちゃって…痛くなかった?」

Y「大丈夫ですよ。気持ち良かったです♥」

 例え嘘であったとしても、この言葉には感謝した。

 俺は「ごめんね…」と言いながら、Yのおでこにキスをして、ゆっくりとYの中から抜き出た…。

 その後はシャワーを浴びて、急いで服を着て身支度を整えた。

 お別れのあいさつで、俺はもう一度Yにハグ。

Y「おすすめの『パーフェクト・ワールド』絶対に観ますね♪」

俺「ということは、映画の感想を聞きにまた来いってことだね」

Y「はい!!また、いらしてくださいね♥」

 そう言い終わると、優しくキスをしてくれた…。



全然JK要素なくてゴメン
でも一番驚いているのは俺なんだ
ヤる夫(冷静)
拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

4.0 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間50万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top