EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【PCMAX】忘れられない彼

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
【PCMAX】忘れられない彼

読者投稿20代半ばの女性

 ずっと、書こうか書くまいか悩んでいた。

 私には、彼氏…のようなセフレのような曖昧な存在の男の子がいる。

 彼は本州の人で、1つ年下の大学生だ。

 出会いはPCMAXだった。

 警察官の彼氏にフラれ、気持ち悪いオタク臭全開の日記を書くため、出会い系サイトを始めた。

 二次元コスプレも好きで、サイトに顔写メや詐欺写メを載せ、コメントを見てニヤニヤしたりしていた。

 そんな時に、彼(N)からメールが来た。

 オタクじゃない人からの他愛のない挨拶メールだったのに、なぜ返信したのかはわからない。

 けれど、しばらくPCMAXのメールや日記で絡み、直アドを交換した。

 それから、毎日のようにメールや電話をした。

 Nからは毎回「好き」と言われたが、遊びで始めたサイトだし、会う気も毛頭なかったあたしは軽く流していた。

 でも仕事やプライベートが一番つらかったとき、話を聞いてもらったりもした。

 そんなある日、完全にあたしが悪かったんだけど…Nと同じ時期にPCMAXで知り合った男の人に、車の中で無理矢理エッチをされた。

「母親が病気だから相談に乗ってほしい」と言われて…車に乗ったらそのまま犯された。

 その人とは…その日のうちに着信もメールも拒否した。

 怖かったけど、処女でもないし、あたしが軽率だったと反省した。

 しばらくして、Nから電話があった。

 あたしは誰にも言えないし、黙ってるのがつらくて、その件をNに伝えた。

 Nは呆れながら少し冗談を言ってふざけ、和ませてくれた後、それでもあたしを好きだと言ってくれた。

 そして電話とメールを5ヶ月続けたある日、Nに「会いたい」と言われた。

 あたしも彼を好きだった。

 でもあたしは本当に不細工で、太っていて、とてもNに会えるような女じゃなかった。

 だから、「忙しい」とか言ってごまかし続けてきた…。

 けれど、彼は無理矢理会いに来た。

 本州から、8月という真夏に、有り金を持って、「会えるまで駅にいる」と断言して。

 あたしは迷いに迷い…3日間は放置したけれど、ついに会うことにした。

 会ってからはあたしのほうが緊張しまくりで、財布や携帯を落とし、駐車券を無くし…。

 その夜、一晩中彼に抱かれた。

 それから正式に付き合うことになり、遠距離ではあるけれど、2~3ヶ月に1回、1泊2日で会うようになり、その関係は2年間続いた。

 彼の大学卒業を目前に…どんどん彼を好きになっていくあたしは不安になった。

 大学を卒業して、彼はどうするのか。

 何回聞いても話をはぐらかされた。

 そしてある日、「大学院に行く」と告げられた。

「今の研究を止めるのはもったいない」と彼がつぶやいていたので、正直わかっていた。

 また、遠距離が続く。

 あたしは限界だった。

 好きだけど…本当に泣いてすがり付きたいくらい愛していたけど、一緒にはなれないとわかっていた。

 あたしには両親はいないし、介護の必要なじいちゃんとばあちゃん、そして猫がいる。

 家を出ることはできなくて…時間が経てば経つほど、会うだけで号泣するくらいに好きになりすぎて…つらくて…「イヤだイヤだ」と泣く彼に、あたしは無理矢理別れを告げた。

 けれど、今も彼とは3ヶ月に一度くらいのペースで会い、エッチをしている。

『前に進まないと…』とは思うけど、出会いがないからPCMAXを始めた。

 彼とは、もう去年の夏以来会っていない。

 それでもメールは届いて…モンハンやゲーム、大学やバイトの話などを聞く。

 彼はメンタルの弱い人間だから…今の忙しい時期に、昔みたいにあたしの愚痴を聞く余裕はない。

 あたしが聞き役になり、当たり障りのないことをメールして寝落ち。

 そんな関係だ。

 本当に彼のことが好きなら、「PCMAXで出会いを探しても意味がない」と思うよね。

 あたしも、なんだか不毛みたいで迷ってる。

 彼は大学院に行き、1人暮らしになり、新しい人生が始まる。

 正直、あたしはいらない。

 そして、あたしも彼をいらない。

 彼は楽しい恋愛がしたい。

 あたしは支え合える恋愛がしたい。

 あたしも、前に進もうと思う。

 だから…時間はかかるけど、そのくせ欲求不満で、くだらない日記をたくさん書いて申し訳ないけど、PCMAXは続けたいです。

 あたしは次の恋愛に向かって頑張ります。

 彼のことは、忘れない。

 あたしを愛してくれたこと、あの不器用な優しさ、本当に、忘れない。

『PCMAX(ピーシーマックス)』のレビューはこちら
PCMAX(レポート風)

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top