EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

「潔癖症」のグラビアアイドルK

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
「潔癖症」のグラビアアイドルK

【出典:Menjoy!】

執筆者30代後半の男性

 先日とある打ち上げで、ある女の子と同席した。

 その子は売れないグラビアアイドルでKという。

 彼女は25歳、現在はグラビアグループに所属し、細々と活動している。

 俺にとって、Kは非常に気になる女の子であった。

 以前、何かのイベントでファンとの握手会があったらしく、Kは5人目くらいから急に「気分が悪い」と言ってトイレに駆け込んだ。

 なかなか出てこないK、女性スタッフが心配になって中を覗きに行くと、彼女はトイレで泣きながら手をずっと洗っていたのだ。

「Kは潔癖症なんですよ」

 後日スタッフからその話を聞いて以来、潔癖症の彼女のことがずっと気になっていたのである。

 その気になるKが、打ち上げで俺の前に座っている。

「Kちゃんって潔癖症なんやって?」

「そうなんですよ…」

 俺はもう我慢できず、単刀直入に気になることを聞いてみた。

「セックスする時、どうすんのん?」

 世の中に潔癖症の人はかなりいると思うのだが、俺の周りにはなかなか居らず、ずっと気になっていたのである。

 Kには20代の彼氏がいる。

 一番セックスをしたい頃合いである。

 握手会で泣いてしまうほどの潔癖症が、セックスでは大丈夫なのだろうか。

 俺はずっとKが気になっていた。

エッチはさせますけど、キスは絶対にしません


「エッチはしてますよ」

 さすがに、潔癖症でもセックスはするのだ。

「まぁ男性が我慢できないのは理解してるんで…ただできることならしたくないのが本音です」

 彼氏のために仕方なくセックスをするそうなのだ。

 驚くべきは、そのセックスの内容である。

「いきなり入れてもらいますね。前戯はいらないです。身体には触ってほしくないんで…部屋を真っ暗にして、そこで私が股を開いて…」

(ダ、ダッチワイフか…)

 真っ暗な部屋で身体に触れさせないよう彼氏に腕組みをさせて、彼氏がイクまで淡々と腰を振らせるのだ。

 腕を組みながら腰を振るなんて、まるで80年代のダンサーじゃないか。

 さらに面白かったのは、

「エッチはさせますけど、キスは絶対にしません」

と、まるで風俗嬢の言い分である。

「だって口の中って肛門より汚いらしいですよ。エッチは仕方なしだけど、キスはしなくて大丈夫じゃないですか」

 同様に手も握らない。

 Kは最初からキスを避けているらしい。

 昔は段階論でABCと表現していた。

≪ A(キス)・B(ペッティング)・C(挿入)≫

 彼女のABCはこうだ。

≪A(挿入)・B(手を繋ぐ)・C(キス)≫

 彼女にとっての「C」はハードルがかなり高い。

「本当に好きな人ができたら変わるんちゃう?」

「うーん、今以上に好きになれる人は考えられないですね」

 恐るべき潔癖症である。

 逆に同じグループのMという女の子は匂いフェチで、彼氏の臭い匂いが大好きなのだとか。

 彼氏に限界まで風呂に入らないよう指示し、ちょうどいいくらいに臭くなった頃を見計らって、彼氏にむしゃぶりつくのがたまらないらしい。

 逆に言えば、臭くないとセックスはさせないということだ。

 真っ暗な部屋で腕を組みながら腰を振らされる彼氏。

 いい頃合いで熟成されるまで風呂に入れない彼氏。

 いくら巨乳のグラビアアイドルでも、『やっぱりふつーの女性とのセックスが一番いいなぁ』と思った夜であった。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top