EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【私は人妻デリヘル嬢】第5話.40代女の需要

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
【私は人妻デリヘル嬢】第5話.40代女の需要

シリーズ物【私は人妻デリヘル嬢】

読者投稿40代後半の女性

 昨夜飲み屋さんで働いて少々寝不足気味な私。
 昨日と同じように、写メ日記を更新した後は少し電車内でうとうとした。
 どうせ待機所でも同じことなんだろうけど。

 お店の中にある待機所のブースに入り、仕事用のバッグを受け取り、ブランケットを1枚確保して携帯を取り出す。

 今日から写メ日記の内容を少し変更した。
 電車内の更新は「今出勤中です」と書き、10:00に着いてからは「10:30~17:00まで勤務です」と告知することにした。時間差攻撃だ。
 少しでも目に留めてもらいたいがための行動だった。

 そしてもうひとつ。
 他の女の子の写メ日記を見て、私もチラリズムの写メを載せることにした。
 と言ってもかなり直接的なもので、ブラ1枚の姿を撮った。
 夏だからできたことだと思う。ささっと服を脱いで撮影し、確認して納得できるまで撮ってささっと着る。ブースの入り口にはカーテンが無いから自己責任。
 我ながらよくやったなぁと思う。でもそれくらい、私は切羽詰まっていた。

 今日もまたのんびり過ごしながら、電話を待つ。のんびりと言っても、精神は張り詰めている。
 いつ鳴るかわからないコール。他のブースで鳴るたびに心臓が止まった。

 幸いお昼前に電話があり、車に乗り込む。今日もクロちゃんだ。
 朝出勤するとクロちゃんが事務所にいることがあるので、日中専門なんだろう。

「千秋さんザ・デリソータイプ指名1時間、SAKURA406!」

「タイプ指名って何ですか?」

 要するに、「個人的に指名はしないけど、こんな子がいい」という個人指名とはまた意味合いの違う指名だった。

 クロちゃんがあの時、「誰だってチェンジ経験ありますよ」と言った真意がわかった。

「30代の人がいいんですって。呼んだら若い子が来たから、(店に)『30代にしてくれ』って言ってあるみたいですよ。ずっと30代指名してる人らしい」

 とりあえず年齢はクリア…後は見た目で追い返されないかどうか。
 不安を抱えながらSAKURAに着いた。

 406号室の前に立つ。緊張する瞬間…なかなかノックができない。
 でもお客さんが待ってる。覚悟を決めてノックした。

「お待たせしました、ザ・デリソーですぅ」

(笑顔で笑顔で)

「どうぞ」

(やった!)

 時間を確認して事務所に連絡。前金を頂いてうがいと歯磨きを済ませる。
「これはちゃんとしなきゃね」とすんなりうがいに応じてくださるお客さん。
 慣れてるのかな?慣れてなくてもありがたい。

 浴室に入り、シャワーへ。
 お客さんに抱きつきながら一通り洗うと、ソープが付いたままの男性器をそっと胸で挟んだ。

「パイズリできるんだ~凄いね」

 胸が大きくて良かった。攻めるテクは多い方がいい。
 しばらくパイズリを続けて、ボディーソープを流す。全体的に流れたところで、そっと男性器を口に含んだ。

「あっ…いいですね…」

 不意打ちフェラ。ねっとりまとわりつくように舐めあげる。
 プレイはベッドの上だけで行うものじゃない。
 如何にして楽しませるか、私はいろいろ考えていた。

 ビクビクと口の中で反応する男性器。今は夏だから、少々浴室で裸になっても寒くない。
 しばらく男性器を吸い舐めると、改めてシャワーを流して身体を拭いて差し上げ、ベッドに向かう。

 「いやぁ30代は落ちつくねぇ~」

(ごめんなさい、ほんとは40代です…)

 そんなこと言えるはずもなく、「30代がいいんですか?」と何気なく聞いてみた。

「若い子は話が合わなくてね、落ち着きがないし。30代なら話も合うし落ち着きがあるから、いつも30代の人頼んでるよ」

「そうだったんですか…」

 30代に需要があるのが嬉しかった。

(まだまだ必要としてくれる人がいるんだ)

 俄然私は張り切った。

 いやらしくまとわりつくようなフェラを繰り広げた。経験のある女の強さを見せたかった。
 先っぽだけを執拗に攻めたり、咥えたまま裏筋を舌先でなぞったり、タマを口に含んだり、できる限りのテクを尽くした。

 今回もお客さんは手を使わずに感じてくれた。
 口だけで果ててくれることは、この上なく嬉しかった。

 プレイ後は時間まで世間話をした。世間話というよりは、迷惑メールの話。受信拒否をしてもひっきりなしに送られてくるのだという。
 確かに話している間にも、1分置きに携帯のディスプレイが光っていた。

 「男の人って大変ですね…」

 思わずつぶやいた。本心からだった。
 当時の私は迷惑メールとは無縁だったから、その煩わしさや大変さを推し量りながら、そうとしか言えなかった。

 時間が来た。
 シャワーを済ませ、「迷惑メール止まるといいですね」とお別れした。
 もちろん「また呼んでくださいね」とお願いして。

(いい人に当たったな)

 それが嬉しかった。

 待機所に戻り、「今からお昼食べます」とスタッフのお兄さんに断って、セブンで買った焼きラーメンをレンチンする。
 事務所近くにあるレンジの前で待機していると、いかにも厳ついB系なお兄さんに遭遇した。
 初めて見る人だ。おずおずと「お疲れ様です」と挨拶をした。
 しばらくして、温まった焼きラーメンを持ちブースに戻る。
 お茶もセブンで購入した。

(節約しなきゃ)

 水筒とお弁当箱の購入を考えた。

 お昼を食べて写メ日記をチェックする。『コメントが1件入っています』とメールが来ていた。
 開けてみると「ギニュー戦隊」と名乗る人からだった。『白い下着姿に惹かれた、また見せてください』とのことだった。

 つかみはOK。
 とりあえずは興味を持ってもらいたい。
 お返事コーナーに「メッセージありがとうございます。また下着写メ載せるので、楽しみにしてくださいね」とupし、次はどんな人からメールが来るのかを心待ちにした。

 お仕事コールを待ったが残念ながら鳴らず、今日も1本だけの接客になった。
『何もないよりはいい』と自分を納得させた。

第6話本番強要とその裏側

【無修正】出会い系で素人娘と待ち合わせをしてホテルで即ハメ中出ししたら絶頂 - 3 min
PCMAX(出会い系素人娘動画)

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top