EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【私は人妻デリヘル嬢】第12話.おススメされたNG客

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
【私は人妻デリヘル嬢】第12話.おススメされたNG客

シリーズ物【私は人妻デリヘル嬢】

読者投稿40代後半の女性<  このお仕事を始めてからずっと気になっていた。
 お店のサイトの「本日のおススメ」に毎日載せて頂いている。ブスでデブな私が…である。
 理由がわからないまま、いつもスタッフに「おススメに載せてくださってありがとうございます」とお礼を言っていた。

 そのおススメを実感する出来事があった。
 他店のフリーで呼ばれたのだが、スタッフによると「いい子がいますよ」と私を推してくれたらしい。お相手は週1は利用する常連さんだ。
 移動中、緊張からお腹が痛くなった。幸い派遣は私だけ、後部座席で横にならせてもらった。
 これが思わぬ波乱の派遣になるとは思ってもみなかった。

 無事お客さんの元に着き、利用時間を聞くはずだった。
 お客さんから放たれた言葉に、私は凍りついた。

「なんであんたみたいなのが来たん」

 返す言葉がなかった。スタッフと話がついてると思ったのに。それに「あんたみたいなの」って何。
「ちょっとお兄さんと話すから、下降りてて」と言われ、仕方なく車に戻る。

「あれ?千秋さんチェンジですか?」とびっくりするクロちゃんに、「何がなんだかよくわかんないんだけど、お店と話すから下で待っててくれって言われたんです」と説明した。
 予想外の事態に、クロちゃんも怪訝そうな表情を見せた。

 何分経っても連絡がない。再びお腹が痛み出した。トイレに行きたい…でも現状では動けない。泣きそうになった。

 どれくらい経っただろう。やっとお店から「お客さんの元に戻ってください」と連絡があった。どんなやり取りがあったのかはわからなかった。

「せっかく来てもろうたんじゃけえ、仕方ないわ。今からチェンジしても時間かかるし」

 その言葉に複雑な気持ちになった。

(やっぱり細くて綺麗な子がいいよねぇ)

 ここに来るまで約20分。もう夕方近かったから、確かに再度呼ぶには躊躇われたのかもしれない。自宅利用だからホテル代はかからないけれど。

 すったもんだの挙げ句、2時間利用で話がつき、料金を頂く。
 一緒にバスルームに入ると、壁にセッティングされたディルドーを挿入させられた。
 バイブなど、おもちゃの利用はオプション料金となる。私は警戒し始めた。

 バスルームから上がりプレイへ。フェラをしようとすると、「それはいいから本番をさせろ」と言ってきた。

(話が違う!)

 断固として断った。常連さんなど関係ない。自分の身は自分でしか守れない。

 また言い争いになり、どうにか本番は回避してフェラでイカせた。こんなのってアリか…?残り1時間付き合わなければならないのが心から苦痛だ。
 本気で帰りたくなった。

 仕方がないので、いつものように全身マッサージをすることに。抜くモノさえ抜いてしまえば、性欲はしばらく収まるから、フェラをしてもくすぐったいだけだろう。
 全身マッサージなら時間もそこそこ稼げる。ひとこと断ってマッサージを始めた。

 全身マッサージに入った私は集中し始めた。凝っていそうな所を丹念にほぐしていった。
 時間の感覚はなかった。ただひたすら揉んでいた。

 いつしかお客さんは寝てしまっていた。マッサージが終わるとタオルケットをかけておき、時間までそっとしておいた。テレビがついてたので、それをぼんやりと眺めていた。

 やがて10分前コールが鳴り、私はお客さんを起こした。
「それじゃ帰りますね」と言う私に、「悪かったの、ようしてくれたの」と謝ってくれた。
 でも、掟破りをしたお客さんを許す気にはなれなかった。

 暗い道をクロちゃんと一緒に戻る。本番強要を愚痴ったら、他にも本番を強要された子がいたことがわかった。

(なんでこんなお客さんが常連なの…)

 お店に戻るとスタッフに「いいお客さんだったでしょ」と聞かれ、「とんでもない!」と不満をぶちまけた。

「それなら次からは接客NGにしておきますね」

 そう対処が決まった。
 既に勤務時間は終わっていた。どっと疲れを感じながら家路についた。

第13話
思い出のワンルームマンション

出会い系ド素人の俺氏が女の子を口説いた方法を晒すwww
PCMAX(俺氏)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top