EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

西川口のソープランド、『ニュールビー』に行ってきた

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
西川口のソープランド、『ニュールビー』に行ってきた

【出典:ニュールビー

読者投稿20代後半の男性

 外回りが早めに終わったため、今回は人生初の西川口へ行ってきた。

 全国屈指のソープ街と噂の西川口だが、川崎に比べるとその数は案外少ないように見えた。

 とは言え、俺はお金に余裕が無い。

基本プレイ 手コキ


 ネットで「西川口 ピンサロ」と検索したのがきっかけだった。
 埼玉版の風俗検索サイトが出てきて、そこに一件だけ載っていた店を見てみると…衝撃の15分2,500円。

(素晴らしい)

 さっそく安行から車で急行。

 目的地付近に到着。最終チェックのため、もう一度サービス内容を確認した。

 すると、オプションに「キス 1,000円」の文字が。

(ん?いや…フェラ抜きだろ?キスは別途すか?キス>フェラすか?)

 そんなバカなと、今一度基本サービスを確認。

「基本プレイ 手コキ」

(手コキてお前、手コキで15分てもうミッションインポッシブル

 そして行く場所を無くしてしまった俺。

 俯き気味の視界の端っこに、小さめの電光掲示板の光が見えた。

「40分13,000円」

 ソープだ。

 川崎の相場よりも2,000円安いが…大幅に予算オーバーしてしまう。

(どうする…どうする…。んー、ゴーゴーGOーー!!)

 と言うわけで、西川口のソープにチャレンジすることにした。

外すわけにはいかんのや


 行ってきた店は『ニュールビー』。

 一応周辺も軽く徘徊したが、まさしく相場だ。金額もヘルスと大して変わらない。

 店員とのやり取りなども川崎と同じだったが、1つだけ違う点があった。





 女の子のレベルたけぇぇぇぇええええ!!!





ボーイ「今すぐイケるのはこの子と、この子と、この子ですね。この子は綺麗めです。この子は可愛めな子で学s…」

俺「この子で」

 学生でEカップな女の子をチョイス、顔もまぁ申し分なし。

 料金13,000円を支払って待合室へ。

 待ち時間は10~15分と言っていたが、思いのほか早く約5分でご案内。

(なんだ、凄いじゃんか)

 エレベーターにボーイと乗り込み、若干気まずい空気のまま女の子の待つ5階へ。





 エレベーターの扉が開く…。





(ドキドキ…)





(頼む、外すわけにはいかんのや!頼むーーーーー!!!)





 エレベーターのドアが開ききった。





・・・










 そこにいたのは安めぐみ似の女の子!!素晴らしいーーー!!シャーーーーーオラーーーーーーー!!!

正常位の顔はイケてない


 久々のヒット!!

 風俗店で地雷を踏んでばかりの俺だったが…遂に…遂に報われる時が来たのだ…。

 名前はRちゃん、年齢は19歳。
 脱ぐとほんの少し太めではあるものの、おっぱいの大きさよし、形よし、陰毛の量よし、お尻よし!!
 10代ゆえに肌のハリも良く、オメコの具合も素晴らしい。

 俺の中ではパーフェクト!

 お尻がストライクなだけに、バックでガン突きしている時のアングルがヤバかった。

 しかもこの店、大衆店には珍しいスプリング入りのベッドを完備。

 非常にありがたかった。

 いつも行ってる店は「木箱にシーツ敷いてみました(・ω< ) テヘペロ☆」って感じだから、やりづらくてしょうがない。

 ただ一点、正常位の時の顔がちょっとイケてなかった(笑)

 AVでもそうだが、通常時は可愛くても、セックスになるとなぜか可愛さ4割減…って女の子が結構いる(逆もあるけど)。

 あと不思議なのは、ソープ嬢ってフェラテクがイマイチな子が多い気がする。

 まぁ、その段階でイカされても困るからいいんだが(笑)

『ニュールビー』は可愛い写真の嬢が多く、プレイルームと風呂はガラスで仕切られていて、寒くもなく過ごしやすい個室だった。

 総合的には優良店、また機会があったら来たいと思う。

 もしかして期待を裏切っちゃった?(笑)

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『ニュー・ルビー』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top