EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【私は人妻デリヘル嬢】第17話.募る不安、疑惑の夜勤

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【私は人妻デリヘル嬢】第17話.募る不安、疑惑の夜勤

シリーズ物【私は人妻デリヘル嬢】

読者投稿40代後半の女性

「ひろしまドリミネーション」が始まった。
 平和大通りをイルミネーションで彩るイベントで、毎年たくさんの人が集まる。
 ということは、渋滞が酷くなる。ただでさえ車の多い平和大通りが、もっと渋滞するかと思うと、血の気が引く思いがした。

 今までは指名の受付を17時までにしていたが、16時半に引き上げた。
 間違いなく渋滞に巻き込まれて、お腹が痛くなるのが目に見えていたからだ。

 お店にも受付終了時間の引き上げを伝え、写メ日記やTwitterでも告知する。気が咎めたが、自分を守るためと割り切った。
 割り切ったつもりだったが、勤務時間を縮小することで、仕事量が減ることへの懸念が強くなっていった。

どうにかしてイカせなければ


 写メ日記から始まり、SNSでもやり取りをしているお客さんから指名を頂いた。
 なかなかお客さんの都合がつかなくて、やっと仕事が落ち着いて会えることになった。

 ホテル派遣ではなく、駅で待ち合わせ。JR西条駅での待ち合わせとなった。
 のんびりひとり旅の時間。
 車窓に流れる景色は、若い頃に見ていたものと少し違っていたような気がした。

 西条に行ったことを思い出しながら、それでも思い出すことをほろ苦く感じてもいた。

 無事駅で合流。
 感傷を胸に抱えながら、ホテルに向かった。

 お店にホテルの名前と部屋番号を伝え、プレイに入る。

 今回も、いつもと同じようにつつがなく終わると思っていた。
 が、私は次第に焦りの色を隠せなくなっていた。

 効かない。
 フェラでイッてくれない。

 こんなことは初めてだった。みんなフェラでイッてくれていた。
 どうやってもイッてもらえない。仕方なく手コキに移るが、これでもダメ。私はかなり焦った。
 中折れするわけでもない。それなのにイカない。どうしていいのかわからなくなった。

 次第に私は無言になり、ローションの擦れる音だけが響いた。

(どうにかしてイカせなければ)

 それしか考えられなかった。

 しかし、時間になってもお客さんはイケなかった。
 敗北を感じた。何もできないなんて。がっくり肩を落としてお店に戻った。

(私ダメなのかな)

 そればかり考えていた。

【卒業】童貞だけどネットで会った女とセクロスしたったwww
PCMAX(であ速)

夜に出ればいいのに


 あの「お知らせ」は、じわじわと私を苦しめていた。
 見た目が重要なのだ。
 頑張りを見てもらえても、「見た目がよくない」と言われてしまえばそれまで。待機所でもその話が聞こえることがあった。

 とりあえずは目元をはっきりさせようと、ジェルタイプのアイライナーを買った。これなら涙目の私でも滲まないと聞いたから。

 でも実際に使ってみると滲む。やっぱり一重でラインが見えない。デカ目効果を狙おうにも狙えない。ブラウンのシャドウは顔がキツく見えてしまう。

(どうしたらいいんだ…)

 毎日そればかり考えた。
 メイク本も買ってみた。でもどれも二重前提で、一重には使えなかった。

 どうしてこんな顔なんだろう。
 風俗に飛び込んだ自分の無謀さを呪った。

 自分がどの位置にいるのかを確かめる女の子も出始めた。私も気になりつつも、聞くのは怖かった。

 下位についているのが目に見えてるから。

(いくら指名されてもリピートがない、見た目で判断されるなら私のランクは低い)

 そう思っていた。

 そんな中でも、他店のフリーで食いつなぐ日々が続いた。ただ不景気のせいなのか、待機所全体にコールが鳴ることは少なく、お客さんが付かない日もまた出てきた。

(私何やってるんだろう。写メ日記も頑張ってるのに。やっぱり夜に入らないとダメなんだろうか)

 子供がいることと、通勤手段が公共交通しかないことを理由にお昼だけにしていたが、夜も入ることを考え始めた。

 お昼はお客さんが少ない、活発化するのは夜。
 そう聞いて、思い切って朝晩両方入ってみることにした。
 帰りはタクシーを使うと1日の収入が飛んでしまうので、最終バスに間に合うよう23時までの受付にしてもらった。

 子供たちには申し訳ない気持ちでいっぱいだったが、こうでもしないとお客さんや指名は取れない。そう思っていた。

 写メ日記やtwitterにも朝晩出勤することを書いてアピールした。

『今まで日中だけだったから、夜しか呼べない方は今日は大丈夫です』

 よく「夜に出ればいいのに」とスタッフに言われていたから、期待していた。

 いつもなら帰る時間の17時を過ぎる。ここからが勝負だと思った。
 18時過ぎに晩ご飯を食べ、コールに備える。

 しかし、全く電話が鳴らない。他のブースは鳴っているのに。
 それに思ったほどコールもない。本当に夜って稼げるのだろうか。

 スタッフに聞くと、夜中が本番らしい。
 夜中に出勤できる「人妻」ってどうなんだろう。
 夜専門の女の子、それって本当の人妻は働けるんだろうか。ご主人公認の場合は別として、わかる人にはわかるんじゃないだろうか。

 結局、夜のコールはなかった。
 私は夜中出勤はできない。
『やっぱり昼専門で頑張ろう』と思いながら、23時でお店を後にした。

最終話MAILER-DAEMON

近所のアノ子も登録してる♪国内最大級の出会いSNS PCMAX
PCMAX(体験談系)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top