EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【『非モテ男』脱出計画】身に付けるべき3つのギャップ

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【『非モテ男』脱出計画】身に付けるべき3つのギャップ

シリーズ物【『非モテ男』脱出計画】

ライターgumi

 女性に「好きなタイプの男性は?」と聞くと、よく「ギャップのある人」という答えが返ってくる。
 人は人に対して、第一印象だけで一時的な固定概念を植え付けるが、これを打ち砕く何らかのギャップを目の当たりにすると、多くの人はその反動で相手のことを魅力的に感じてしまうのだ。

 今回は、代表的な“モテるギャップ”を紹介していく。
 

1.時折見せるさりげない優しさ


 これは最もポピュラーな例かもしれない。
 普段はクールで物静かな男が、ふとした時に優しさを見せると、女性はそれがとても特別なものに感じられる。
 さりげなく買い物袋を持ってあげたり、2人で歩くときに道路側を歩いたりなど、場面は様々。
 「小さい優しさ」かもしれないが、女性にとってはこんな些細なことでも印象に残るのだ。

 注意点として、普段から「優男キャラ」の男性は、このような優しさを見せても、女性に何の印象も残せない可能性がある。
 したがって、優しさを伝えることが苦手な男性が使うべきだろう。
 

2.ロールキャベツ系男子


 恋愛に奥手な男性のことを「草食系男子」と呼び、一時期有名になったが、それに付随して「ロールキャベツ系男子」という言葉も誕生した。
 「ロールキャベツ系男子」とは、見た目は草食系男子のようにナヨナヨした印象だが、内面はオラオラ系で、女性をグイグイ引っ張っていくような肉食系男子のことである。

 私が思うに、現代の女性が求めているギャップはまさにこれだと感じる。
 実際に女性に聞いてみても、このギャップはかなりウケが良く、見た目とは裏腹な行動や言動でどんどんリードしてくれる男性は、女性にとって魅力的なようだ。
 

3.見た目はチャラいが実は一途


 あなたは女性に、外見や雰囲気などから「チャラそう」と言われた経験はないだろうか。
 これはマイナスイメージになると思われがちだが、その後のやり方次第ではプラスイメージに変えることもできる。
 例えば、会話の中で真面目な発言をしたり、恋愛に関して一途の姿勢を見せたりするだけで、女性に『見た目はチャラそうだけど意外と真面目なんだ!』と好印象を与えることができる。
 逆に一途そうな人が真面目な話をしても、相手からすれば何の印象も残らない。

 したがって、見た目だけで「チャラそう」と判断される人は、当たり前のことを言うだけで、まるで良いことを言ったかのように取られるので、かなりお得なのだ。
 このように、マイナスイメージもギャップを使ってどんどんプラスイメージに変えていこう。
 
最後に

 今回紹介したように、ギャップは女性にモテるための強力な武器となる。
 最後の『見た目はチャラいが実は一途』のように、マイナスイメージから入って一気に加点されると、「予想外」といった感じでプラス効果が大きくなることもある。
 様々な場面で「最初が肝心」という風潮があるが、恋愛においてはそうとは限らないのだ。
 あなたもモテるギャップを有効活用し、良い意味で“意外性のある男”になろう。

次の記事自己紹介文で女性の容姿を判断する方法

ガチンコ体験レポート
PCMAX(レポート風)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top