EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

こんな時どうする!?『LINE』のトラブル事例13と知っておくべきテクニック

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
こんな時どうする!?『LINE』のトラブル事例13と知っておくべきテクニック

 今や全世界のユーザー数が3億人、日本だけでも5,000万人を突破した超ド級モンスターアプリ『LINE』。

 その使い勝手と利便性の高さから、まだまだ登録ユーザーは増え続けている。

 だが必然、利用者の増加に伴い多くの揉め事も発生している。

 そこで俺は、予期せぬトラブルに遭ったLINEユーザーたちに取材を行った。

 最終的に13個のエピソードを収集、回避策を調査、今回のテーマに至る。

 当記事は『LINEを安全に使いたい!』と考えている人(特に30代以降の読者)にぜひ読んで頂きたい。

 トラブル事例を知り、それを未然に防ぐことが出来れば、あなたのLINEライフは快適なものになるだろう。

ケース1.電話帳が吸い取られて


 友人に勧められてLINEを始めることにした。さっそくインストールしてみると、友だちリストには電話帳に登録されている名前がズラリ!これって勝手に追加されるもんなの?
 しかも連絡を取りたくない人まで友だちに入ってて、その人から「LINE始めたんだね!よろしく!」とメッセージが来ちゃった。上司なので無下にするわけにもいかず、色々と面倒くさいことになってます…。

予防・対処法

 LINEをインストールする際、全ての項目をオンにするとこんな状況に陥ってしまう。
 実はLINEには、電話帳の情報からLINEユーザーを探し出し、友だちに追加してくれる機能がある。
 それが“電話帳の同期”だ。
 確かにお手軽なのだが、「連絡を取りたくない人まで追加された!」なんてトラブルが続出している。

 これを防ぐためには、LINE登録時の『友だち追加設定』画面で「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」をオフにすれば良い。
 そうすれば、電話帳と同期されておらず、友だちリストがゼロ状態の初期画面になるため、誰にも知られずにLINEを始めることが出来る。
 例え登録時に同期をしてしまっても、「その他」「設定」「友だち」の順にタップし、「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」のチェックを外せば情報漏洩の拡大を防げる(笑)

 LINEで連絡を取りたい友だちを追加するには、「LINE-IDを直接聞き出して検索する」「ふるふる機能を使う」「QRコードを読み取る」のいずれかの方法で行おう。

ケース2.挨拶男


 合コンで知り合った男にID教えたら、朝の「おはよう」から夜の「お休み」まで挨拶メッセの嵐!スタンプもイミフにガンガン来るし(笑)
 メンドイからシカトしてたら、ある日突然「俺には君しかいない」的なことを言ってきてドン引き…。このままだとウザいを通り越して説教しちゃいそう(笑)

予防・対処法

 LINEユーザー(特に女性)の中には、このような“しつこい相手”に悩まされるケースも多い。
 そんな時は、相手をシャットアウトしてしまうに限る。
 それが、迷惑なユーザーを遮断する『ブロック』機能だ。
 ここでブロック機能の仕組みを簡単に知っておこう。

ブロックした側
・ブロックユーザーは「友達リスト」に表示されず、「ブロックリスト」に表示される。
・対象ユーザーのトークルームを開くと、メッセージ入力欄に『ブロック中』と表示される。
・ブロックユーザーのメッセージは表示されず、通話の呼び出し音も着信の表示もされない。

ブロックされた側
・相手にメッセージを送っても、一切「既読」状態にならない。
・ブロック中に送ったメッセージは、既読後も相手に表示されることは無い。
・通話をかけると「呼び出しています…」という画面が表示され、通常通り呼び出し音も鳴る。



 ブロックした側は実に快適なのだが、ブロックされた側には通知されない。
 結果的に、何度メッセージを送っても「既読」にならない生殺し状態となるワケだ。

 基本的にブロックの旨が相手にバレることは無いが、ケース3で紹介する裏ワザを使われると知られてしまう。




ケース3.これってもしかして…


 LINEで仲良くなった女性と初めて会うことに。食事デートを何とか無事に終えられたけど、問題はその後に起こった。
 翌日、その女性からLINEで通話があったが、俺は忙しかったため、次の日に連絡しようと放置。
 翌々日の朝にメッセを送るも、いつまでも経っても「既読」にならず…連絡も一切なし。
 これってもしかしてブロックされてる!?不安で不安でたまりません!!

予防・対処法

 LINEは受け手がメッセージを読むと、送り手のトークルームに「既読」と表示される仕様になっている。
 したがって、メッセージを送ったものの、いつまで経っても既読にならない場合は、まずブロックされた可能性を疑うべき。

「この人にブロックされているかどうかを知りたい!」

 そんな悩める読者におススメするのが、『無料スタンプをプレゼントする』という方法だ。

相手にブロックされているかどうかを知る裏ワザ

①贈りたい無料スタンプを選ぶ
『スタンプ情報』画面から「プレゼントする」をタップ。

②プレゼントしてみる
プレゼントする相手(ブロックされているかどうかを知りたい相手)を選び、「選択」をタップするだけ!

ブロックされている場合
「この友達にはプレゼントする事ができません。他の友だちを選択してください。」と表示される。

ブロックされていない場合
『プレゼント確認』画面が表示される。
 ここで「プレゼントする」をタップせずに戻れば、何人でも確認することが出来る。

参考URLLINE(ライン)でブロックされているかどうか分かる確実な方法

 悶々とした夜を過ごしているなら、今すぐこの裏ワザでチェックすべし!

ケース4.「既読」無視にイラッ


 寝てたとか、返事したくないとか、そういうのあるの分かるけど。LINEでメッセ送ってすぐ既読になってるのに返事なし。
 こういうのって、私の中では放置したら向こうから連絡ないパターンの1つ。1日とか2日かとかだったらまだ分かるけど、1週間にもなると心境が理解できない。こういうことされると、『私から絶対に連絡するもんか!』って思っちゃうよね。

予防・対処法

 相手がメッセージを読んだかどうかが分かる「既読」機能。
 これに対しては賛否両論があり、送り手からすればメリットになる一方、受け手にとってはプレッシャーになることが多い。
 例えば、「既読」にしてメッセージを送らなければ、『読んでるのに返してくれない』と見なされてしまいがち。
 当該機能はLINEの仕様となっており、オフにすることは出来ない。
 そのため、返信に時間がかかる場合を考えると、「メッセージを読みたいのに読めない!」とお悩みの諸人も多い。

 そんな時は、“「既読」にせずにメッセージを読む方法”を活用しよう。
 まずは「その他」「設定」「通知設定」の順にタップし、「通知ポップアップ」をフルに設定する。
 すると、LINEでメッセージを受け取った際、トップ画面にポップアップウィンドウが表示されるようになる。
 その画面のみでメッセージを読めば、相手に「既読」とは表示されない。
 ただし、「表示」をタップすると既読になってしまうため、注意されたい。




ケース5.魔のビックリマーク


 LINEでやり取りして3ヶ月の女の子がいるんだけど、最近なんとなくお互いに好意を持ってる感じがした。でもこの子はかなりメンヘラ気味で、早く返信しないとメッセを送ってきたり、通話をかけてきたりする。だからちょっと警戒してて、会わずにLINE友だちの関係を続けてた。別にあっちから誘ってくることもなかったしね。貰った写真はどれもかなり可愛いかったし、そこがまたいいと思い始めてきた。
 ある日、その子から「今週の土曜会わない?」とメッセが。まさかのお誘いに、もちろん「いいよ!」って返した。
 数時間後、その子から何度も意味不明なメッセが送られてきた。「他に女がいるんでしょ」とか「やっぱり私のことが嫌いなんでしょ」とか言ってる。通話しても全然出ない。しまいにはリスカの写真まで送ってきた。しかも結構深くまで切ってんの、マジで寒気がした。俺はちゃんと返事したし、気を悪くさせる心当たりは全く無い。
 よくよく見てみると、俺のメッセの隣に赤いビックリマークがあった。何のマークかと思って調べてみた。気付かなかった俺も俺だけど、そういうことか…。必死の弁解虚しく、「もういい、違う人と会うから」って言われてブロックされた。
 それ以来、メンヘラ女と赤いビックリマークがトラウマになった。

予防・対処法

 LINEを使っていると、稀にメッセージの横に赤丸のビックリマークが表示されることがある。
 実はこれ、『送信エラー』を意味している。

 このマークを見逃してしまうと、「送信したつもりでも実は送信されていなかった」なんて事態が起こりうる。
 些細な事柄なら良いのだが、今回のように重要な場面では致命的。
 LINEでメッセージを送る際には、きちんと送信できているかどうか(ビックリマークの有無)を必ず確認するようにしよう。

ケース6.迫り来るスタンプ


 朝にスマホが鳴りまくって起こされた。何だと思って見てみると、LINEで「ひよこが迫ってくるスタンプ」を連打されてた。その日から時々夢に出てくるようになって、軽くひよこがトラウマになっちゃった(笑)

予防・対処法

 メールで使う絵文字や顔文字の進化バージョン、それがLINEの「スタンプ」機能だ。
 使い方は至って簡単。
 メッセージ入力欄左のニコニコマークをタップし、送りたいスタンプを選択するだけ。
 このLINEスタンプは、喜怒哀楽を個性的なキャラクターたちが表現してくれる。

 ただし、あまりにも同じスタンプを使い過ぎると『ウザい』と思われたり、飽きられてしまうことも。
 バリエーションを増やすには無料スタンプをダウンロードするか、有料スタンプを購入するのが一般的だ。

「タダで珍しいスタンプを使いたい!」と言うあなたにおススメしたいのが“テキストスタンプ”である。
 これはAA(アスキーアート)をスタンプとして利用できるというもので、相手の目を引くこと間違い無し!

テキストスタンプの使い方

①『Simeji』をインストールする
まずは以下から当該アプリをインストールしよう。

ダウンロードSimeji(日本語入力キーボード)

②キーボードのキノコのアイコンをタップする

③「テキストスタンプ」をタップする

④送りたいテキストスタンプを選ぶ
上部のタブで、スタンプのジャンルを切り替えることが出来る。

⑤テキストスタンプを選択してメッセージを送る
選択後、メッセージ欄にテキストスタンプが入力されているので、そのまま送信すればOKだ。



 他のユーザーと差を付けられるテキストスタンプを上手く活用するべし!
 ただし、通常のスタンプと同様、相手のトラウマになる可能性があるため、送り過ぎにはご注意を(笑)




ケース7.光ったケータイ画面


 旦那が就寝中、枕元にあったケータイが光り、『○○さん死にたい』『相談したいことがある』とLINEメッセージが表示された。何事かと思って翌日旦那を問い詰めると、「社内でトラブルが起こって仲裁に入ったら、それから相談メールが来るようになった」とのこと。
 わざわざLINEしなくても毎日会社で会うでしょ?浮気じゃないの?せめて私にバレない時間にLINEしろよ。休日の昼間はアウトでしょ!

予防・対処法

 LINEはメッセージを受け取った際、デフォルトでポップアップ画面が表示されるようになっている。
 これが中々のクセモノで、設定によっては電源を切っていてもメッセージが表示される場合もある。
 その状態で恋人と仲良くケータイを覗いている時、唐突に異性(浮気・不倫相手など)のメッセージが表示されたらもう大変!

 そんな修羅場を未然に防ぐためにも、LINEの『通知設定』を見直しておこう。
 設定方法は至ってシンプル。
「その他」「設定」「通知設定」の順にタップし、「通知設定」をオフにするか、「通知ポップアップ」の設定をカスタマイズするだけ。
 ポップアップ画面を表示させないようにすれば、例えパートナーにケータイを見られていても安心できる。
 就寝時には、メッセージ通知を一定時間停止する「一時停止」がおススメだ。
 とは言え、後ろめたいことは程々に!(笑)

ケース8.グルチャでの罵倒


 知り合いとグルチャでやり取りしてたんだけど、いきなり全然知らない人に友だち追加されて、個人メッセで「バカ」「キモい」みたいな感じで悪口を言われた!

予防・対処法

 LINEは一対一のトークだけではなく、同時に複数人とのトークを行える機能も備えている。
 それがグループチャット、通称「グルチャ」だ。

 皆でワイワイ楽しめるのは嬉しいのだが、「友達のグルチャに知らない人が参加していた」というケースは少なくない。
 グルチャは新たな繋がりを生み出してくれる一方、今回のケースのように不快な思いをしたり、トラブルに遭ったりする可能性もある。

 したがって、面識の無い人物がいるグループチャットには極力参加しないほうが賢明だ。
 グルチャに参加した場合、退出する際には「抜けますね」などと一言残すのがマナー。
 どうしても参加せざるを得ない場合、多少トークしてから「携帯が重くなってきたから抜けるね」と言えばスマートに退出できる。




ケース9.店に何度もやって来るおじさん


 私はアパレルをしてるんだけど、店によく来るお客さんに、30代後半くらいの見た目はまともそうなおじさんがいる。
 その内に今まで以上に何度も店に来るようになって、「連絡先教えて」ってしつこいから『もう店に来ないでほしい』と思ってLINEのIDを教えた。
 でもその後に、LINEで頻繁にメッセージが来るようになった。
 あまりにもしつこいから、LINEのタイムラインで「おっさんがウザくてしつこい」って投稿したら、そのおっさんに見られてしまって、個人メッセで「これ俺のこと?」って言われて面倒くさくなったからブロック。
 そしたらまた店に来るようになった!シカトしてたらそのうち来なくなったけど、めっちゃ怖かった(笑)

予防・対処法

 LINEにおいて、SNS的な機能を果たすタイムライン。

 デフォルトでは全員に公開されるようになっているため、投稿を見られたくない相手がいる場合はトラブルに発展する可能性も。
「その他」「設定」「タイムライン・ホーム」の順にタップし、「新しい友だちに自動公開」のチェックを外せば、友だちを追加しても勝手にタイムラインの投稿が公開されることは無くなる。

 また、「タイムライン・ホーム」画面の「公開範囲設定」をタップすれば、各LINE友だちに対する投稿の公開・非公開を変更することが出来る。
 無論、公開したくない相手は「非公開」に設定しておこう。

ケース10.プロフィール画像の異変


 ちょっと前に「好きな人できたから別れてほしい」ってフった元カレ。「他に好きな人いてもいいから一緒にいさせてください」と言ってた癖に、久々にLINE来て『アイコンとか色々変わってるなー』と思ったら、プロフィール写真が女の子(彼女?)とのプリクラになってた。もうちょっと見られてることを気にしたほうがいいよ。

予防・対処法

 タイムラインの投稿は公開・非公開を変更することが出来るが、プロフィール画像は常にサムネイルとして表示されるため、必ず友だちに見られることになる。
 プロフィール画像の変更時にはデフォルトでタイムラインに投稿されるようになっているが、「その他」「設定」「プロフィール設定」の順にタップし、「画像の変更を公開」のチェックを外せば公開されることは無い。

 いずれにしろ、見られたらマズいプロフィール画像は設定するべきではない。
 特に異性と映っている写真の場合は、今回のケースのようにフクザツな問題に発展しやすい。

 プロフィール画像はその名の通り、自己紹介をする程度に留めるのがベストだ。




ケース11.LINE-IDを聞きまくる男


 社会人サークルの飲み会で、ある男からLINEのIDを聞かれて「また飲もう」と言われたんだけど、その男が参加する飲み会に呼ばれるたび、そこで初めて会ったと思われる女性に私と同じ手段でLINEのIDを聞き出したり、同じ口説き文句を使ったりしてて幻滅…。
『どうせ色んな女に手を出してるんでしょ』って思った!

予防・対処法

 LINEユーザー数の急激な増加に伴い、飲み会や合コンの席ではメールアドレスよりもLNE-IDを交換するシーンをよく見かけるようになった。
 特にタイプの異性を見つけたなら、LINE-IDを聞くことは親密になるための第一歩と言えるだろう。

 ただし、そのような場でタイプの異性が複数いた場合は、後で一緒に参加した知人や友人に気になる異性のLINE-IDを聞くなど、相手や周囲に対して配慮をするのが最低限のマナー。

 また、これはLINEに限った話ではないが、飲み会や合コンの場では、タイプの異性を1人に絞って連絡先を交換したり、口説いたりするのがトラブル回避の最良策。
 二兎を追う者は何とやらだ(笑)

ケース12.子供を優先する義理の妹


 最近あたしの娘2人の携帯に、流行りのLINEで「携帯番号変えました」と来たらしい。でもあたしには来てなかった。あたしは義理の妹をブロックしてるわけでもないし、『なんで?』と思って腹が立った。
 普通は義理であろうが、まず姉であるあたしに教えるのが当然でしょ?なんで子供なの?おかしくない?遠く離れてるならなおさら、そういう連絡って大事ってか常識でしょ。ムカついて義理の妹に説教してしまった(笑)

予防・対処法

 これは相手側の一般常識が欠けていたために起こったトラブル。

 定期的なやり取りが必要な関係であった場合、連絡先を変更したのなら通知するのが最低限のマナー。
 それを怠ったり、今回のケースのように優先順位を誤ると、相手と疎遠になってしまたり、関係がこじれる可能性もある。
 LINEに限らず、コミュニケーションツールは常識を持ったご利用を!




ケース13.LINE掲示板からメッセージをくれた相手


 いつものようにLINE掲示板にメル友募集の書き込みをしてたら、LINEにメッセが。『ひょっとして掲示板を見てくれた女の子かな?』と思ってLINEを開いてみた。
 でも差出人はなぜか男、そこにはこんな内容が書かれていた。










「身長も高いし、タイプなんだけど、ちょっと遠いよね」










 ウホッいい男!
 テンションダダ下がりで「僕ノンケです」と返しました。

予防・対処法

 募集文と共にIDを書き込み、「友だち」を募るLINE掲示板。
 2014年現在、その正確な数はLINEの運営会社でさえ把握しきれていない。

 実はこのLINE掲示板、出会い系として利用するユーザーが非常に多く、児童淫行・買春(援助交際)などの性犯罪の温床になっており、まさに無法地帯と化しているのが現状。
 そもそもLINEでは「面識のない異性との出会いや交際を目的とする利用方法」が禁止されている。
 その上、これらのID掲示板は“非公認サービス”がほとんどであり、公式サポートも受けられない。

 したがって、余計なトラブルに遭遇したくないのなら、ID掲示板には手を出さないほうが賢明だ。
 例え利用するにしても、全て自己責任において行うべきである。

最後に

『LINE』は非常に便利な無料アプリだ。

 かく言う俺も、メールからLINEへ移行した後、今では手放せない会話ツールとなっている。

 メールとチャットを組み合わせたトーク方式は、レスポンスの早さに優れ、円滑なコミュニケーションを可能にする。

 だがその一方で、使い方を誤るとトラブルに発展し、最悪の場合は事件にまで発展することもある。

 当記事が、あなたの安心・安全なLINEライフの一助となれば幸いだ。

PDFで読む、LINEトーク術。

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間55万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top