EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

居酒屋にいた超ミニスカセーラー服をナンパしてみた

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
居酒屋にいた超ミニスカセーラー服をナンパしてみた

執筆者30代後半の男性

 昨晩は友人と飲んでいた。

 入口がカウンターで、奥に行けばテーブルになっている隠れた名店だ。

 最高に美味い酒と魚介類が格安で嗜める居酒屋である。

 東京在住で大阪に仕事で来ていた友人Fと、その店でチビリ、チビリと熱燗を飲みながら話をしていた。

F「女と出会うならナンパだよ」

 彼は俺が知る限り、稀代のナンパ師。

 さほどイケメンというわけではないのだが、とにかく口が上手くナンパの成功率は高い。

 昔は素人モノのAV監督をしていて、街で女に声をかけてはギャラ3万円で交渉し、撮影したハメ撮りビデオ(いわゆる企画モノAV)を世に送り出していた。

 本当か嘘かは分からないが、ナンパで4桁は女を食っているという。

F「女とヤリたきゃナンパしろよ、ナンパ!出会い系なんかアホらしくなるぞ」

 本来シャイで人見知り気質な俺は、ナンパなど当然できるはずもなく、出会い系サイトでさえもさほど出会えていないほどなのである。

「ナンパしてフラれることを想像するだけで傷付くよ」

『500人に声をかけて1人付いて来たら成功』と言われるナンパで、499人にフラれた後にチンコが勃つほど俺のメンタルは強くない。

F「フラれないような相手に声かけたら大丈夫だから」

「そんな必勝法なんかあるの?」

 こんな話をしながら酒を飲んでいたのだが…急に周りの席で他の客がざわつき始めたのである。

しっかり見えているイチゴパンツ


 何事かと後ろを振り返ると、俺は口に含んだ日本酒を噴霧しそうになった。

 1人のカウンターの客がトイレに入ろうとしていた。

 そのお客さんの姿が凄いのである。

 セーラー服+超ミニスカート。

 この姿だけで居酒屋とはミスマッチである。

 そして何より、そのミニスカートのエロさたるやハンパなく、お尻から見るとわかめちゃんよろしく、イチゴのパンツがしっかり見えているのである。

 だがしかし、店内がざわついた最大の理由は、そのエロいセーラー服を着ている人物が










オッサンだったからである。










 そのハゲ散らかした初老のオッサンは、『見たら石になるんじゃないか』と思えるくらい衝撃的に汚い。

 世の中の色々なモノを見てきた友人Fも、「こ、これは…」と唾を飲み込んだ。

 女装はこれまでにも見てきたが、あそこまでのヨゴレは“逸品”らしい。

 彼女(オッサン)がトイレから出てくると、入口のカウンター席に1人で座った。

 周りの客から向けられる好奇と嫌悪の視線。

 学生風の男はわざわざ席を立って見に行き、「ウゲー」と舌を出して笑いながら戻ってきた。

 人の持って生まれた外見と性趣向を嘲笑うのはゲスだと思う。

 ただ俺も気になるので、何となくセーラー服のオッサンを視界に入れていた。

こんなチャンスは滅多に無い


「見て欲しくない!」
「でも見て欲しい!」

 他人から嘲笑され、好奇の視線が恥ずかしい。

 それでも、『誰かに見てもらいたい』という気持ちが止まらないのかもしれない。

 心が揺れ動くように、オッサンもまた、生ビール片手にメトロノームのごとく身体を左右に動かしていた。

 “出会い”の最大のメリットとは何かを考えた時、セックスも大いに結構なのだが、やはり『自分の知らない世界を知る』ことだと思う。

 昔からそうなのだが、俺は思考や行動が何となく頭で想像できる人には、全く興味が湧かない。

 思考や行動が読めない人、自分の知らない世界を経験している人には近づきたくなるのである。

 そして今、俺の席の近くに最高の人物が座っている。

 俺はオッサンに聞きたい事柄が山ほどあった。

『こんなチャンスは滅多に無い』と思い、酔いが回っていたこともあって、俺はFの制止を振り切り、カウンターに座る彼女(オッサン)に笑顔で声をかけたのである。

「もし、良かったら一緒に飲みません?」

 オッサンは振り返ると、満面の笑みを浮かべて










「いや、ちょっと勘弁してください」










 フラれた。

 ド変態にフラれた。

 その様子を見たFは腹を抱えて大爆笑。

『こんな気持ちになるから絶対にナンパはしない』と誓った夜であった。



釣ったことは謝らない
ヤる夫(冷静)
そう言えばセーラー服おじさんが早稲田塾のCMに出てたな
あの人良い人そうだからなんか好きだわ
ヤらない夫(ティータイム)

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top