EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

札幌すすきの『出会いバー』体験記

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
札幌すすきの『出会いバー』体験記

執筆者20代後半の男性

 僕はすすきのを好奇心で色々調査している。

 先日『出会いバー』なるものに行ってきた。

 男性は女性と相席になると金額が上がるというシステムだった。

 調査結果を簡単に報告しよう。

 その出会いバーには、普通の居酒屋より少しくつろげるソファ、そしてカラオケがある。

 今回潜入したのは僕と後輩の2人だが、ここで致命的なミスを犯してしまった。

 2人ともカラオケが苦手な上、とてもシャイ。

 店員さんは「好みの女性がいたら言ってくださいね」と声をかけてくれたものの、黙々と時間だけが過ぎていく…。

 仕方ない、作戦変更だ。

 まずは周りを観察しよう。

 似たような状況の男性3人組、あとは男女6人組の1グループ。

 カラオケボックスは何やら女性ばかりで盛り上がっている様子。

「あそこのグループ、女性が可愛いなぁ」

後輩「あんな女性と出会えるんですね…」

「ちょっと頑張ってみるか」

後輩「頑張りますか…」

 店員さんを呼んで、「好みはないからとりあえず2人組を連れてきてほしい」とお願いする。

店員さん「今空いてるのが一組いらっしゃるんですが、後に友人が合流するそうで5人になるようなんですが」

 5人!?そりゃ相手が多すぎる。
 ハーレムになる前に気疲れして地獄を見るのがオチ。

「わかりました(汗)とりあえず他の方来たら教えてください」

 この会話を最後に、2時間は経過しただろうか…。

 例の6人組の行く末が気になったものの退散。

 出会いバーの潜入結果は男2人で惨敗。

(次こそは…)

 しかし、そんな夢を打ち砕く事態が発生した。

 男女6人組の中の女性1人が店員さんにこう言った。





「あの客面倒だから帰っていい?」





 …サクラだ。

 ●●(店名)には二度と来ないであろう…。

 出会いを金儲けにしてはいけない。

 だって男は単純なんだから。

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間120万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top