EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

結婚相談所で出会ったイケメンストーカー

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
結婚相談所で出会ったイケメンストーカー

執筆者40代後半の女性

 その男性Sとの出会いは大手結婚相談所。
 Sから「結婚相談所内は場所代が高いので外で会いましょう」と言われ、それは規約上自由なので同意の上で会うことにした。

 待ち合わせ場所は、本厚木のマツモトキヨシの前。

 私のお見合い相手は26歳。
 しかも目が覚めるようなイケメンだった。

 食事をしようという事になり、色んなお店を覗いた。

 でもなかなか行き場が決まらない。
 私が「もう歩き疲れました」と言うと、結局駅のそばに戻ってマックになった。

 ハンバーガーのメニューをなかなか決められないS。

 次回も同じようなデートだった。

 後日驚く事に、私の副業の派遣先のスーパーに来て、レジ打ちをしている私に「可愛いマネキンさんだ」と意味不明な一言。
「こちらまでお越し下さってありがとうございます」とお礼を述べると、「君の仕事が終わるまで待っているから」と言われた。

 そして、電車を待っている時にプロポーズされた。

「俺が結婚相談所に入会したのは、君と会えると言われてだよ」

 私は「まだ3回しか会っていないから考えさせて」と言いながらも、店にまで来たSが内心恐かった。

 その後、メールで断りの返事をした途端に大量のメールが届くようになった。
 内容はどれも「俺を侮辱した」というものだった。

 そしてとうとう、Sが本業の会社にまでやって来た。
 会社は秘密にしていたのに何故?

 Sは会社の前でわめいていたらしく、警備員に取り押さえられて帰らされたようだ。

 上司が私にその事を伝えてきた。

 以降もメールは鳴り止まない。
 放っておいたある日、「お前をコンクリート詰めにしてお台場に沈めてやる」というメールに怖くなった私は、警察署に駆け込んだ。

 私はこれまでの全てを話した。
 すると刑事さんに「ストーカーより重い罪の脅迫罪で検挙するから任せて。被害届けを書いて」と言われ、取り調べ室のような所に通された。
 そこには警察官が2人いた。
 1人は被害届けを書く担当で、もう1人は事情を聞く担当だ。

 私はストーカーの恐怖に震えが止まらなかった。

「ご飯食べたかな?大変だったね。もう恐くないよ。カツ丼でも食べる?よくドラマでやってるよね(笑)」

 犯人との出会いはどこでなどと聞かれつつ、「不細工なストーカーはよくいるけど、イケメンストーカーはめずらしいよなぁ」と言う刑事さんの言葉で私に笑みが戻った。

 そこでさっそく私の携帯を差し出すと、メールの内容を見ながらストーカー相手に「○○(私)さんに一切近づかないように。それと警察署に来なさい」とメールをしてくれた。

 優しくて頼りがいのある刑事さんだった。

 後日、そのストーカーを検挙したとの連絡を貰った私はようやく安心した。

 小心者でおとなしい男性が豹変すると恐い。
 それを身をもって知った出来事だった。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top